コスタリカの中のリブアボード・ダイビング

コスタリカは海の生物の聖域であり、巨大なエイ、サメ、クジラとスキューバダイビングの旅が楽しめます。

コスタリカのダイブクルーズは、大量のサメが生息するココス諸島の近くでダイビングできることがダイバーたちにとって大きな魅力となっています。太平洋とカリブ海に挟まれ、海の生き物で豊かなコスタリカは中央アメリカの国です。雄大な熱帯雨林、豊富な野生動物たち、素晴らしい光景を見ることができるスキューバダイビングがあなたを虜にするでしょう。コスタリカダイブクルーズは遠い沖まで出て冒険ができます。他では体験することができない海面下の世界があなたを待っています。

コスタリカのダイビングツアーでは、すべてのレベルのダイバーたちに合ったダイビングが用意されています。コスタリカ近辺のダイビングのベストスポットは、通常10日間以上旅程があるダイブボートでのみ訪れることができます。いくつかのダイビングスポットに行きますが、どれも忘れられない思い出ができることでしょう。ココス諸島はダイバーたちに大変人気が高く、バホアルシオン(Bajo Alcyone)ではシュモクザメに出会えます。カノ島、グアナカステ島、バット島などを合わせスキューバダイビングのメッカとなっています。


コスタリカダイブクルーズについて

LiveAboard.comは様々なダイブボートを用意しておりすべて、快適で安全な旅とダイビングを体験することができます。豪華ダイブボートは違った大きさ、かたちがり、大きいダイビングクルージングヨットから、海中船を改造したボートなどがあり、あなたの希望旅程に合わせてボートを用意します。ダイビングクルーズツアーは11日から18日の長さがあり、ダイビングの回数を重ねることもできますし、日によってはリラックスする日を作ることができるでしょう。

ダイブクルーズの出航は通常朝早くになります。オペレーターによってはあなたの到着する場所に送迎することができます。コスタリカのダイビングスポットは遠隔地にあり、最大で2日間かかる場合もあります。これが意味することは、地球上でも珍しい、人間の手に触れられていないエリアに行くことができるということです。ダイブクルーズではまずチェックダイブとしてみなさんのレベルを確認し、個人に合わせダイビングを企画します。

コスタリカの野生動物の多様性は目を見張るものがあります。サンゴ礁が様々な生物が生息するのをサポートしています。サメ、マンタ、イルカ、クジラに出会うことができるでしょう。

カラフルな熱帯魚とサンゴ礁はまるで海中の楽園のようで、ダイバーたちはこの光景を眺めることができることでしょう。

コスタリカのダイビングスポットと訪れるエリア

ココス島はコスタリカで一番人気のダイビングスポットとなっています。本土から500キロ離れたところに位置し、ダイブボートが唯一ココス島にたどり着く方法となっています。この島は30年以上海の保護地区となっていて、遠隔地にあることもあり、原始的な自然が広がっています。シュモクザメが良く見られる生き物で、他にも様々なサメの種類が生息しています。

中央アメリカの中でも美しい海水があると知られているカノ島はコスタリカの南側に位置しています。熱帯地域でたくさんの魚の種類を見ることができるでしょう。この島はメジロザメが有名となっています。

バット島はグアナカステ湾から訪れることができる島で、コスタリカの北西に位置しています。コスタリカでもベストコンディションでダイビングが楽しめることで有名で一年中ダイビングができます。観光客が少ないので、マンタ、ウミガメ、サメ、イルカ、クジラを静かな環境で見ることができるでしょう。

コスタリカダイブクルーズのベストシーズン

赤道の近くに位置することから、コスタリカでは一年中ダイブクルーズを楽しめます。それでも季節の違いはあり、12月から5月は比較定乾燥していて、穏やかで視界が良い海水となります。6月から12月は雨期で、視界は普段より悪くなるでしょう(それでも25メートル先まで見えます)。プランクトンが増えるおかげで、サメ、クジラや他の海の生物に会えるチャンスがアップします。水温は平均で28度あるでしょう。

コスタリカに旅行するにあたって

スペイン語が公用語ですが、英語も広く使われています。特に観光スポットでは不自由ないでしょう。ATMを見つけることは難しくなく、ローカルの通貨であるコスタリカコロンを引き出せるでしょう。充電用のプラグは日本、アメリカと似通っていて110V60Hzとなっています。

ダイブクルーズ出航地への行き方

コスタリカのダイブクルーズはオペレーターによって出航港が異なります。多くのボートは首都サンホゼから車で90分ほどのところに位置するパンタレナスから出航します。ダイブクルーズのオペレーターに確認しサンホゼまで送迎ができるか、車を準備してもらえるかなど確認しましょう。他のツアーはサンホゼから出発するものもあり、港までの移動が簡単になっています。サンホゼには国際空港があり、ほとんどの飛行機はアメリカでトランジットする必要があるでしょう。もしアメリカで1泊する場合にはESTAなどのビザが必要か確認しましょう。グアナカステ地域のダイブクルーズに参加するのであれば、ダニエル・オデュバー国際空港まで行きましょう。

少数のダイブクルーズはパナマ内から出発します。デビットという町の近くにあるプエルトペデグラルという場所がスタート地点となり、バスか国内線でパナマシティから行くことができます。パナマシティまでは国際フライトがあります。

注意事項

それぞれのダイブクルーズはオペレーターが異なり、マリンパーク代金や避難プラン、空港税、燃料代金が追加でかかることがありますので注意してください。あなたの国籍によってコスタリカに入国するのにビザが必要となりますので、事前にチェックしてください。入国するには6か月以上有効期限があるパスポートを持っている必要があります。

コスタリカの多くのダイビングスポットは遠隔地であることから、オペレーターによっては30-50回以上のダイビング経験値とオープンウォーター認定書が必要となる場合があります。

旅行保険も忘れずに取得することをお勧めしています。


コスタリカ ダイビングレビュー

  • 8.8 最高
  • 31 実際の旅行者による 件のレビュー