ミクロネシアの中のリブアボード・ダイビング

ミクロネシア連邦の遠隔地でのダイブクルーズは手つかずの海の美しい世界とスリルあるダイビングを存分に味わいましょう。

ミクロネシアのダイブクルーズでは、この小さな島々の素晴らしい海中世界を楽しむことができます。ありとあらゆる海中生物、艶やかなサンゴ礁、ドロップオフ、世界大戦の難破船などの見どころがあり、世界屈指のダイビングエリアとなっています。ミクロネシア島の有名ダイビングスポットはChuuk/Truk潟とPalauとなっています。

生き生きとした礁や、謎に包まれる難破船、多様な海洋生物があるこのミクロネシアは、ダイブクルーズでツアーをするのが一番最適な方法です。この快適で豪華なダイブクルーズの旅はすべての見どころを回ることができ、ゆったりと余裕を持ってダイビングを日々するのにとても便利です。


ミクロネシアでのダイビングツアーの概要

Palauの周りを行くミクロネシアのダイブクルーズはマンタとのダイビングや、大量のくらげを見ることができます。Chandelier洞窟を探検したり、ドリフトダイビングをして沢山の生き物を観察しましょう。難破船に興味があるのであれば、Chuuk/Truk潟に行く旅程があるダイブクルーズに参加するのが良いでしょう。世界第二次大戦の名残を見ることができます。

ダイブボートは朝か午後の早くに港から出航します。最初のダイビングはチェックダイブとなり、ダイバーたちの経験レベルをチェックします。このチェックダイブは穏やかで美しいミクロネシアのダイビングスポットで実施します。

旅程のプランはあらかじめ用意されていますが、ダイバーのダイビングレベルや天候によって計画が変更されることもあります。最終的な判断はキャプテンが行うでしょう。

ミクロネシアのダイビングスポットと訪れるエリア

ミクロネシアには2つのメインダイビングエリアがあります。Rock島があるPalauと、難破船がたくさん沈むChuuk/Truk潟です。これらのエリアには多様なダイビングスポットがあります。

PALAU は大勢のダイバーたちの一度は訪れてみたい場所となっています。ダイビングスポットとしては、Maru難破船、Peleiu、German運河、そして有名なBlue Cornerがあります。

BLUE CORNERはRock島の南西に位置するドリフトダイビングで有名なスポットで、流れが急になっています。この急流により、礁が行き行きと生息することでき、魚たちの楽園となっています。このダイビングスポットは世界No.1として投票されたこともあります。

GERMAN運河 は亜リン酸を潟から海へ輸送するためにドイツ人によって作られました。この運河の南西側がダイビングスポットとなっていて、マンタを見ることができる世界でも評判の高いスポットとなっています。

IRO MARU難破船はPalauエリアの中でも最も有名な難破船の一つです。1944年に沈められたこの日本の船は今ではサンゴ礁のジャングルとなり、様々な種類の魚たちの生息地となっています。エビもたくさん見られるでしょう。

CHANDELIER洞窟は鍾乳石や石筍でできていて、シャンデリアのように輝いていることで有名です。まるでファンタジーの世界のように美しい光景にあなたは目を奪われることでしょう。

TRUKラグーン(潟)またはChuukラグーン(潟)と呼ばれるエリアは60以上の日本の艦隊船、200以上の飛行機が沈んだ場所として有名です。もし難破船のダイビングに興味がある方はぜひ訪れましょう。

ベストシーズン

観光のハイシーズンは12月から3月で穏やかな海とドライな天候となります。ハイシーズンほどではないですが、お勧めのシーズンとしては1月、7月、8月、10月そして11月となります。ハイシーズンよりは風は強く、雨が多くなります。そして5月、6月、9月は天候が変わりやすく観光客が一番少ない時期となっています。値段が一番お手頃な時期でしょう。ほとんどのダイビングスポットでは参加必要条件があります。難破船ダイバーや洞窟ダイバーの資格など、クルージングツアーに参加する前に確認しましょう。

旅行をするにあたって

ミクロネシアはアメリカ合衆国と繋がっていることから、英語が広く話されています。ただ、11語もの現地言語があります。通貨はアメリカドルが使用されています。

ほとんどのダイブクルーズはレンタル装備が借りられますが、自分の装備を持ってくることで快適にダイビングをし、レンタル代金も抑えることができるでしょう。クルーとキャプテンがあなたのダイビング経験を知る必要があるので、ログブックを忘れずに持っていきましょう。

充電器は120VでプラグタイプはA/Bでフラットの2つの差し込み口があります。もし必要であれば、コンバーターを用意しましょう。

出発港へのたどり着き方

ダイブボートが出発する場所は2箇所あります。KororにあるMalakal港かWeno港となります。どちらも国際空港があります。

注意事項

空港に到着した歳に、30日間ビザを取得することができます。パスポートの有効期限が120日以上あることを確認しましょう。

マリンパーク料や港税などが追加で発生する場合があります。ご注意ください。

ダイブクルーズによって旅程や訪ねる場所が異なり、要求されるダイビングレベルも違います。ログ数は関係なくオープンウォーター認定書は必ず必要で、ログ数50回以上のアドバンスオープンウォーターが必要な場合もあります。


ミクロネシア ダイビングレビュー

  • 9.3 特上の
  • 55 実際の旅行者による 件のレビュー