ラジャ・アンパットの中のアドベンチャー・クルーズ

ラジャアンパットのクルーズでは、東南アジア全土で最も美しい列島の一つを探索します。西パプアのドベライ半島(Bird's Head Peninsula)から離れて、4つのキングスとして知られているMisool、Batanta、Waigeo、Salawatiの主要島からなるラジャアンパットには、1000以上の小さな島々があり、緑の茂ったジャングルで覆われ、高くそびえる崖に囲まれ、まばゆいビーチがあります。水面の上下に見所があり、この地域では両方の探検が欠かせません。島の内部には、洞窟の絵画や水没した墓地などがある神秘的な洞窟や古代文明の遺跡があり、一方水面の下ではサメやオニイトマキエイ、バラクーダとの出会いが待ち受けています。

ラジャアンパットでやるべきこと

ラジャアンパットのセーリングツアーでは、Misoolの洞窟の絵画やカルストの島々からWaigeoの極楽鳥観察、Batantaの滝へのハイキングなど、この地域を特別なものにするすべてを体験することができます。また、言うまでもなく、素晴らしいシュノーケリングとダイビングもすることができます。

ミソール島(Misool archipelago)は、ミソールの本島と数十のカルストの小島からなります。これらの小さな島の基盤は、時間をかけて水に侵食され、キノコの形をした巨大な石がターコイズブルーの海から頭を出しています。 Tomolol湾では、ラジャアンパットのクルーズの訪問者は、魅力的な大聖堂のような洞窟で忘れられない経験をすることができます。インディアナ・ジョーンズをプレイするために、先史時代の洞窟の絵画や海底墓地を探して島の中を漂いましょう。

バタンタ島(Batanta) への小型船クルーズは、訪問者を緑豊かなジャングルの中へ連れて行きます。アレフィの沿岸の村の地元のガイドは、マングローブの森林を通って、一連の壮大な滝へと導きます。ジャングルの深いところをハイキングすればするほど、さらに大きな滝を見ることができますが、マングローブの木々と島の鳥の声に囲まれた自然のプールでスイミングしたりリラックスすることができます。

ワイゲオ島(Waigeo)は、群島の最大の島であり、大規模なフィヨルドのようなマヤリビト湾によってほぼ二分されています。ここでは、Lopinolの村のガイドに案内されて、島の素晴らしい洞窟を探索することができます。ビジターの方は、島の地元の生活の詳細を見るだけでなく、地域保全とコミュニティ構築を学ぶことができるSapokenの村を訪れます。Sapokenの村は、ベニフウチョウ(Red Bird of Paradise)アカミノフウチョウアカミノフウチョウ(Wilson’s Bird of Paradise)を見るのにも最適なスポットです。

ワヤグ島はラジャアンパットの高級クルーズで少し冒険を求める勇敢な訪問者のための場所です。これらのカルスト島は時間の経過とともに、異世界のような岩の崖や、ギザギザの山、人里離れた入り江に変貌を遂げました。白い砂浜は澄み切った海水に覆われており、石の尖塔へ登って周囲のパノラマの景色を楽しめます。

シュノーケリングとカヤックは、ラジャアンパットの島々で人気のあるアクティビティです。この地域は生物多様性が豊かなスポットとして知られており、海の下に野生生物を多く見つけることができます。ここのサンゴ礁には、サメ、グルーパ、 オニイトマキエイから、タツノオトシゴ、バラクーダ、メガネモチノウオに至るまで、様々な海洋生物が住んでいます。ここの海水はとても澄んでいて、カヤック、クルーズ船、水上小屋の快適さから乾燥したまま滞在することを好む訪問者でさえ、サメやエイを見ることができます。

ラジャアンパットにある村を訪問は、島々に住む様々な部族の生活の洞察する機会を与えられます。各部族には独自の文化的伝統があり、しばしば歌と踊りで表現されます。例えば、西のウェイゲオ島(West Waigeo)の人々は、伝統的な竹笛であるsuling tamburを使用して儀式の歌を演奏します。さらに村人のユニークなパプア漁法を見ることができ、地元の手工芸品や食品を購入するチャンスがあります。

ラジャアンパットを訪れるためのヒント

防水の懐中電灯はミソール島の洞窟を探索するのに便利です。

水中カメラを持っている場合、準備をしましょう。

バタンタ島へのトリップにはトレッキングが多く含まれるので、良いウォーキングシューズを着用してください。

この地域には微気候があります。つまり、1つの島に太陽が輝いていても、近くの島では雨が降る可能性があります。時期に関係なく、雨天時に備えるようにしてください。

海は6月と7月にはより荒れている可能性があるので、船酔いしやすい方は薬を服用したり、この時期の訪問を避けた方が良いでしょう。

ラジャアンパットのクルーズに最適な時期

この地域の天気と水の状態は一般的に良好であるため、一年を通してラジャアンパットの島々を訪れることができます。しかし、常に東南アジアの雨季や乾燥季に加えて、ラジャアンパットは風の強いシーズンもあるため、前もった計画が重要です。

10月から4月のラジャアンパットは乾季ですが、12月と1月には時々大雨となります。通常これらの雨は短く、局地的なものになります。

ラジャアンパットの5月から10月は雨季となりますが、雨は通常数時間以上続くことはなく、東南アジアの他の地域よりひどくはありません。

ラジャアンパットの6月と7月は、水が荒れる可能性がある風の強いシーズンとして知られています。これはシュノーケリングの条件には影響しないはずですが、小型ボートクルーズは特に船酔いを起こしやすい旅行者にとっては、あまり快適ではないかもしれません。

ラジャアンパットには一年に渡って見所があるため、年中いつでも野生生物を見たりシュノーケリングを楽しむことができます。

ラジャアンパットのクルーズの出発場所

ラジャアンパットへのインドネシアの高級クルーズは、典型的にはウェストパプア(West Papua)のソロン(Sorong)から出発します。国外からのビジターは、通常ジャカルタまたはバリ島(インドネシアの2つの主要な国際空港がある場所)に飛行し、スラウェシ島(Sulawesi Island)のマカッサル(Makassar)またはマナド(Manado)にて国内線に乗り換え、ソロン島へ向かいます。ソロンからラジャアンパットへの出発日の前日には、マカッサルまたはマナドに到着することをお勧めします。

インドネシアへのほとんどの国際線は、ジャカルタのスカルノハッタ国際空港、またはデンパサール国際空港とも呼ばれるバリのングラライ国際空港に飛行します。これらの空港はどちらもインドネシアと東南アジアのハブ空港として機能しています。

次のアドベンチャー・クルーズはラジャアンパットへ予約しましょう。予約チームにご連絡ください。