ラジャ・アンパットの中のリブアボード・ダイビング

ダイブクルーズでは、ラジャ・アンパット諸島の素晴らしいダイビングスポットにあなたを連れていきます。ダイブクルーズではより観光客の少ない遠洋の地域に足を運びます。美しい小島が並び、透き通った海水と白い砂浜のビーチがあり、ラジャ・アンパット諸島はインドネシアの中でも評判の高いエリアとなっています。諸島は1500以上の島からできていて、ニューギニアの近くまで広がっています。豪華なダイブボートで数々の島を回ることができます。島が位置するのはインド洋と太平洋が重なりある地域となるので、豊かな海洋生物がたくさん生息しています。

数えきれないほどの小島がある他には、ラジャ・アンパット諸島には4つのメインの島があり、ダイブクルーズで行くことができます。Salawati、Batanta、WaigeoとMisoolです。これらの島は「四王」と呼ばれていて、地元の伝説では四王は女が見つけた卵から産まれ、統治者となったと言われています。

この地域は昔、数々のヨーロッパ国家の支配化に置かれ、長い間オランダが統治していました。現代では観光で経済が支えられていて、インドネシアのほとんどの人口が観光か漁業に携わっています。この地域を訪れるには、マリンパーク料金がかかります。美しい自然を守るため、サンゴ礁の周りをパトロールしたり、保護活動を実施されています。ラジャ・アンパット諸島の観光は人気が高いですが、この保護活動により島々は無人島に保たれ、今でも自然は原型を残したままとなっています。

ラジャ・アンパット諸島での海中世界

ラジャ・アンパット諸島の生き物の多様性はすべてのダイバーを驚かせるでしょう。2002年には世界で一番生物多様性が高いとノミネートされました。マリンパークエリアは1000以上の魚の種類と500以上のサンゴ礁の種類が存在しています。ラジャ・アンパット諸島の礁は島々の間に広がっているので、ダイブボートでツアーをするのが一番良い方法になっています。大小の珍しい魚たち、カラフルな生き物があなたを楽しませることでしょう。視程はとても良く、25メートルから30メートルとなっています。

ラジャ・アンパット諸島にはたくさんのサメが生息しています。メジロザメやジンベイザメを見ることができます。準絶滅危惧種であるアラフラオオセというサメも生息しています。アオフラオオセは体が平たく、色は保護色で、海底に這いつくばり散歩をするサメです。

マンタもよくラジャ・アンパット諸島にやってきます。群れで移動するマンタを見るのは圧巻でしょう。ウミガメ、イルカも見ることができます。

ラジャ・アンパット諸島のダイブクルーズはあなたの予算に合わせて旅程を組むことができます。5日間のツアーから、豪華ヨットでの2週間のツアーまで用意されていて、すべての参加者の満足のいく旅ができることでしょう。

ラジャ・アンパット諸島のダイビングスポット

ダイブクルーズは様々なダイビングスポットに足を運びます。異なったスポットにより見られる魚や生き物は違い、違った楽しみ方ができることでしょう。

Misool島はそのニックネームを「万華鏡(カレイドスコープ)」といい、カラフルなサンゴ礁とその周りに生息する様々な魚の群れや生き物たちの素晴らしい光景が見ることができます。ピグミータツノオトシゴやゴースト楊子魚、虹色の裸鰓類は海中写真撮影に最適となっています。

Waigeoは生息する魚の豊かさで有名となっています。アネモネの間から顔を出すミノカサゴ、エンジェルフィッシュ、クロウフィッシュなどかわいい魚たちでいっぱいです。Dampier海峡では巨大なマグロたちが泳ぎ去る姿を目にすることができます。このエリアは急流で、ドリフトダイビングが楽しめます。

Mansuarは大きめの生き物を見る機会があります。美しいサンゴ礁の間でマンタやウミガメが食事をしている姿を見ることができます。

Cenderawasih湾ではジンベイザメを発見できるかもしれません。地元の漁師達はジンベイザメに魚をあげることで幸運がもたらされると信じています。季節に関係なくジンベイザメを見ることがきます。

ダイビングツアーに参加するにあたって

海のコンディションは通常良好ですが、海流は比較的強く、初心者ダイバー向けではありません。マリンパークに入るには100ドルの環境保護料を支払う必要があります。10月から4月がダイブクルーズの一番人気シーズンですが、1年中ダイビングを楽しむことができます。水温は温かく27度から30度あります。温かいですが、ウニに刺されるといけないので、肌は守りましょう。

ラジャ・アンパット諸島へのたどり着き方

国際線で直接行くことはできないので、国内線の乗り換えが必要です。ジャカルタ、又は他の大きな空港からSorongへ行きます。ここから様々なダイブクルーズが出航する港に行くことができるでしょう。

ダイブクルーズにはモーターボートか伝統的なセーリング船があります。これらの船は静かで素晴らしいダイビング経験を遠洋の島々で体験することができるでしょう。


ラジャ・アンパット ダイビングレビュー

  • 9.2 特上の
  • 98 実際の旅行者による 件のレビュー