バハマの中のリブアボード・ダイビング

バハマでのダイブクルーズは透き通った海の中で、美しいサンゴ礁に囲まれてダイビングをしたり、隠れた洞窟の中を探検したり、歴史のある難破船を発見したりできます。

絵画のように美しい群島をツアーするなら、このバハマダイブクルーズより良い方法はないでしょう。このツアーはのんびりと快適に、海中の世界を探検することができます。スキューバダイビング、そして他のアクティビティを通してこの旅はあなたの忘れられない思い出となることでしょう。

バハマは大西洋にあり、700もの群島から成り立っています。たった35万人の住民が30の島々に渡って暮らしています。バハマではその透き通た海水、海の中と外の生き生きとした野生動物たちを楽しむことができ、パラダイスアイランドと言えるでしょう。バハマという名はスペイン語”baja mar”という浅瀬を意味する言葉が語源となっています。バハマのエリアすべてがダイバーたちの楽園となっています。


温暖な気候や美しい海水など、海の生き物達が生き生きと住める環境によって、バハマはダイバーたちにとって大変有名なスポットとなっています。エクスマケイズ(The Exuma Cays)のエリアには365の島々があり、海中にはサンゴ礁が広がり、ダイビングやシュノーケリングをおおいに楽しむことができます。このエリアにはサメが多く生息していて、サンゴ礁がたくさん生息しているを意味しています。サメの他にはエイ、ハタ、ロブスター、そして様々な熱帯魚が暮らしています。異なった季節により見られる生物は違います。

エクスマケイズランド&シーパークはバハマダイブクルーズで訪れるメインのダイビングスポットとなっています。このパークのポリシーは「持ち帰るのは写真だけ、残していくものは足跡だけ」というもので、全員が楽しめるように貴重な自然環境を守る活動をしています。

バハマの海にはサメがたくさん生息していることで有名です。バハマダイブクルーズで行くタイガービーチでのダイビングはサメにかなり近づいて泳ぐことができるでしょう。観測されているサメの種類としては、イタチザメ、ニシレモンザメ、ペレスメジロザメなどが代表としています。撒き餌をせずともサメが近くにいるので、サメダイビングの有名スポットとなっています。

バハマダイブクルーズで訪れるエルーセラ島にはロマンティックな場所として人気が高いピンクのビーチがあります。そのビーチの周りには歴史ある壮大なサンゴ礁が広がっています。

ロスト・ブルー・ホール(Lost Blue Hole)と呼ばれるダイビングスポットには自然にできた巨大な青い穴を見ることができます。「フィッシュホテル」と呼ばれるたくさんの魚たちが生息しているスポットも近くにあり、海底までの深さが浅いところ、深いところがあるので、すべてのレベルのダイバーが楽しめるでしょう。

バハマダイブクルーズに参加するにあたって

バハマの豪華ダイブクルーズは通常7泊8日、1人あたり1日300ドルで開催されています。ダイビング装備のレンタルはこの料金とは別料金です。もしレンタルをするのであれば、7日間のダイブクルーズで175ドルとなっています。ナイトロックスのレンタルは旅行期間全日で100ドルです。旅行者の皆さんには、ダイビング+旅行保険の取得をお勧めしています。バハマダイビングクルーズは1か月で4度行われています。1度の開催で最大14人の旅行者が参加することができます。ダイバーはオープンウォーター認定書が必要ですが、どのレベルのダイバーでも参加OKのダイブクルーズとなっています。我々の旅は参加すれるダイバー達の安全が第一です。ダイビングする前にクルーがきちんとした安全確認を実施しています。

我々が企画するバハマでのダイブクルーズはプロフェッショナルで熟練のクルー達があなたをサポートします。とても快適で、リラックスのできる海での旅ができることでしょう。1日に最大5回のダイビングを予定しています(夜ダイビングもあります)。ダイビングやツアーの間には、疲れた体を癒すお食事をご用意します。

旅行者への案内

バハマでのダイビングは1年中可能です。季節により違った魅力、ダイビングの経験ができることでしょう。春(4月&5月)はちょっと変わった、珍しい魚であるシイラに会える可能性が高いです。冬(11月~3月)はシュモクザメに会えることでしょう。

バハマの水温とダイビングコンディションは季節によって異なりますが、すべてのダイバーが楽しめる範囲内にあると言って良いでしょう。11月は冬の天候で水温が下がることもありますが、海流は通常穏やかで、少し荒れることもありますが、1日以上その状態が続くことはないでしょう。冬でも水温は25-26度でダイビングをするのに問題ありません。夏(6月~9月)はベストのコンディションで、水温は平均30度となります。あらしが発生するリスクが高い月は8月ですが、視界が悪くなる日は長くても1日か2日でしょう。

バハマの公用語は英語で、使われている通貨はバハマドルとなっていますが、アメリカドルも広く使われています。ほとんどの国の旅行者が事前のビザ取得は必要なく、到着した際に3か月から8か月間滞在する許可がおります。バハマに入国するにあたって必要な予防接種はありません。ですが、旅行前に自らの予防接種の記録を確認のをお勧めします。

ダイブクルーズ出航港と辿り着き方

バハマダイブクルーズはほとんどの場合、首都ナッサウから出航します。ナッサウにはバハマの70%の人口が暮らしています。ナッサウにはリンデンピンドリング国際空港があり、アメリカやカリブ海の空港から行くことができます。プリンスジョージ波止場に到着する、他島からのフェリーで行くこともできます。

ナッサウ以外にはグランドバハマが出航ポイントとなっています。旅行者はグランドバハマ国際空港まで飛行機で行きます。空港から港への交通代は通常ダイブクルーズ料金に含まれていません。出航するオールドバハマ港には30-45分のタクシーとなっています。料金は通常75ドルです。


バハマ ダイビングレビュー

  • 8.8 最高
  • 31 実際の旅行者による 件のレビュー