セーシェルの中のアドベンチャー・クルーズ

ルーズで訪れる、美しいビーチ、澄んだ水、豊富な野生生物のあるセーシェルは牧歌的で美しい場所です。

セーシェルのクルーズでは、静かなビーチやこれらの島々の近くの透明な水をリラックスして楽しむことができます。セーシェルは非常に遠く離れてあり、群島を構成する115の島々はほとんどが無人島です。ほとんどの島はボートでのみアクセス可能で、白い砂浜や花崗岩の岩礁で完全に一人になれることにしばしば気づくでしょう。

セイシェル諸島を巡る人は、美しいビーチはもちろんのこと、珍しい鳥や巨大なカメなど、そこに住むたくさんの興味深い野生動物も見ることができるでしょう。ビクトリアの主要都市には、古風で趣のある建築物、ヒンズー教の寺院、群島の野生生物のユニークな歴史を記した自然史博物館もあります。


セイシェル諸島のおすすめの場所

セーシェルには多くの島があるので、クルーズで訪れたい島を決めるのは難しいでしょう。興味をそそる キュリーズ島(Curieuse Island) は、どのビジターのリストの上位を飾るでしょう。島とそれを取り巻く海は、絶滅の危機に瀕しているオオミヤシ(Coco de Mer palm)と、ここに住む300匹のアルダブラゾウガメ(Aldabra giant tortoises)を含む地元の野生動物を保護するための国立公園と宣言されています。この島には、19世紀のハンセン病療養所として役立った興味深い文化史もあります。ハンセン病療養所の遺跡は残っており、当時の医者の家は現在博物館になっています。

キュリーズ島に近いプララン島は、豊富な野生生物の多様性に溢れており、オオミヤシが成長する唯一の他の島です。 プララン島(Praslin) は、セイシェルで2番目に大きな島であり、豊富な白い砂のビーチと熱帯雨林のおかげで人気のスポットです。島の中心には、固有の植物や鳥類が生息するメイ渓谷自然保護区(Valee de Mai nature reserve)があります。この地域は自然の美しさがとても豊かで、19世紀に訪れた英国の司令官はこの場所をエデンの園と宣言しました。

プララン島からの少し離れた場所にある、シスター島はセイシェル島のクルーズのビジターが訪れるべき、人気のスポットです。これらの2つの小さな島々は、その監視官と何匹かのゾウガメを除けば無人です。ここのビーチは、自然が多く残っており静かであることが知られています。ビッグ・シスター島の正面には、シュノーケリングのための素晴らしいサンゴ礁があり、忙しいサンゴ礁を避けてシュノーケリングできる絶好の機会です。これらの島の周りを航海する際には、トビウオやカメが表面に現れるのを見るチャンスがあります。パドルボードが好きな方は、穏やかな海と美しい景色のおかげで、これらの島々が完璧な場所であることに気づくでしょう。

シュノーケリング好きな方のために、多くのセイシェルのクルーズでは多くの海洋生物が住むココ島(Coco Isle)の近くの島を訪れます。 ココ島は、またフェリシテ島(Felicite)の近くにあり、どちらももっと大きな ラ・ディーグ島(La Digue Island) の衛星と考えられています。 ラ・ディーグ島は、優れた白い砂浜と、野生動物が好きな方のための森林を通ったハイキングで有名です。野生のものは100羽しかいないセーシェルサンコウチョウ(Seychelles paradise flycatcher)さえも見ることができるチャンスもあります。主要なセーシェル諸島により近いセントアン海洋国立公園(St Anne Marine Park)は、クルーズや陸上に滞在することを好む方、シュノーケルが好きな方いずれにも、アカエイや巨大なパロットフィッシュなどといった海洋生物の観察ができる最適な場所です。

鳥が好きな方はまた、プララン島の西の小さいクーザン島(Cousin Island)が海鳥のを観察するために一番の場所であることが理解できるでしょう。これは島の野生生物の唯一の信用証明書であり、この地域はタイマイが巣を作る場所でもあります。クーザン島の動植物は慎重に保護されていることから、多くの原産の樹木が現在も繁栄しています。島はまた、スイミングやシュノーケリングに最適な静かな白い砂のビーチを提供しており、カメを見逃さないようにしましょう。特に9月にはタイマイが巣作りを行うのを見ることができます。

セイシェルのクルーズに最適な時期

セイシェルを訪れるのに最良の時期は、あなたの興味とセイシェルのクルーズで楽しみたい活動に依存します。バードウォッチングが好きな方は、鳥の繁殖期である4月や、鳥の移動を見るチャンスがある10月にセーシェルを訪れた方が良いでしょう。ハイキングに行きたい人や自然を楽しみたい人は、5月から9月にかけて涼しく爽やかな風が吹き、より楽しむことができるでしょう。

9月にセーシェルを訪れる人は、タイマイの孵化を見るチャンスがあります。ダイビングやシュノーケリングのピークシーズンは、海が最も穏やかで水中での透明度が優れている3月から5月と9月から11月です。セーシェルはセーリングには一年中優れていますが、5月から10月にかけての貿易風はぴったりと言えるでしょう。

セイシェルへの行き方

セーシェルには、マヘ島として知られているビクトリア州の主要な町に、唯一の国際空港があります。ビクトリアに到着するために、ほとんどの便がドバイ、アブダビ、ドーハを経由します。ビクトリアはセーシェルの多くのクルーズの出発点です。タイミングがあえば、スリランカのコロンボ(Columbo)からビクトリアへ旅行することも可能です。この列島周辺の天候が飛行機を遅延させることがあるので、フライトのタイミングには注意する必要があります。また、プララン島には空港があり列島内の国内線が就航していています。また、ここでは島間の定期的なボートサービスを提供しています。

セーシェルのクルーズの出発地

多くのセイシェルクルーズは、国際空港があるビクトリアから出発します。インターアイランドキー(Inter Island Quay)はビクトリア州で最も一般的な出発地であり、タクシーでわずか20分です。クルーズの出発日の前にビクトリアで数日間滞在することは非常にお勧めです。ほとんどのホテルから港へはタクシーでわずか数分です。セイシェルのほとんどのクルーズはビクトリアから出発しますが、プララン島のアンネ・ジェッティー(Anne Jetty)から出るものもあります。プララン島を訪れるには、島の壮大な景色を楽しめるビクトリア州からの飛行機を利用してください。また、プララン島に行くことができる、島間のフェリーやその他のボートサービスもあります。

セーシェルのクルーズのヒント

事前の計画 - 島が詰まっているように思うことはほとんどありませんが、セーシェルは非常に人気のある目的地で、特にクリスマスとイースターの時期の空室は非常に限られます。8月はハイシーズンであり、フライトやセイシェルでのクルーズの場所が予約で埋まりやすい時期です。一部のフライトやクルーズが完全に予約でいっぱいになることは珍しいことではありません。バードウォッチングやダイビングのような特定のアクティビティのために訪問する場合は、これらのアクティビティを伴うクルーズを早期に予約する必要があります。

早めの到着 - 遠隔の自然と気候変動のため、セーシェルへの到着が遅れることはかなり一般的です。これは通常1〜2時間の遅れではありますが、ドバイとアブダビを経由する旅行者はクルーズの出発日前に到着するように手配してください。クルーズ出発日の1から2日前に到着すると、旅行のためにそこにいることが保証されるだけでなく、セーシェルを探索したり、時差ボケを忘れたりすることができます。

適切な旅行を選択ましょう - セーシェルでのクルーズは、お客様の興味のあるアクティビティに応じていくつかの異なる旅程を提供しています。野生動物や文化訪問に興味がある方は、セーシェル島のホッピングツアーが最適です。他の旅程は、ダイビング、シュノーケリング、パドルボーディングなどのウォータースポーツに重点を置いています。セーリングが好きな方は、島々を巡る多くの伝統的なセーリングボートの中から、自分が行きたい海に行く機会を提供する特定の旅行を見つけることができるでしょう。

シュノーケリング - セーシェル周辺の海域はシュノーケリングを楽しむことができる絶好のスポットです。海は暖かく澄んでいて、色とりどりの海洋生物を見ることができます。多くの島々でカメを見ることができ、9月には数多くのタイマイが巣を作りにここに移住してきます。ほとんどのクルーズでは、お客様のためにシュノーケリング用具を用意していますが、もし使い慣れたご自身のものがあれば、快適な体験のためにも持ってくることをお勧めします。

セーシェルの通貨はセーシェル・ルピーですが、米ドルは広く受け入れられています。お金に関する最善策は、現地通貨が必要な場合に銀行やホテルで簡単に両替できる米ドルを持ち歩くことと言えるでしょう。

セイシェルへの次のアドベンチャークルーズを計画しましょう。私たちの予約チームにお問い合せください。


セーシェル レビュー

  • 10.0 特別
  • 1 実際の旅行者による 件のレビュー