Canary Islandsの中のリブアボード・ダイビング

カナリア諸島でのダイブクルーズ

別名永遠の春とも呼ばれるカナリア諸島でのダイブクルーズでは、ダイバーの皆様を様々なマリンライフであふれる、青く透き通った大西洋の海へとご案内致します。ほとんどのカナリア諸島のダイブクルーズは帆船で、少人数のグループ向けにユニークなタイビング体験をご提供しております。

これらのダイブクルーズでは、火山島によって構成された群島の周りを静かにゆったりと航海致します。

 ほとんどのダイブクルーズは、海中の岩礁と同じくらい感動的な火山ビーチや、劇的な崖などが見られる長く変形した海岸線を特徴とするテネリフェ島から出航します。

テネリフェ島でのダイブクルーズでは、ボートでしかアクセスできない秘境へとお客様をお連れ致します。

カナリア諸島は大人気の観光地ではありますが、ダイブクルーズでは有名なダイブスポットだけではなく、離島のダイブサイトへもお客様をご案内致します。

カナリア諸島には人の少ないエリアがたくさんございます。ゴメラ島は特にダイビングで有名です。ゴメラ島ではその素晴らしいマリンライフだけではなく、ユニークな文化や、島自体の緑豊かな自然の美しさも楽しんでいただけます。

カナリア諸島でのダイブクルーズでは、お客様にガラホネの霧の森や、自然公園の壮大な景色などもゆっくりと味わっていただけます。

 

カナリア諸島の海中

テネリフェ島とゴメラ島周辺の海には感動的な火山地形と豊富な海洋生物が美しく交わっています。

その地形は迫力のある洞窟からカナリア諸島の海中ジャイアンツ・コーズウェー まで広がります。

海岸沿いにある多くの難破船は、海水の状態が良いために大変良い形で保存されています。

また、様々なものを沈下させることによって生まれる環境的利益を研究するローカルの大学があるため、カナリア諸島の周りにはたくさんの沈没した人工サンゴ礁も見られます。

カナリア諸島では一年のほとんどを通して、地中海の温かい気候を楽しむことができます。また、水温は20度以下に達することがあっても、海中30メートルまで透き通って見ることができます。

水中の海流は夏の間はやや強めですが、ダイブクルーズでは強い海流の中でも簡単にできる楽しいドリフトダイブをご提供しております。

またこの強い海流は海洋生物を観察するのにはぴったりです。遠洋の魚群、巨大なアカエイ、エンジェルシャーク、そしてアオウミガメたちが海流の中を行ったり来たりするのをご覧になっていただけます。

 

カナリア諸島のダイブスポット

迫力のある海底の地形を楽しみにしているダイバーのお客様には、カナリア諸島でのダイビングではたくさんのオプションがございます。

テネリフェ大聖堂で有名のテネリフェには、様々な魚達、ロブスター、ウツボの群れでいっぱいの巨大な火山によって形成された複雑な形の洞窟やアーチウェイがございます。

また、魅力的な火山風景が見られるラグラシオサ島はテネリフェのダイブクルーズの際には人気の観光スポットです。海底の波と、黄色の火山灰によってできた月面のようなユニークな台地、尖塔、洞窟では泳ぐことができます。

沈没船マニアの方にはテネリフェにて人工岩礁として沈められたタババイと、1970年代に海中の峡谷へと沈んでしまったコンデシトは見逃せません。

どちらの沈没船もかなりの大きさで、roncadorsやタコ、面白い見た目のヘラヤガラなどの巣となっております。

ゴメラ島でのダイブクルーズは、その小さな島の海洋生物の豊富さで有名です。

他の群島よりも更に遠くにある、ゴメラ島のダイブスポットは豊富な種類の海洋生物であふれており、特にマンタの種類においてはカナリア諸島でも一番といわれています。

プラヤサンティアゴの港沿いにあるプンタエスピーノはマンタ観察には最高の場所です。

地元の漁師たちが海に投げ入れた食べ残しを求めて、Bull raysやアカエイ、エンジェルシャークたちが集まってきます。

遠海魚の群れや美しいマクロライフを楽しむには、バラクーダ、タコ、ロブスターたちが一箇所に集まるロケデルヘレロがぴったりの場所です。

ゴメラ島の海岸やテネリフェ周辺カナリア諸島でのダイブクルーズでは、ダイバーのお客様に、島で最も愛される生物とされるウミガメに触れ合っていただくことができます。

ウミガメはダイブスポットではよくみられ、ほとんどのカメは大変フレンドリーで、ダイバーにも慣れています。

 

ダイバーの皆様へのアドバイス

一貫して良い天気のカナリア諸島ですが、テネリフェ島とゴメラ島周辺の海水温度は季節によって変わることがあります。

夏の間は水温は25度まで登ることもありますが、冬には17度まで下がることもございますので、ダイブスーツを選択の際に事前に確認していただくことをお勧めいたします。

基本的には海流は激しくはないですが、カナリア諸島は大洋性ですので、しっかりしたドリフトダイブも可能であるということを覚えておくとよいでしょう。

 

カナリア諸島へのアクセス

カナリア諸島はリゾート地としても人気ですので、テネリフェなどメインの島へのアクセスはリーズナブルで簡単です。

テネリフェの主要空港テネリフェサウスはヨーロッパのほとんどの大きな空港からアクセス可能です。

ヨーロッパ外からお越しのお客様には、多くの場合マドリッドかロンドンで乗り換えしていただきます。また、別の島からテネリフェへアクセスすることも可能です。

グランカナリア島、ランサローテ島、フェルテベントゥラ島には頻繁に島々の間を運航するフェリーや船がございます。

ゴメラ島へは島間を飛ぶ小さな飛行機のあるテネリフェ・ノルテ空港か、サンタクルーズから出航しているフェリーにてアクセスしていただけます。

ゴメラ島の空港は大変小さく、テネリフェ島からの飛行機のみを運航しており、国外への直行便はございませんので宜しくお願い致します。

カナリア諸島のダイブ

What to Expect On A Canary Islands Liveaboard

Most liveaboards begin in Tenerife which has an extremely long and varied coastline with stretches of volcanic beaches and dramatic cliffs with equally impressive underwater walls.

Tenerife diving liveaboards take guests to experience hidden gems that can only be accessed by boat. Sailing past ‘Los Gigantes’, the famous rock formations on the west of the island, is a real highlight.

Although the Canaries are a well-loved tourist destination, a diving liveaboard will take guests to not only the most famous dive spots but also the more remote island sites.

There are a number of less populated parts of the Canary Islands. La Gomera Island is particularly famous for diving. Not only does it offer stunning marine life, but also unique culture and lush natural beauty on the island itself.

Diving liveaboards to the Canaries will also give guests the chance to explore the misty forests and dramatic landscapes of the natural park at Garajonay.

 

Canary Islands Underwater

The waters around the islands of Tenerife and La Gomera are home to a beautiful blend of impressive volcanic topography and an abundance of marine creatures.

The topography ranges from dramatic cave complexes to the Canary Islands' own underwater ‘Giant’s Causeway’.

The numerous wrecks around the coastline are well-preserved thanks to the oceanic water conditions.

There are also a number of sunken artificial reefs around the Canary Islands, thanks to local universities studying the ecological benefits of submerging everything. You can take your pick from disused ships to unusual concrete shapes and more.

The Canary Islands enjoy a Mediterranean climate for most of the year and water visibility of up to 30 meters, although the temperature of the water can drop below 20 degrees in the winter.

Underwater water currents, although stronger in the summer months, are easily manageable and a diving liveaboard can provide pleasant drift dives when the water is moving faster.

The currents also favour marine life sightings. Pelagic fish shoals, colossal stingrays, angel sharks and the resident green turtles come out in number to make the most of these nutrient-rich currents.

  

Dive Sites of the Canary Islands

Divers looking to explore dramatic underwater topography will be spoiled for choice on a Canary Islands liveaboard.

Tenerife is home to La Catedral de Tenerife. This colossal volcanic formation is made up of a complex of caves and archways filled with shoals of fish, rock lobsters and moray eels.

Also home to a fascinating volcanic landscape, La Montana Amarilla is a popular stop-off on diving liveaboards in Tenerife. The waves and yellow volcanic ash have created a unique lunar-type surface under the water with plateaus, spires and caves for swim-throughs.

For wreck lovers, Tenerife is also home to the Tabaiba, which was sunk as an artificial reef, and the Condesito which sank - far less deliberately - in an underwater canyon in the 1970s.

Both wrecks are substantial in size and home to shoals of roncadors, plus octopi and the curious looking trumpet fish.

Diving liveaboards to Gomera are focussed on the wealth of marine life that this tiny island has to offer.

More remote than other parts of the archipelago, Gomera’s dive sites offer a wide array of marine life and, in particular, one of the Canary Islands most varied selection of rays.

Punta Espino along from the port of Playa Santiago is an excellent spot for rays. Bull rays, stingrays, eagle rays and angel sharks can all be found there, taking advantage of the scraps thrown overboard by local fishermen.

For pelagic shoals and excellent macro life, Roque del Herrero is the place to meet barracuda, octopi and rock lobster all in one spot.

All along the coast of Gomera and around Tenerife, a Canary Islands liveaboard also gives divers the chance to encounter one of the islands most beloved creatures: the turtle.

Turtles are a common sight on many of the dive sites and many are very friendly, being well-accustomed to divers.

 

Top Tips for Divers

Despite the consistently sunny weather, the waters around Tenerife and Gomera can vary in temperature between the seasons.

The summer months can by upwards of 25 degrees but the winter can drop to around 17 degrees. Be sure to check before packing your suit.

Although the currents are far from dramatic by many divers’ standards, it is worth remembering that the Canaries are oceanic and therefore have some proper drift dives on offer.

  

Getting To the Canary Islands

The popularity of the the Canary Islands as a tourist resort makes reaching the main islands such as Tenerife easy and affordable.

Flights to Tenerife’s main airport, Tenerife South, are available from most large European airports.

Connecting flights from further afield usually involve a  stop off in Madrid or London. There is also the option of travelling to Tenerife from one of the other islands.

Gran Canaria, Lanzarote and Fuerteventura all have regular inter-island ferries and flights.

La Gomera can be reached through Tenerife’s North airport, which offers small inter-island flights, or the ferry which departs from Santa Cruz.

Gomera’s airport is quite small which means that it can only be accessed from Tenerife and does not offer any direct international flights.

The majority of diving liveaboards in the Canary Islands depart from and return to Tenerife.