バリの中のアドベンチャー・クルーズ

バリクルーズでは、最も人気のあるインドネシアの島々のハイライトを体験できるだけでなく、旅行者が少ないヌサペニダの遠隔にある島々にも行くことができます。国の中でも最も小さな州ですが、バリ島は文化的で自然がいっぱいの驚きが詰まっています。その岸辺には白い砂浜と黒い砂浜が並んでおり、内部は火山の山脈に溢れ、青々とした森林で覆われています。バリ島は伝統的なダンスや宗教的な場所として知られているヒンズー教の地域でもあり、崖側にはウルワツ寺院(Uluwatu Temple)などがあります。ユニークな美しさと文化をを与えられたバリ島からのセーリング旅行は、最高潮で始まるでしょう。

バリのクルーズで最も行うべきこと

バリは主に、ロンボク島(Lombok)、フローレス島(Flores)、カンゲアン島(Kangean)とスンバワ島(Sumbawa)へのインドネシアの高級クルーズの出発点として役立っています。いくつかの小型船クルーズには、下に示すバリのハイライトの1つ以上が含まれており、いわゆる”神々の住む島”を楽しむことができます!

アムックベイ(Amuk Bay) は、多くのバリ島のセーリングクルーズの出発点であるパダンバイ(Padang Bai)の近くに位置し、透き通った海と白い砂浜があります。ここは、南バリ島のより忙しく人気のあるリゾートから2時間の旅行をするのに迷った旅行者から発見されていません。レーサンダ島(Lesser Sunda Islands)へのクルーズの前に、ビーチでリラックスしたり、澄み切った海をシュノーケルをして楽しむことができます。

ヌサペニダ(Nusa Penida) は、レンボガン島(Nusa Lembongan)、チュニガン島(Nusa Ceningan)、ペニダ島(Nusa Penida)からなるバリ島東部の3つの小さな島々からなる群島で、ペニダ島は3つの中で最大の島です。サヌールから見えるヌサペニダは秘密のバリ島であり、クタやレギャンなどの混雑したリゾートでは見つけられないような、多くの旅行者が夢を見る島の体験を提供しています。その海岸には静かで人里離れたビーチが点在していますが、カルスト地帯や洞窟ではお昼寝の合間にサーフで探検をすることができます。島はまた非公式の鳥の聖域としても機能しており、絶滅の危機に瀕しているバリの雀を観察できる唯一の場所の一つです。

レンボガン島(Nusa Lembongan)は、ヌサペニダの中で最も人気があり、その理由を知るのは難しいことではありません。バリ島のクルーズ客には、マッシュルーム・ベイの白い砂が贈られます。これはマッシュルームコーラルと呼ばれ、水泳やシュノーケリングの人気スポットとなっています。さらに南へ行くと、バリで一番美しい”ドリームビーチ”と呼ばれる可愛い名前のビーチを見つけることができます。

メンジャンガン島(Pulau Menjangan) は、たった一日であっても、ロビンソン・クルーソーのような気分になる場所です。バリバラット国立公園(Bali Barat National Park)の一部で、島へのアクセスは管理されており、滞在することができます。その名前は "鹿の島"を意味しますが、最も注目すべき野生生物は波の下にいます。メンジャンガン島は世界クラスのシュノーケリング、その海域にはエンゼルフィッシュ、クラウンフィッシュ、シャコ貝などの生物の住処であることで知られています。この島が、なぜ多くの人にとってバリクルーズのパッケージのお気に入り部分なのかは不思議なことではありません。

サヌール(Sanur)は、バリ島の最も古いリゾートタウンであり、多くのインドネシアクルーズの合流地点として機能します。ここは、ロングビーチや日陰のヤシ、芸術的な雰囲気を楽しむためにも、早く到着する価値があります。

バリ島訪問にあたってのTop Tips

良いカメラと余分なメモリカードなしでは、バリクルーズは行うことはできないでしょう。ここは非常にフォトジェニックな地域です!

バリのビーチや入り江はシュノーケリングのキースポットなので、水泳着やギアを持って行きましょう。これは特にメンジャンガン島に当てはまります。

新鮮な水が不足していることと食料の多くはボートで運ばれるため、ヌサペニダの価格はバリ島よりも若干高いと予想してください。

時間があれば、サヌールをお見逃しなく!バリのクルーズが始まる前に、買い物をしてリラックスするのに最適な場所です。

保護された自然保護区として、メンジャンガン島(Menjangan)にはショップやレストランがないので、それに応じて荷物を選ぶようにしてください。

バリのクルーズにベストな時期

一年を通してバリは最適な訪問に最適な天候です。ただ、天候や季節があなたの好きな活動に影響を及ぼす可能性があるため、事前に計画を立てましょう。

バリ島の11月から3月は雨季ですが、雨は通常は午後に数時間しか続きません。最も激しい雨期は、12月から2月です。

6月から8月にかけては気温はより低く湿度は低下し、熱帯気候に慣れていない訪問者にとってはより快適になります。

バリの新年であるニュピ(Nyepi)は、”静寂の日”として知られています。 ニュピはカラフルで賑やかなパレードで祝われますが、その日にはお店やレストランなど島の全体が閉まります。

バリのクルーズの出発地

バリ島のクルーズの大部分は、バリの東海岸のサヌール(Sanur)、パダンバイ(Padang Bai)(パダンベイ(Padang Bay)とも呼ばれます)またはアメッド(Amed)から出発します。または旅程がコモド国立公園を訪れる場合、あなたの旅行はフローレス島のラブアン・バホ(Labuan Bajo)から始まり、バリで終わることがあります。

パダンバイ(Padang Bai)またはアメッド(Amed)から出るクルーズは、サヌールのリゾートタウンからのシャトルでサービスされます。サヌールは、インドネシアのクルーズオペレーターによる合流点として一般的に使用されています。サヌールからパダンバイへの乗車時間は約1時間半ですが、アメッドへは約2時間半です。

サヌールは、バリ島のデンパサール国際空港とも呼ばれる、ングラ・ライ国際空港からブルーバードタクシーで20分です。

あなたのインドネシアのクルーズがフローレス島のラブアン・バホから出る場合は、バリ島のングラライ国際空港からフローレス島への接続便を利用してください。

ングラライ国際空港は東南アジアとインドネシアのハブ空港であり、ほとんどの主要航空会社が就航しています。

私たちのチームがあなたのインドネシアのバリ島へのアドベンチャークルーズを予約をお手伝いします。ぜひお気軽にお問い合わせください。