インドネシアの中のアドベンチャー・クルーズ

大量の観光客に触れておらず、親しみやすい地元の人々がいる、インドネシア諸島の熱帯列島を探検しましょう。

インドネシアのクルーズでは、この世界で最も美しくまだ未開発の国を探索します。バリ島は、発達したリゾート文化を持っていますが、国の残りの部分は観光としてまったく開発されておたず、探検と発見に適しています。13,000以上の島々からなるインドネシアは世界最大の島礁国であり、小型クルーズ船に乗って探検するのに最適です。

インドネシアの島々のクルーズでは、数々の火山があるスパイス諸島(Spice Islands)や南東スラウェシ(Southeast Sulawesi)の遠隔島はもちろんのこと、バリのビーチやロンボク島(Lombok)のササク村(Sasak)から、コモド島のコモドドラゴン、ラジャ・アンパット(Raja Ampat)の石の尖塔に訪れます。


訪れるべきインドネシアの島々

インドネシアの豪華クルーズでは、群島の最高で最も美しい島のいくつかに訪れることができます。小型クルーズでのインドネシアの島々を航海は、世界中でも最高レベルのシュノーケリングを楽しんだり、ジャングルをハイキングして滝を眺めたり、地元の住民とと交流したりする機会を提供します。一方、冒険的な旅行者は、海水で冠水した洞窟を冒険したり、有名なコモドドラゴンに出会えるチャンスを味わうこともできます。

バリ島(Bali)は、間違いなくインドネシアで最も有名な島であり、多くのインドネシアクルーズの出発点です。小型ボートクルーズは典型的に離島にフォーカスしており、観光客があまり訪れないヌサペニダ島、レンボンガン島、チェニガン島に訪れます。ここには人里離れたビーチやカルスト洞窟が点在しており、夢に描いたバリ島があります。無人島であるムンジャンガン島からは、カクレクマノミやエンゼルフィッシュと一緒にシュノーケリングすることができます。

ロンボク島(Lombok) は、豪華なビーチ、雄大な滝、ササク族のユニークな文化を誇る、インドネシア最高の島の一つです。ロンボク島を訪れる人は、ジャングルを通って12mの階段状の滝であるSindang Gilaへハイキングし、さらに、Senaruの村を訪れて、Sasak族の古代のアニミズムとイスラムのユニークな融合を見ることができるでしょう。しかし、ロンボク島の美しさの大半は、本島とギリ島周辺の海の下で見ることができます。美しいギリスラット(Gili Sulat)では、その地域で最高のシュノーケリングを提供しています。

コモド(Komodo)は、コモドドラゴンで有名ですが、このインドネシアの島々で最も乾燥した島では、その怪獣だけではなく、多くのものを見ることができます!乾燥し暑いコモド島と、その姉妹であるリンカ島(Rinca)とパダール島(Padar)は、シカや、バッファロー、野生のブタなどの大型哺乳動物から、キバタン(sulfur-crested cockatoos)、ジャングル・ニワトリ(jungle chickens)、オオワシ、ジンベイザメ、ウミガメまで、多くの野生動物で溢れています。ただ、正直に言ってほとんどの訪問者は、世界で最大のトカゲであるコモドドラゴンのために訪れます。 3つの主な島を網羅しているコモド国立公園には3000以上のドラゴンが住んでおり、訪問者はこの神話に近い獣を遠くから見ることができます。

ラジャ・アンパット地域(Raja Ampat) は、数百の島々の連続体であり、ほとんどのインドネシアのクルーズはミソール島(Misool)、バタンタ島(Batanta)、ワイゲオ島(Waigeo)の島々を訪れます。訪問者は、洞窟の絵や海底墓地を探して、キノコの形をしたミソール島のカルスト尖塔を漂流し、バタンタ島のマングローブをハイキングして通り抜けて素晴らしい滝を眺め、ワイゲオ島の伝統的な漁村を訪れます。さらに、動物愛好家は極楽鳥(birds of paradise)を探すことができ、さらにサメ、オニイトマキエイとタツノオトシゴを探しながら、澄み切った海域でシュノーケルすることができます。

スパイス諸島、 モルッカ諸島(Moluccas) 、またはマルク諸島(Maluku)としても知られているこの島は、スパイス取引において重要な役割を果たしました。千年以上にわたり、この島々はクローブやナツメグなどの香辛料の原産地であり、それらは金と同じくらい高く評価されていました。この島々へのインドネシアのクルーズには、島の歴史、スパイス取引、今でもまだ使用されているナツメグのプランテーションへの訪問、などの機会があります。さらにモルッカ諸島には、パームが並ぶ壮大なビーチや、活火山のグアンアピ(Gunung Api)を含む火山が高くそびえています。

インドネシアでのクルーズに最適な時期

インドネシアは、東南アジアからオセアニアに渡って赤道を横断して広がる大きな国です。このことから、気候は地域ごと、島から島でさえも異なり、様々です。インドネシアを訪れる最良の時期は、選ぶ小型クルーズ船の旅程と訪れる島々に依存するため、前もって計画を進めることが不可欠です。

インドネシアの10月から4月は、湿度が高く頻繁に雨が降り、バリとロンボクでは雨季になります。一方スパイス諸島とパプアでは、この時期は乾季になります。

インドネシアでは5月から9月は島全体で乾季となりますが、スパイス諸島とパプアではより雨が降り湿気が多くなります。

インドネシアでは7月と8月がピークシーズンであり、観光客が増え価格が高騰することに注意してください。

また、インドネシアのラジャ・アンパット地域(Raja Ampat)では、6月と7月が風の強いシーズンと考えられており、海が波立つため小型クルーズ船の快適さ少しだけ低くなります。

インドネシアへの行き方

インドネシアへのフライトは、通常、ジャワ島にあるジャカルタのスカルノ・ハッタ国際空港、バリのングラライ国際空港(デンパサール国際空港)などを利用します。どちらの国際空港からも、インドネシアのクルーズの出発点に飛ぶことができます。ヨーロッパや北米からのインドネシアへの直行便は、珍しいことに注意してください。多くのクルーズ出発点は、インドネシア国内での接続フライトが必要です。

インドネシアのクルーズが出発する場所

インドネシアの豪華クルーズは通常は、ソロン、西パプア、テルナテ、スパイス諸島、ラブアンバホ、フローレス島、バリ島、ゴロンタロ、ノーススラウェシ島から往来します。

あなたのクルーズがバリ島から出発する場合は、デンパサール国際空港とも呼ばれるングラライ国際空港に飛び、バリ島のインドネシアクルーズの人気の合流地点であるサヌールに向かってください。サヌールからは、シャトルで約2時間のパダンバイ(Padang Bai, パダンベイとも呼ばれます)またはアメッド(Amed)に移動できます。ここは、バリやロンボクなどの小スンダ列島(Lesser Sunda Islands)を含むクルーズ共通の出発点です。

あなたのクルーズがフローレス島のラブアンバホから出発する場合は、デンパサール国際空港とも呼ばれるバリのングラライ国際空港に行き、南スラウェシ(South Sulawesi)のマカッサル(Makassar)で可能な接続便を利用し、フローレス島へ向かいます。これはコモドへのクルーズとヌサ・テンガラ島の共通の出発点です。

あなたのクルーズがウェストパプアのソロン(Sorong)から出発する場合は、まずジャカルタまたはバリに飛行し、マカッサルで接続便に乗り、そこからソロンへ飛行します。

あなたのクルーズがテルナテ(Ternate)から出発する場合、msxうジャカルタまたはバリに飛行し、マカッサル(Makassar)で接続便に乗り、そこからテネレートへ飛行します。これは、スパイス諸島へのクルーズの共通の出発点です。

あなたのクルーズがゴロンタロから出発する場合はまずバリに飛び、マカッサルで接続便に乗り、ゴカンタロに行きます。この出発点はスラウェシ島のクルーズのみです。

あなたのクルーズにカリマンタン(Kalimantan)が含まれている場合は、ジャカルタまたはバリに飛行し、そこからカリマンタンのパランカラヤ( Palangkaraya)の町に行きます。中央ボルネオの後に、ジャカルタかバリに戻り、小型ボートクルーズを続けます。

インドネシアのクルーズのヒント

インドネシアのクルーズでは様々な体験やアクティビティが提供されていますので、 旅程を際は事前の計画をお勧めします。

ご到着後にインドネシア内の接続便(マカッサルなど)が含まれている場合、クルーズ出発日の少なくとも1日前に到着することをお勧めします。

インドネシアの豪華クルーズでは、シュノーケリングのための十分な機会を提供しているため、ご自身のギアを持参することをお勧めします。

インドネシアの美しさの多くは海中で見ることができるため、防水カメラをお勧めします。

それぞれの島や地域は乾季と雨季を迎えますが、ここの気候である熱帯気候はいつでも雨が降る可能性があるので、それに応じて荷物をパックしてください。

コモドの乾燥した島内を訪れる際には、日焼け止めや多くの水が必要です。

入国のためにはパスポートは6ヶ月間有効でなけばならないことに注意してください。

入国カードを記入するように求められた場合は、帰国時に半分が必要になるため保持するようにしてください。

30日間のビザが最も一般的で、ほとんどのインドネシアのクルーズの旅程に対応します。事前にビザを申請することをお勧めしますが、到着時の支払いも可能です。到着時のビザは35USDで、同額が米国通貨で必要です。

インドネシアへの小型船クルーズを予約するには、私たちの予約チームにご連絡ください。


インドネシア レビュー

  • 9.8 特別
  • 2 実際の旅行者による 件のレビュー