セーシェルの中のリブアボード・ダイビング

セイシェルでのライブアボードスキューバダイビングは、あなたを世界で最もユニークなダイビングへ誘います。

セイシェルのライブアボードは、近代的なヨットや伝統的なスクーナーの快適さから、ダイバーの方にもダイバー以外の方にも快適なセーリング旅行をお楽しみいただけます。セイシェルは花崗岩の島としても知られていますが、花崗岩を基調としたサンゴだけではなく一般的な炭酸塩の熱帯サンゴも見ることができ、

どちらも様々な海洋生物と共栄しています。セイシェルのライブボードはスキューバダイビングに最適であり、快適なライブボードライブアボードに乗りながら素晴らしいダイビングエリアを探検することができます。


インナー諸島は高原の一部であり、平均的な深さは8〜30メートル、ダイビングには簡単なコンディションです。一般的な魚介類は、エンゼルフィッシュ、バタフライ、タコ、ライオンフィッシュ、ナンディブラント、カメムシ、バットフィッシュ、サメ、ウツボなどです。遠隔にあるアウター諸島には急な断崖や、広大なサンゴ礁、岩壁、尖塔、難破船、渓谷があり、これらが海洋環境の多様性を生み出しています。また、ナポレオンフィッシュ、イシダイの群れ、アカエイ、リーフシャーク、アオウミガメやタイマイガメが海中を歩き回ります。セイルフィッシュ、シルバーチップシャーク、ホワイトチップシャーク、マンタ、ジンベイザメや、海中をじっくりと観察しましょう。シュモクザメを見ることができたらラッキーです。

セイシェルでのライブボードライブアボードダイビング旅行

セイシェルへのほとんどのライブボードライブアボードの旅程の長さは7泊8日で、一部のボートでは最大18名様まで収容可能です。オンボードで利用可能な陸上アクティビティでは、自然保護区の訪問や、国立公園のトレッキング、一般観光ツアーをしながら、セイシェルとその美しい島々を訪れることができます。ダイバー以外のお客様には、シュノーケリング、カヤック、スタンドアップパドルなどの水上アクティビティを、いくつかの旅程でご用意しております。

ライブアボードの旅行にはマヘ島、プララン島、ラディーグ島、キュリューズ島、リトルシスター島、グランドシスター島の各島のダイビングサイトへの訪問が含まれています。これらの島々では世界レベルのダイビングをお楽しみいただけます。

ダイビングサイトとセイシェルのエリア

マヘ島 魅力的で多様なダイビングを提供します。難破船と同じく、マヘ島には10月/ 11月の間にジンベイザメを見ることができます。ノース・マヘ島(NorthMahé)の人気のあるボー・ヴァロン(Beau Vallon)のビーチの景観は一見の価値があります。ダイビングサイトから灯台へ行くこともできます。

マヘの北東には、ラディーグ島があります。セイシェル島で4番目に大きな居住島であり、非常にリラックスしたライフスタイルを楽しめます。そこにいる間に、最もフォトジェニックなビーチのひとつであるAnse Source d'Argentを散策してください。美しい砂浜とピンクの花崗岩の岩を見ることができます。

ラディーグ島の北西には、”シスターアイランド”と呼ばれる二つの島があります。グランスール(ビッグシスター)プチスール(リトルシスター)といい、シスター島でのダイビングはいつでも可能です。 プララン島に到着する前のキュリューズ島でののどかな短期滞在で、巨大な陸上亀に会えるかもしれません。

プララン島プラスリン島へのセーリング。マヘ島の北東45kmに位置する有名なユネスコの世界遺産ヴァレ・ド・メ国立公園(Vallée de Mai)には、ココ・ドゥ・メール(Coco de Mer)と呼ばれる世界最大のココナッツがあります。世界で最も美しいビーチの一つとして知られているアンス・ラツィオは、旅慣れた旅行者の方でさえも驚くでしょう。半マイル800メートルほどの完璧な白い砂浜と豪華なターコイズブルーが広がり、ボートに戻ってくるのを難しく感じるかもしれません!

おすすめの時期

セイシェルでは一年中スキューバダイビングが可能ですが、ダイビングに最適な月は3月から5月、9月から11月までです。海が最も穏やかでダイブボートでより遠方へ行くことができます。これらの間、水温は最高29℃で、視界は良好です(最大30メートルまで見ることができます)。 7月から8月までは南東モンスーンによる強い風と、それによって海面状態が悪化します。水温は約25℃に下がり、冷えた水は栄養豊富なプランクトンを探しているクジラのサメジンベイザメを引き付けます。年間平均気温は24〜32℃です。電流潮流は目的地によって異なりますが8〜30mの範囲です。

ご旅行のヒント

いくつかのライブアボードでは、1回の移動につき一定回数のダイビングを行いますが追加のダイビングや夜間ダイビングは追加料金が発生いたします。シュノーケリングのためのをされるダイバー以外の方々は、カヤックとスタンドアップパドルボード(SUP)を選択して頂くことで利用できます。機内ではナイトロックスをすぐに入手することはできませんので、ダイビングオペレーターに確認してください。ダイバーはダイビング保険へ加入する必要があります。電気電圧は220-240ボルトで作動し、英国標準の正方形の3ピン、13アンペアのシャープな電気プラグが装備されています。

セイシェルへの行き方&空港情報

セイシェルへの国際線は、通常セイシェル国際空港-ビクトリア/マヘ島に着陸し、世界中で定期便が運行しています。セイシェルへのフライトは、エアセイシェル、エミレーツ航空、エティハド航空、エア・ベルリン、ケニア航空など、複数の航空会社で利用可能です。エア・セイシェルはマヘ島-プララン島間の国内線を頻繁に運航しています。英国又はドイツからは、少なくとも13時間の飛行時間が見込まれます。米国からの飛行時間は、西海岸か東海岸かによって異なりますが、18〜30時間かかる場合があります。アジアではシンガポールより最低10時間の飛行時間となっております。なお、ほとんどのライブボードライブアボードでは、ボートへの往復の追加料金が発生することにご注意ください。

セイシェルはビザ無しの国であるため、ビザをご用意していただく必要はございません。ただしご出発前に、大使館へ確認していただくことをお勧めします。有効期限内のパスポート、返品証明往復航空券、十分な資金が必要とされます。また、セイシェルに到着してから、1ヶ月間の訪問許可証が発行されます。

旅行の手配前に、LiveAboard.comの旅程をチェックし、出発地を確認してください。セイシェルのライブアボードは、マヘ島(Mahé)、アンセ・ポゼッション-プララン(Anse Possession-Praslin)、インナーアイランド・クェイポート・ヴィクトリア(Inter-Island Quay-Port Victoria)など様々な港から出発します。

注意事項

ライブアボードの予算は1人/ 1泊あたり130ユーロから260ユーロです。土地往復島での観光をする際はの追加費用が適用される場合があります。保護国立公園内では公園保全費がさらにかかることがあります。

最小約50回のOWD(Open Water Dive)の記録を保持していること、またはそれに相当する経験を保持してされていることを推奨します、セイシェルライブアボードのダイブチェックは、大体の場合、最初の日に開催されます。

セイシェル唯一の再圧縮コンプレッサーチャンバーはシルエット島にあり医師が駐在しています。シルエット島へは、ビクトリア/マヘ島国際空港から船で45分、または15分のヘリコプター乗り換えで行くことができます。

セイシェルへのご旅行には予防接種は強制ではありませんが、A型&B型肝炎、インフルエンザ、麻疹への標準的な予防をおすすめします。セイシェルにはマラリアのリスクはございません。なお、過去6日間に感染地域を訪れた方には、黄熱病ワクチンの接種証明書が必要となります。


セーシェル ダイビングレビュー

  • 8.4 とても良い
  • 8 実際の旅行者による 件のレビュー