メキシコの中のアドベンチャー・クルーズ

メキシコは、文化、自然の美しさ、ユニークな野生生物が豊富な国です。イルカやクジラを見ることのできる素晴らしい場所でもあります。

コルテス海へ訪れるメキシコのクルーズでは、険しい赤い崖、ターコイズブルーの海、「世界の水族館」と呼ばれるジャック・クスト(Jacques Cousteau)を訪れます。カリフォルニア湾としても知られるコルテス海は、バハカリフォルニア半島をメキシコの他の地域と分けるようにしており、圧倒的な数の魚や、数多くの種類のクジラ、エイ、イルカなどの海洋哺乳類が棲息しています。

アドベンチャークルーズの楽園であるこの地域では、アロヨスをハイキングしたり、人里離れた入り江をカヤックしたり、アザラシやジンベイザメと泳いだりなど、陸と海、両方を探検することができます。コルテス海のクルーズでは、ラパス(La Paz)のゆったりとした文化、ロレート国立公園(Loreto National Park)の生物多様性、バイアアグアヴェルデ(Bahia Agua Verde)のアロヨスなどを楽しむことができます。


メキシコのクルーズと訪問するおすすめのエリア

バハカルフォルニア(Baja California) は、文化、自然美、ユニークな野生生物が豊富な地域です。バハ・カリフォルニア・スル州の首都であり、多くのバハ・クルーズの出発点であるラ・パスは、古き良き時代の魅力と現代の魅力が融合したコスモポリタンな都市です。ラ・パスとロレト(Loreto)の間の水域には、何種かのクジラ、イルカ、カジキ、エイなど、海洋生物が生息しています。バイア・デ・ラ・パスでは、11月から1月中旬にかけて、世界で最大の魚種であるジンベイザメなどの巨大な種と泳ぐことができます。ロレート(Loreto)の街には、山の背景に植民地時代の建物があります。

コルテス海(Sea of Cortez)は、カリフォルニア湾とも呼ばれ、その生物多様性のために「世界の水族館」と呼ばれてきました。絶好のダイビングスポットとなっており、メキシコの小型船クルーズでは、無人島から険しい海岸線、活気に満ちた多様な野生動物まで、この地域の宝物の多くを探検します。 900種以上の魚類と32種の海洋哺乳類のホームとなっています。。

ロレート国立公園(Bay of Loreto National Park) は、メキシコ湾の約2065平方kmをカバーしており、1996年に開園しました。このユネスコの世界遺産に登録された場所を巡るメキシコのボートクルーズでは、800種以上の海洋生物を見ることができます。シロナガスクジラ、マッコウクジラ、ナガスクジラ、ザトウクジラ、ゴンドウクジラなど、世界の鯨類の3分の1以上が公園内に住んでいます。

バイア・アグア・ベルデ(Bahia Agua Verde)、または "グリーンウォーターベイ"では、小さな舟に乗り、その澄んだ海と岩礁の海岸上を航海しながら、後ろにある赤い崖向かって立つ白いピナクルのロッカ・ソリタリア(Roca Solitaria)へ向かいます。海岸に乗り込み地元の農場を訪ね、岩場の上に乗って、岩山の頂点や岩の広い隙間へ訪れましょう。

マグダレナ湾(Bahia Magdalena) は、バハの西海岸に位置し、1月中旬から3月上旬にかけて、繁殖のために訪れるヒゲクジラを特に見ることができる世界初のスポットです。 マグダレナ湾のクルーズでは、イルカや様々な海鳥を見ることができます。

エスピリトゥ・サント島(Isla Espiritu Santo) 、または聖霊の島は、紺碧の海と白い砂の上に聳え立つ崖を特徴としています。カリフォルニア湾にあるこのユネスコの世界遺産には、多彩なアロヨと険しい山々があり、岩が多い海岸線は人里離れた湾で覆われています。ここでは、島の内部をハイキングし、澄み切った水でカヤックまたはスイミングができます。この島はまた、世界の種の約40%を占める豊富な魚の集団が住んでいる、最大のシュノーケリングサイトです。

ロス・イソロテス(Los Islotes)は、野生動物の出会いと水中のアクティビティを組み合わせたメキシコのアドベンチャークルーズのハイライトです。ロス・イソロテスは、イスラ・エスピルト・サントの海岸から離れた小さな島でアシカの住処があり、コルテス海のクルーズではこれらの遊び心のある生物たちと泳ぐことができます。

メキシコでのクルーズに最適な時間

11月下旬〜2月はメキシコは冬になります。バハカリフォルニアの冬は、強い風が吹くことから、コルテス海の水の状態はあまり快適とは言えません。これらの風は3月中旬まで続きます。このシーズンも雨は降りますが、地域のほとんどの雨は北部に降り、コルテス海では時に大しけがあります。

1月中旬から3月上旬のメキシコは、コククジラを見るのに最適な時期です。

11月中旬から1月中旬、また3月のメキシコは、ジンベイザメを見るのに最適な時期です。

メキシコへの行き方

サン・ホセ・デル・カボのロス・カボス国際空港へは、主要な航空会社が就航していますが、出発地によっては接続が必要な場合もあります。

メキシコのクルーズの出発地点

通常、コルテス海の小型船クルーズは、メキシコのラ・パス(La Paz)から出発します。サン・ホセ・デル・カボ(San José del Cabo)のロス・カボス国際空港に行き、続いてラ・パスの港町へ行くのが通常です。

メキシコへのクルーズのヒント

特に夏の人口が多い時期、旅程が限られている冬には、日程を確保するために余裕をもった計画をおすすめします。

メキシコの気候には日焼け止めやサングラスに欠かせないものですが、風が強い日に備えて、ハイキングシューズ、カメラ、防水着もパックすることをお勧めします。

シュノーケリング・ギアは機内で提供されることがよくありますが、フィット感と使用を確保したい場合は、ご地震で持って来ることをお勧めします。

<pATMと両替所は一般的ですが、クレジットカードはほとんどのミディアムからハイクラスの施設で受け付けています。

メキシコではチップは一般的で、ウェイターには通常10%から15%のチップ、ポーターには通常50ペソの紙幣が与えられるのが一般的です。タクシードライバーは一般的にはチップは必要ありません。

次回のメキシコへの小型クルーズのアドベンチャーを予約しましょう。私たちの予約チームにご連絡ください。


メキシコ レビュー

  • 8.4 とても良い
  • 1 実際の旅行者による 件のレビュー