インドネシアの中のリブアボード・ダイビング

インドネシアダイブクルーズは多様な海洋生物に出会う大変貴重な機会となるでしょう。

1万1,000もの人の住まない島々、500種類のサンゴ礁、2,000種類の魚たちを見たくはありませんか?インドネシアは、このような素晴らしい環境があることから、スキューバダイビングのメッカとなっています。インドネシアは世界で一番大きな群島で、陸より海の面積が4倍も広くなっています。海域はインド海から太平洋にも広がり、多様な環境が揃っています。この豊かさを存分に味わうにはダイブクルーズで隅々まで楽しむことがベストです。

インドネシアダイブクルーズはコモド国立公園にあなたを連れていきます。そこではサメ、マンタ、イルカ、その他の小さな魚たちを見ることができます。Raja Ampatでは手つかずの自然、原始的なサンゴ礁の楽園など素晴らしい光景が目の前に広がります。Banda海では透き通った水の中で、礁の丘や火山によってできた珍しい地形を楽しむことができます。


インドネシアダイブクルーズの概要

コモド国立公園はUNESCOの世界遺産として登録されていて、インドネシア群島の中心に位置しています。ジュゴン、礁の丘、コモドドラゴンなど有名な見どころがたくさんあります。コモド国立公園の最大の魅力はもちろんスキューバダイビングで、栄養価の高い海水とそこに生きる大小の生物に出会えます。マンタ、サメ、クジラ、ウミガメ、イルカ、美しいサンゴ礁など、素晴らしい景色が広がります。

コモドでのダイブクルーズは8日から12日の長さで参加することができます。コモドでは1年中ダイビングを楽しむことができます。一番人気の高い月は5月から10月ですが、この期間はモンスーンの時期とも重なります。水温は温かく30度近くに昇ることもあります。視程も良好です。コモドダイブクルーズの予算は1人1泊200ドルから500ドルどなります。更に豪華なダイブクルーズがお望みであれば、1泊900ドルのコースも用意されています。

コモドダイブクルーズはBima湾 (Sumbawa)、Labuan Bajo (Flores)、又はMaumere (Flores)から出航します。これらの場所にはバリかジャカルタから1時間ほどのフライトでたどり着くことができます。ただ、Lombokエリアのダイビングに参加するダイブクルーズはバリのBenoa港から出発をするので注意してください。コモドダイビングボートはSangeang火山とSumbawa島のダイブスポットも訪れます。バリから出発するダイブクルーズはMoyo、Satonda、Gili Banta、そしてGili Lawa Lautダイビングスポットに足を運びます。

Raja Ampatは人間の手に荒らされていない美しいエリアで、スキューバダイビングを存分に楽しむことができます。Raja AmpatでもWest Papuaエリアにある人里離れた群島は、4人の王と呼ばれ原始的な生態系、世界でもトップのサンゴ礁の楽園が広がっています。島々はジャングルに覆われ、熱帯地域の生物がたくさん生息し、陸上、海中とも素晴らしい景色を味わえます。

インドネシアダイブクルーズは忘れられないダイビング体験ができること間違いないでしょう。ダイビングは中級から上級が多いですが、初心者向けのダイビングもあります。Raja Ampatでダイビングを楽しむダイバーは熟練者が多く、一生の中で貴重な体験を楽しみます。Kri島、Manta RidgeそしてThe Passageなどのダイブスポットでは、地球上の75%のサンゴ礁を見ることができます。その他の見どころとしては、マンタ、サメ、不思議な生物たちが生息し、特有の環境を作り出しています。

Raja Ampatのダイブクルーズは7泊から12泊の旅程の長さとなっています。このエリアでのダイビングは1年中楽しむことができますが、多くのダイビングボートは一番海が穏やかな時期である10月から4月の間にツアーを実施しています。水温は27度から30度で大変温かいです。Raja Ampatダイブクルーズは1人1泊200ドルから500ドルとなっています。更に豪華なツアーは1泊900ドルのものもあります。Raja Ampatダイブクルーズは通常Sorongから出発します。ジャカルタ、Manado、Makassar、又はAmbonから国内線が出ています。Sorongから出航するRaja Ampatダイブクルーズは1500以上の島がある地域でダイビングツアーを楽しみます。その他のダイブクルーズはBanda海に行き、Cenderawashih湾でジンベイザメを観察したり、Halmahera海に足を運びます。

その他のインドネシアダイブクルーズ

より未開地に足を運びたい観光者はダイブクルーズで”忘れられた島々”に行くこともできます。原始的で手つかずの自然に触れることができます。この地域はダイブクルーズでしかたどり着くことが難しくなっています。Banda海付近ではマグロ、Ambonカサゴなどを見ることができます。Alorエリアは観光客がほとんどいなく、透き通った海水、品質の高いスキューバダイビングを楽しむことができます。今まで見たこともない生物に出会うことができるでしょう。

旅行するにあたって気を付けること

インドネシアダイブクルーズのメインシーズンは5月から9月となっていますが、実際は季節に関係なく1年中ダイビングを楽しむことが可能です。モンスーンの季節は11月から6月となっています。マンボウを見るには7月から10月の間にツアーに参加する必要があります。インドネシアの水温は通常20度から28度の間となり、季節や場所によって異なります。視程は6メートルから50メートルとなり、深さは最高で40メートルとなります。海流は通常穏やかですが、タイミングによっては急流となることもあります。

出発港にたどり着く方法

Lombokを通るコモドダイブクルーズのメインの出発地はバリとなっています。バリの出発港はBanoaと呼ばれ、島の南側にあります。バリから出航するダイブクルーズはクリスタル湾に足を運び、マンボウを見るチャンスがあります。そしてカラフルなリバティ難破船でダイビングすることもできます。旅程はあなたの興味に合わせて選ぶことができます。どの旅程の高品質なマックダイビングや、のんびりと快適に素晴らしいサンゴ礁の楽園をダイビングすることができます。熟練ダイバーはNusa Lembonganの急流がお気に入りのダイビングとなるかもしれません。ダイビングを始めたばかりの人も様々なダイビングスポットを楽しむことができるでしょう。

世界中からバリへ飛行機でたどり着くのは難しくないでしょう。シンガポールやクアラルンプールで乗り継ぎが可能です。バリから出発するダイブクルーズは通常コモド国立公園が旅程に入っています。Lombokダイビングスポットにも途中で止まります。他にもインドネシアで有名なスポットを訪れることができるのは、ダイブクルーズのツアーのみとなるでしょう。

Sorong港はWest Papua地区の街にあります。Raja AmpatとAmbonに行くダイブクルーズの出発港となります。このツアーでは、ダイビングだけでなく、陸上のアドベンチャーも楽しめます。滝やバードウォッチング、白い砂のビーチなどが見どころとなります。シュノーケリングもダイビングと合わせて楽しむことができます。

Sorongにはインドネシアの各地から国内線が飛んでいます。この港からのダイブクルーズのメインはRaja Ampatですが、その他のエリアに行くことも可能です。Ambon、Banda海、Cenderawasih湾に行き様々なサメの種類に出会うことができます。


インドネシア ダイビングレビュー

  • 9.1 特上の
  • 280 実際の旅行者による 件のレビュー