インサイドパッセージの中のアドベンチャー・クルーズ

インサイド・パッセージのクルーズは、様々な広がった長い海岸に沿いながら乗客の皆さんを運んで行きます。カナダのブリティッシュコロンビア沿岸にあるアメリカ・アラスカ州を越えて、インサイド・パッセージは北から南に800km、幅方向は160kmに広がります。そびえ立つ山々、輝く氷河、深いフィヨルド、遠い島々、緑豊かな森林、静かな海岸などの素晴らしい景色を眺めながら、インサイド・パッセージのクルーズで退屈する瞬間は決してありません。野生動物が好きな方、冒険が大好きでたまらない方、様々な文化についてもっと学びたい方などの全ての形に、インサイド・パッセージのクルーズはあり、アラスカの真のトップアドベンチャークルーズです。

インサイド・パッセージのクルーズで見るべきもの・やるべきこと

豊富な野生生物の観察、バードウォッチング、活動的なアクティビティや野外観察を試すこと、写真スキルを磨くこと、観光、素晴らしい風景を鑑賞すること、地域の人々と出会うことなど、インサイド・パッセージのクルーズには体験すべきことが沢山あります。アラスカとカナダのインサイド・パッセージをクルーズする際に大切なものは次のとおりです。

グレイシャーベイ国立公園(Glacier Bay National Park) - ユネスコの世界遺産であるグレイシャーベイ国立公園は、アラスカの真の宝物のひとつです。 105kmの長さに渡って、ここには美しい氷河が数多くあります。 ジョンズ・ホプキンス氷河(John Hopkins)、マージェリー氷河(Marjerie)、マクブリッジ氷河(McBridge Glaciers)は特に人気があります。 インサイド・パッセージの小型船クルーズでは、クジラ、アザラシ、アシカ、カワウソ、アメリカヘラジカ、クマ、オオカミ、シカ、小さな陸上生物や鳥など、さまざまな野生生物を至近距離で見ることができます。また、カヤックやハイキングなども楽しむことができます。

トレーシーアームとエンディコットアーム(Tracy Arm and Endicott Arm) - フォーステラーウィルダーネス(Fords Terror Wilderness)にある、この2つの長く風光明媚なフィヨルドは、この地域のハイライトであり、頻繁に氷河が分離するソーヤー氷河(Sawyer Glaciers)が見ることができ、大きな氷塊が海底へと沈んでいきます。岩場と山々の景観の中には、緑豊かな森林と滝などもあります。クルーズで見ることのできる野生動物には、クジラ、 ゼニガタアザラシ、クマ、シカ、オオカミなどがいます。シロイワヤギにも注目してみましょう。そして、透き通った水上でカヤックをする時には、鳥が水上を歩き舞い上がるのを見てみましょう。

フレデリック・サウンド(Frederick Sound) - 美しいフレデリック・サウンドはアドミラルティ島(Admiralty Island)とKupreanof島を分けています。夏のホエールウォッチングに最適な場所であるファイブフィンガーズ島の灯台(Five Fingers Island Light)は、その背後にある氷河の前に魅力的な光景を呈します。

ミスティ・フィヨルド(Misty Fjords) - は、壮大な荒野の地域と国のモニュメントであり、インサイド・パッセージ・クルーズがミスティ・フィヨルドを通り抜ける時に、その巨大な氷河の崖に畏敬の念を抱きます。より小さなクルーズ船は、その強力な水の噴霧を感じるほど、多くの滝のかなり近く通過するかもしれません。火山性のエディストン・ロック(Eddystone Rock)を見ることができ、音楽のように空気を満たしている海鳥の声を聞くことができます。

スティーブンス・パッセージ(Stephens Passage) - アラスカの南東部は、そのすばらしい景観や、音、匂いで知られており、クジラ、アシカ、カモメ、ウミガラスがその雄大な環境に息を吹き込んでいます。深い水と山々が混ざり合って視覚的な夢物語を作り出し、牧草地や緑豊かな森林によってその魅力が増しています。

野生動物との出会い - インナー・パッセージのクルーズでは、野生動物と豊富に出会うことができます。あなたが鳥好きであろうと、水に住む大小の生き物により興味があっても、わくわくできる機会に事欠きません。巨大な生物から小さな魚、その中間のすべての生物まで、氷海の中は生態学的に多様です。クマ、オオカミ、シカから、小さな動物、例えば、イタチ、オコジョ、齧歯類まで、数多くの動物がその乾燥した土地を歩き回ります。

インサイド・パッセージへの訪問のヒント

グレーシャーベイの宝石、特にマージェリー氷河(Marjerie Glacier)とジョン・ホプキンス氷河(John Hopkins Glacier)で壮大な景色を撮影するのを忘れないでください。

頻繁に起こるソーヤー氷河(Sawyers Glaciers)の分離や、フレデリック・サウンド(Frederick Sound)でのクジラの活動をビデオを撮影しましょう。

遠くから野生動物を観察するために、双眼鏡をおすすめします。

ハイキングに参加したい場合は、頑丈なウォーキングブーツやシューズが必要です。

この地方の気候と天候特有の寒さに対処するために重ね着をし、クルーズ上では雨天用の服を着るようにするようにしてください。寄港地観光のために防水バッグに投資して、カメラやお金、およびその他の必需品を安全かつ乾燥した状態に保つこともお勧めします。

インサイド・パッセージのクルーズのベストタイム

あなたが最も興味を持っているアクティビティに最も適した月に、インサイド・パッセージのクルーズを予約することをおすすめします。アラスカのインサイド・パッセージとカナダのインサイド・パッセージの両方を訪れるのに最適な時期は、春から夏の終わりまでです。気温は気持ち良く、特に夏は日差しが良く明るい日が続きます。この地域は年間を通して多くの降雨があることが知られていますが、最も雨が降る月は一般的に10月と11月です。

春には、戻って来る移住性の動物や、森の中で咲く野生の花を見ることができます。夏はいくつかの種にとって主要な交配と産卵期です。アザラシの子が大きな氷の塊の上で漂い、鳥が子に飛び方と泳ぎ方を教えるのを見ることができます。また、夏はクジラを見ることができる機会も増えます。インサイド・パッセージのハイキングに最適な時期は、氷が溶け始める真夏以降からです。

インサイド・パッセージのクルーズの出発場所

インサイド・パッセージのアドベンチャークルーズは、通常、アラスカのシトカ(Sitka)、ジュノー(Juneau)、またはケチカン(Ketchikan)から出発します。それぞれ国際空港が運航しており、アラスカ州の空港間で往路復路で直行便を利用できます。直行便のいくつかかはアラスカと米国本土とを結んでいますが、接続便を追加すれば、米国内のどこからでもクルーズの出発地点簡単に行くことができます。あるいは、アラスカに来る必要はなく、シアトルからアラスカクルーズに乗ることもできます。

インサイド・パッセージのクルーズに最も近い国際空港は、シトカ・ロッキー・グティエレス空港(Sitka Rocky Gutirrez Airport(SIT))、ジュノー国際空港(Juneau International Airport (JNU))、ケチカン国際空港(Ketchikan International Airport (KTN))です。アメリカ本土からのアラスカへのほとんどの便は、ジュノー、アンカレッジ(Anchorage)、フェアバンクス(Fairbanks)に到着します。接続フライトはアンカレッジとフェアバンクスの両方から利用可能です。

ぜひあなたの次のアドベンチャークルーズをインサイド・パッセージに予約してください。いつでも私たちの予約チームにご連絡ください。