コモドの中のリブアボード・ダイビング

コモド島のダイブクルーズで期待できること

コモドでのダイビングクルーズは、インドネシアを訪れるダイバーにとって非常に人気のある選択肢の一つです。ダイブクルーズは、この地域の特別なダイビングエリアに、冒険好きなダイバー達を連れて行きます。コモドの地域を構成する島には、インドネシアの南東にある火山地帯である小スンダ列島(Lesser Sunda Islands)が含まれます。’コモド’の初期の意義は、20世紀を通して伝説的に悪名高い’コモドドラゴン’から来たものです。ダイブツアーではしばしば、この素晴らしいジュラ紀の生物を見ることができる陸上ツアーも行います。これらの小さなインドネシアの島々に住む火を吹くドラゴンの噂は、このエリアに国際的な注目を集めました。オランダの探検隊もこの地域にやって来て、コモドを捕獲し、検査のために標本を取得しました。

コモドドラゴンは、もちろん噂をされていたような火を吹くモンスターではないことはすぐに判明しました。幸運なことに、コモドドラゴンと豊富な動植物が脅威にさらされていることがすぐに認識され、その島々はコモド国立公園(Komodo National Park)として保護されました。

サンゴ礁の上に広がる生命の恵みと、ここで見ることができる大きな海洋魚を守るために、海は国立公園によって保護されています。訪問およびダイビングが可能な数々の小さな島々は、非常に多くのスポットを訪れることができるという利点をダイバーの方へもたらします。これらの小さな島々は非常に遠く離れており、 ユニークな経験をができるダイビングスポットとなっています。

コモド・ダイブ・クルーズでは、あらゆるダイビング愛好者にも満足できるものが提供されています。スポットの多くは、マック・ダイビングであり、マクロカメラマンの方々はカメラのメモリをできるだけ多く持ってい来ることをお勧めします。大型の魚もマンタとともに定番の遠洋生物であり、いくつかの地域では1回のダイビングで3〜4回見ることができるかもしれません。コモド島の旅程は大小さまざまな生き物を見たい方にも最適です。

コモドの海中

コモド島の海中は、最大30mの透明度と、あらゆる形と大きさの海洋生物によって、ダイバーの夢を実現する場所です。深い周辺の水域から来るプランクトンの豊富な水は、そのエリアを生命で溢れさせます。島のまわりではどこでも、魚や遠洋生物の巨大な群れを見ることができます。国立公園による保護によって、水とサンゴ礁が信じられないほど健康的であり、あらゆる形と大きさの魚が保たれています。

小スンダ列島(Lesser Sunda Islands)との間の浅瀬やコモド島の地形は、かなり大きい潮流を作ります。ダイビング中に最大8ノットを経験することができます。また、ほとんどのダイビングはドリフトダイブです。これらの流れは、プランクトンが豊富な水をもたらす、マンタ、ハンマーヘッド・シャーク、イルカ、マンボウなどコモド島に大きな命をもたらしているものです。

マクロ愛好家も同様に、失望することはありません。明るい色のウミウチワに囲まれたピグミーシーホースと、さまざまな種類のウミウシで作られた虹を見ることができます。サメやマンタのダイナミックな映像や、謎めいたユウレイヨウジウオの至近距離の撮影など、写真家の方々はコモド島で素晴らしいショットを撮ることができます

コモド島でのダイビングスポット

コモド島のライブアボードクルーズが最高である理由の1つに、ダイビング旅行に利用できるサスポットの数が非常に多いため、この地域の人気度にもかかわらず、混み過ぎていると感じることはありません。

マンタ・アレイ(MANTA ALLEY)マンタ・ポイント(MANTA POINT) コモド国立公園では、オニイトマキエイを2桁の数を見ることができ、彼らとダイビングする機会を提供しています。

リンチャ島(RINCA ISLAND) - ここの旅では、ビーチでコモドドラゴンを見ることができますが、それがここに行く唯一の理由ではありません。透明度はやや劣るかもしれませんが、かなりの数のサンゴ礁、ウミウシ、小動物を見ることができ、マクロ写真家に最適な場所です。

バトゥ・ボロン(BATU BALONG)は、コモド島のライブアボードの絶対訪れるべき場所のトップにリストされています。サンゴ礁は健康でカラフルで、魚の生命とリーフシャークで溢れています。

ビマ(BIMA) ほとんどのコモド島の旅程にはビマでのダイビングも含まれており、ウミウシとヒョウモンダコ(blue ringed octopus)を見ることができるマック・ダイビングの天国となっています。

サンゲアン島(SANGEANG) 数年前までに数回噴火した活火山のあるこの火山島では、完全にユニークなものがあなたを待っています。ここの黒い砂には、バブル・リーフ上の火山砂の下にある孔から、泡が出ているのを見ることができます。

ダイバーの方へのヒント

公用語はインドネシア語であり、大多数の国民の宗教はイスラム教であるため、訪れる場所では露出の多い服装は避け、適切な衣服が推奨されます。

北から南への気温は20℃から28℃まで大きく変動するので、スーツを2着を持参したり、マルチプル・レイヤーを持参するのが賢明です。

写真を取る方はストレージが十分であるか確認しましょう。

コモド島への行き方

コモド島でダイビングをするには多くの方法がありますが、インドネシアのライブアボードを用いるのが一番です。ライブアボードではこのエリアの数々のダイビングスポットに行くことができ、ボートが到着する前にダイブすることができます。ライブアボードの主な2つの出発点は、ラブアン・バホ(Labuan Bajo)かバリです。 ラブアンバホには、フローレス島(Flores island)の空港があります。数多くのライブアボードがここの港でゲストを送迎します。ラブアン・バホへのフライトはバリ国際空港(Ngurah Rai)で利用可能です。また、時間が十分あって冒険が好きな方へは、バリからフェリーで数日間旅して向かうこともできます。

直接バリからライブアボードに乗るもうひとつの選択肢は、ビマ(Bima)とベノア(Benoa)から出発し、ラブアン・バホ(Labuan Bajo)で降りることです。一部のダイブクルーズは、ラブアン・バホ(Labuan Bajo)で始まりバリで終わるルートとなります。旅程は、ロンボクやコモド国立公園の周辺となることが多いです。

コモド島を訪れるダイビングクルーズボートはいくつかの種類があります。多くは非常に豪華です。快適なキャビンとリアダイブデッキを備えたモーター船がいくつかあります。これらは一般にセーリングボートよりも少し高価なだけなので、予算に取り組んでいる方には良い選択肢かもしれません。巨大なインドネシアのデザインセイルボートは、コモド島でのライブアボード中で最高の選択肢です。これらのボートは、滑らかで豪華なセイルを提供します。


コモド ダイビングレビュー

  • 9.3 特上の
  • 98 実際の旅行者による 件のレビュー