メキシコの中のリブアボード・ダイビング

Take the plunge into Mexico's spectacular Cenotes, climb into a cage for a personal encounter with a great white shark or swim among a school of humpback whales.

メキシコでのダイビングクルーズは、大型の遠洋生物を期待するダイバーにとって非常に人気があります。メキシコでのライブアボード旅行に参加することは、メキシコの西側に位置する壮大なダイビングスポットと地域を訪れることを意味します。これらのダイビングスポットは、主に見事な海洋生物に焦点を当てており、

カラフルなサンゴ礁にはあまり言及していませんが、心配はありません。海洋生物を見るときに、その背景にカラフルなサンゴ礁を必ず見ることができます。LiveAboard.comが提供するメキシコのダイビングクルーズは3つのエリアに分かれており、それらは ソコロ(Socorro)コルテス海(Sea Of Cortez)グアダルーペ(Guadalupe)です


メキシコでのダイブクルーズ

これらのダイビングスポットを訪れる多くのメキシコダイブクルーズをLiveAboard.comではご用意しています。ボートの長さは25mから41mまで様々で、収容人数はボートによって異なり16人から30人です。また、5泊6日間の旅行から10泊11日間まで宿泊数も様々なプランがあります。ライブアボードはそれぞれ特徴があり、豪華なダイビング・ヨットや予算に優しいクルージングをお望みの場合でも満足いただけます。追加の機能や費用がありますので、予約する前に必ずすべての情報をお読みください。

メキシコでのセーリングは、カボ・サン・ルーカス(Cabo San Lucas)またはサン・ホセ・デル・カボ(San Jose del Cabo)から出発し、両方ともバハカリフォルニア州の南に位置しています。ソコロ諸島はメキシコ本土から400kmに位置しているソコロ諸島に行くにはかなりの時間がかかることから、ダイビングクルーズのほとんどは午後9時ごろなどの夜に出発します。ただし午前中に出発するボートもありますので、十分に確認してください。最初の目的地に到着したら、ダイバーとしてのあなたを知り、あなたにとってダイビングが楽しいものとなるように、まずはスタッフとダイビングチェックを行います。これらのダイビングは、キャプテンと乗組員が最適なダイビングスポットを選ぶのにも役立ちます。メキシコのライブアボードに乗るダイバーは、出発日と帰りの日を除き、天気と旅程に応じて1日当たり3〜4回のダイビングを行うことができます。

すべての旅程は、ダイバーと天候に応じて変更されることがありますが、安全は常に最優先事項であり、常にキャプテンの最終的な決断によります。

メキシコのダイビングスポットとエリア

ソコロ諸島(SOCORRO):この壮大なエリアには、ダイバーを楽しませるRevillagigedo諸島と呼ばれる4つの火山島の群があり、これらはソコロ諸島としても知られています。ここはサメの多くの種、ザトウクジラ(Humpback whales)、イルカを含む多くの遠洋生物種の種の楽園であり、多くの大きなオニイトマキエイ(Manta Rays)も見ることができます。この地域の透明度は15〜50mで、水温は21℃から28℃までです。それらは保護された生物圏保護区の一部であり、多くの保護団体がここに住むユニークな野生生物の保護活動を行なっています。

グアダルーペ(GUADALUPE): ホホジロザメ(Great White Sharks)とケージ・ダイビングで世界で最も人気のあるダイビングサイトのひとつです。サメが本当に近くに来るスリルを探しているのなら、これはまさにそのためのエリアです。また、シャーク・ケージ・ダイビングに関するヒントもお読みください。

コルテス海(SEA OF CORTEZ):コルテス海には数多くのダイビングスポットがあり、ダイバーに素晴らしい海洋野生動物の出会いを提供します。 La Pazと呼ばれるダイビングエリアでは、冬と秋の間にハンマーヘッド・シャーク(Hammerheads)の非常に大きな群を見られることで最もよく知られています。もう1つのダイビングエリア、Cabo Pulmoは、このエリアの数少ないサンゴ礁の1つです。 6000種以上の海洋生物が生息するカラフルで盛んなサンゴ礁で、一般的に見通しが良く、カラフルな水中写真を撮ることができる場所です。

いつ行くべきか

メキシコでは一年中ダイビングすることができますが、最高の時期は海洋野生生物とダイビングスポットで彼らを見ることができるかに依存します。ソコロは11月から5月にかけて海水は最も冷たくなり、11月には28℃、2月は21℃、5月は25℃まで上昇します。これらの冬はまた彼らにとって重要な時期であり、何千ものザトウクジラ、多くのマンタがここでに繁殖します。ここの透明度は月に依存する水中のプランクトンにのみに依存しますが、一般的に素晴らしい透明度を誇ります。

グアダルーペでダイビングするのに最適な月は、たくさんの雄のサメを見ることができる8月から10月ですが、海水は20℃ほどとなり寒いことからウェットスーツが重要です。ハンマーヘッド・シャーク(Hammerheads)が一番見たいと思っている生き物であれば、9月と10月が最善の月です。

旅のヒント

それぞれのダイブクルーズボートには最低限のダイビング経験レベルが必要とされ、ほとんどの場合はアドバンスド・オープン・ウォーターで最低50回のログを持つことを期待していますが、オープンウォーターの経験だけ、または最低ログ記録回数が必要無い場合もあります。ご予約の前にご自身のダイブログ/ログブックを確認してください。

主な言語はスペイン語ですが、英語は全国各地やライブアボードで広く話されています。通貨はメキシコペソで、簡単に米ドルやユーロなどの通貨から交換することができます。

プラグは米国と同じプラグで、標準電圧が127Vの2つのフラットプロングです。アメリカからのお客様ではない場合は、電気用アダプターが必要となります。

行き方

私たちが提供するライブアボードは、カボ・サン・ルーカス(Cabo San Lucas)とサン・ホセ・デル・カボ(San Jose del Cabo)の2つの港から出発します。これらはバハカリフォルニア州(Baja California)の都市であり、最も南部の自治体であるロスカボス(Los Cabos)内にあります。多くの方は、アメリカ、カナダ、および他のメキシコの都市からの飛行機が到着するロス・カボス国際空港(Los Cabos International Airport)に飛ぶ可能性が最も高いでしょう。

注意事項

港湾税、海洋公園費用、乗組員へのチップ、ダイビング用具のレンタル(ご自分でお持ちでない場合)、ナイトロックスなどの追加費用がかかることに注意してください。ライブアボードはそれぞれ異なるので、予約する前にチェックしてください。旅行期間中は保険が必要であることに注意してください。

メキシコに入国するには、帰国便の少なくとも6ヶ月後まで有効なパスポートが必要です。ほとんどの国籍の方は到着時に観光ビザを受け取ることができます。

どの予防接種が必要なのかを知りたい場合は、旅行前に医師に相談してください。


メキシコ ダイビングレビュー

  • 9.3 特上の
  • 43 実際の旅行者による 件のレビュー