ポリネシアの中のリブアボード・ダイビング

南太平洋の美しい環礁と澄んだ水は、ダイバーを素晴らしいほど多様な海中の喜びへ誘惑します。

ポリネシアのダイビングクルーズは、南太平洋の遠く離れたパラダイスと環礁の格別な体験を提供します。フランス領ポリネシアは、人類が知る地球上最後の場所の一つであり、118の島の半分にしか人が住んでいません。緑豊かな火山列島の残りの部分は自然に覆われており、海中では圧巻の景観を見ることができます。

フランス領ポリネシアのライブアボードはで、大きなサメ(ブラックチップシャーク、シルバーティップシャーク、オグロメジロザメ、クロトガリザメ、イタチザメ、ハンマーヘッドシャークなど)や、オニイトマキエイ、イルカなどを見ることができます。他のハイライトとしては、巨大なメガネモチノウオ(Napoleon Wrasse)や、巨大な集合で産卵するマダラハタ(Marbled Groupers)なども見ることができます。


タヒチの北東の遠方の海域にあるトゥアモトゥ諸島(Tuamotu archipelago)とより人口が多いソシエテ諸島(Society Islands)は、ポリネシアの豪華なダイビングクルーズの主要なスポットです。トゥアモトゥの最大の環礁であるランギロア島(Rangiroa)やファカラバ島(Fakarava)は、伝説的なスキューバダイビングの目的地であり、澄んだ水と豊かな海洋生物の名声に満ちています。

ポリネシアでのダイブクルーズ

トゥアモトゥ諸島に旅程が集中している場合は、ランギロア島とファカラバ島の間を移動するか、ファカラバ島のユネスコ生物圏保護区を集中的に探検し、合計7-10泊の旅程となります。ポリネシアでのスキューバダイビングは、高級ダイビングヨットができるもう一つの場所である、マルキーズ島群でもよく含まれます。ポリネシアのライブアボードはどの旅程でも、地元の島々の完璧なビーチでリラックスしたり、散歩を楽しむことができます。また、宿泊施設はマルチデッキモーターヨットで提供されます。

ポリネシアのダイビングスポットとエリア

トゥアモトゥ諸島(Tuamotu Islands)の中では ランギロア島(Rangiroa) は、最もよく知られている環礁かもしれません。実際には世界最大の環礁で、面積は170平方キロメートル、2500人が住み、有名な真珠養殖場や地元のワイナリーがあります。海中では、ティプタ・パス(Tiputa Pass)はランロギア(Rangiroa)に名声を与えます。環礁への2つの通路の1つとしてティプタでは強い潮の流れが押し出していますが、そこでダイバーは、巨大なオグロメジロザメ(grey reef sharks)、イタチザメ(tiger shark)やハンマーヘッドシャーク(hammerhead shark)、マンタ、メガネモチノウオ(Napoleon Wrasse)や、リーフフィッシュを見ることができます。海洋生物と一緒遊ぶバンドウイルカが姿を現し、見ることができます。

ファラカバ環礁(Fakarava atoll)は気絶するほど美しく、いくつかのダイブクルーズの旅程はここ近郊に長く滞在します。ガラウエ・パス(Garaue Pass)は、最北端のチャネルで、トゥアモトゥ諸島全体の中ではサメを見るのに最適な場所です。いくつかのライブアボードでは、このオグロメジロザメ(grey reef sharks)の群れを’シャーク・ウォール’と呼んでいます。イタチザメ(tiger shark)からオニイトマキエイ(manta rays)に至るまで、あなたのリストにある’大きな海洋生物’が見られます。また実際、ファラカバ(Fakarava)内には数多くのオニイトマキエイのクリーン・ステーションがあり、健康なハードコーラルのシャロウ・リーフ・ダイブも楽しめます。 1600mの幅でガラウエはとても強い流れを受けるため、潮が穏やかになる時はダイブするのに唯一の安全な時間です。あなたが今までに経験したことないような海洋生物との出会いがあるでしょう。

アパタキ環礁(Apataki)、ティケハウ(Tikehau)カウエヒ(Kauehi)では、一流品質のダイビングを提供します。より多くサメやタイの大群、メガネモチノウオ(Napoleon Wrasse)を見ることができます。ここの地形のほとんどは、ポリネシアのダイビングスポットの通常のウォールや水路の形をしてしていますが、ティケハウのシャークホール(The Shark Hole)は、垂直の亀裂がありアネモネで飾られたアーチをしています。ティケハウにはまた古くからの真珠養殖場があり、そこではマンタを定期的かつ豊富に見ることができます。巨大なハードコーラルと海綿がある最高のウォールの1つは、カウエヒの’アウターウォール’(Outer Wall)であり、崖の深さは1500mほどであるとされています。また、アパタキ(Apataki)のパカカ・パス(Pakaka Pass)には自然のままのサンゴがあります。

いつ行くべきか

フランス領ポリネシアでのスキューバダイビングは一年中可能です。 1月から3月は最も暖かく湿度も高く、28℃の水温です。 7月から11月までは乾燥しており、水温は約24℃です。ザトウクジラ(Humpback whales)は寒い季節に見られ、マダラハタ(Marbled Groupers)も産卵します(6月と7月)。

旅行者へのヒント

フランス領ポリネシアの現地通貨はCFPフランです。タヒチ島(Tahiti)のパペーテ(Pape’ete)にある国際空港で現地通貨と交換することをお勧めします。タヒチやボラボラなどの大きな島には両替所やATMがあります。しかし、一度ライブアボードで離島へ行くと、有効なATMを見つけるのが難しく交換所もないのでご注意ください。ほとんどの国籍のパスポートでは、90日間の滞在が可能です。入国時にパスポートの有効期間が3〜6ヶ月あることを確認してください。フランス領ポリネシアでは、電圧110/220V、周波数50-60Hz、A、B、Eのプラグコンセントが使用されています。

出発港とそこへの行き方

タヒチ島の首都パペーテには国際空港が1つしかありません。お客様のライブアボードがパペーテ港から出発しない場合は、他の出発地への国内線の飛行が可能です。ランギロア島(Rangiroa)やファカラバ島(Fakarava)は、多くのポリネシアのライブアボードの出発点ですが、ファカラバ空港やランロギア空港への飛行は1時間ほどです。

注意事項

ポリネシアのラグジュアリー・ダイブ・クルーズは、1泊あたり500ユーロから700ユーロの範囲で、海洋公園の入場料がファカラバ島や特定の場所では適用されます。ナイトロックス手数料は通常ライブアボードに適用されます。旅行前に証明書を取得してください。ポリネシアのライブアボードを予約する前に、ベルトを使った十分なダイビング経験があることも重要です。環礁を流れる潮流は非常に強く、リーフ・フックの使用が必要な場合があります。ポリネシア当局は、これらの潜水の安全に関する厳しい規制を持っています。ダイバーの深い専門性を持っていても、レスキューダイバーでない限り、30m以下に潜水することは許されません。ほとんどのライブアボードでは少なくともアドバンスド・オープン・ウォーター認定を取得する必要があります。予約前に旅行に必要な経験/資格を確認してください。


ポリネシア ダイビングレビュー

  • 9.0 特上の
  • 6 実際の旅行者による 件のレビュー