タークス&カイコス諸島の中のリブアボード・ダイビング

タークスカイコス諸島で、壮大で活気に満ちたサンゴ礁生態系と壮大なウォール・ダイビングを体験しましょう。

タークス・カイコスでのダイビングクルーズでは、人に触れられていない自然のままの海洋公園で、あなたの人生の喜びを広げることができるでしょう。その優れた保護状況のため、サンゴ礁系は、注目すべき海洋生物で溢れています。あなたの内なる探究心を導き、島の有名なダイビングスポットへ宝物を探しに行きましょう。ノースウェストポイント、グレースベイ、フレンチ・ケイ、ウェスト・カイコスなどのエリアでは、カリブ海のリーフシャーク、コモリザメ(Nurse Sharks)、タイマイ(Hawksbill Turtles)、バンドウイルカ(Bottlenose Dolphins)、斑点のあるトビエイ(Eagle Rays)、

ウナギ、イサキ(Grunts)、フエダイ(Snapper)、ハタ(Grouper,)、ホースアイジャック(Horse-eyed Jacks)、そして多くの一般的なカリブ海の魚を見ることが出来ます。あなたの運がよければ、時期に応じてブラックチップ・シャーク(Blacktip Sharks)、ハンマーヘッド・シャーク(Hammerheads)、イタチザメ(Tiger Sharks)、オニイトマキエイ(Manta Rays)、およびザトウクジラ(Humpback Whales)なども見ることもできます。切り立ったウォールに沿って泳ぎ、黒珊瑚やエレファント・イヤー・スポンジ(elephant ear sponges,)の上を散策し、難破船を調査し、スイム・スローをナビゲートしましょう。


タークス・カイコス諸島でダイビングクルーズでできることすべてを見てみましょう。ダイビングスポットは豊富でアクセスしやすいので、ダイビングは島の一番の魅力です。

タークス・カイコス諸島でのダイビングクルーズ

タークス・カイコス諸島周辺では、ダイビングクルーズのためのダイビングスポットは数え切れないほどあります。広大なエリアにまたがる、幅広い種類のダイビングスポットを周遊するために効果的かつ時間効率の良い方法は、ライブアボードのダイブクルーズでセーリングをすることです。

6泊、7泊または10泊のツアーが利用できます。ダイビングにはオープン・ウォーター認証が必要です。ただし、ログに記録されたダイビング最低回数は必要はありません。

すべての食事、アルコールおよびノンアルコール飲料は、オンボードに含まれています。ほとんどの食事はビュッフェスタイルで提供され、アメリカ料理とカリブ海料理のどちらかになります。また、ベジタリアンのオプションが用意されています。宗教やアレルギー用の食事は、事前に準備することができます。

旅程は風や気象条件に応じて、キャプテンのの裁量によって変更されるため、旅程内容は必ずしも保証されていません。週に一度の地点で、ビーチや島内などの陸上のツアーを手配することができます。

タークス・カイコス諸島のダイビングスポットとエリア

ノース・ウェスト・ポイント(NORTH WEST POINT) はプロビデンシアレス島(Provo)の北西海岸に位置する、劇的な深さのウォールです。ブラック・コーラル・ガーデンズ(Black Coral Gardens)、クラック(The Crack)、ドーム(The Dome)、ザ・ホール・イン・ザ・ウォール(The Hole in the Wall,)、シャーク・ホテル(Shark Hotel)、アンフィシアター(the Amphitheater.)といったダイビングサイトに簡単にアクセスできます。

グレイス・ベイ(GRACE BAY) はプロビデンシアレス島(Provo)の北海岸に位置しています。22kmに渡る、人の手が加えられていないバリア・リーフが保護されています。 アクアリアム(Aquarium)や、グレイスランド(Graceland)、グルーパー・ホール(Grouper Hole)、コーラル・ゲイブルズ(Coral Gables)といったダイビングスポットは、ウォールや広いサンゴ礁、豊富な海洋生物を誇っています。

フレンチ・ケイ(FRENCH CAY) は、プロビデンシアレス島(Provo)の南29kmに位置する小さな島です。 2000mまでの極端な深さの印象的な垂直のウォールがこのエリアのハイライトです。 ダブル-D(Double-D)、G-スポット(G-Spot)、ロック・アンド・ロール(Rock and Roll)、ウェスト・サンド・スピリット(West Sand Split)といった、壮大でユニークなダイビングスポットをに訪れることができます。

ウェスト・カイコス(WEST CAICOS) は、プロビデンシアレス島(Provo)の南東約16kmの小さな無人島です。ここでのダイブアボードの大きな魅力は、急激なウォールと大きな遠洋魚です。この地域にはダイビングスポットが豊富にあります。ウェスト・カイコス周辺の注目すべきスポットは、ドライブウェイ(Driveway)、ガリーズ(Gullies)、ロック・ガーデン・インタールード(Rock Garden Interlude)、アンカー/ホワイトフェイス(The Anchor/Whiteface)、エレファント・イヤー・キャニオン(Elephant Ear Canyon)です。

いつ行くべきか

タークス・カイコス諸島は、一年を通してライブアボードで素敵な旅行に出かけることができます。少ない平均降水量、日照の平均日数の高さ、安定した海水、水面、そして気温、穏やかな海、爽やかな貿易風が意味するのは、ダイビングに適さない時期は無いということです。もし浜辺を歩くことに興味がある場合は、4月と5月には最低価格となり、観光客が最少となることを覚えておくといいかもしれません。しかし、12月から3月はピークシーズン価格となり、1月から3月にはこの地域をザトウクジラが通過することから、追加費用がかかるかもしれません。

平均水温は、通常、夏季には28〜29℃、冬季には23〜26℃です。平均的な透明度は25m〜40mです。平均気温は、通常29〜32℃範囲です。

旅行者へのヒント

ダイビング時には現在の認証カードの提示が必要です。ダイブログを持って来てダイビングのスペックをトラックし、ここでの素晴らしい景色を記録することを忘れないようにしましょう。

タークス・カイコスでは英語が主に話されます。ボート乗組員は英語を話します。島の通貨は米ドル(USD)です。

電気は110ボルトです。アメリカの電子機器はこの電流に適していますが、ヨーロッパの電子機器を使う場合やヨーロッパから旅行する場合は、アダプターを使用する必要があります。

タークス・カイコスは東部標準時間帯にあり、サマータイムは全国的に見られます。

出発港とそこへの行き方

主要国際空港であるプロビデンシアレス国際空港(Providenciales International Airport)は、プロビデンシアレス島(Provo)にあります。さらに、グランドターク島 (Grand Turk)とサウスカイコス諸島(Grand Turk)の島々にも国際空港があります。プロビデンシアレス島に飛行する航空会社は、アメリカン航空、デルタ航空、エア・カナダ、ジェット・ブルー航空、ユナイテッド航空、ウェストジェット航空、ブリティッシュ・エアウェイズです。直行便はいくつかの場所から利用可能です。

クルーズ出発ポートはプロビデンシアレス島(Provo)に位置しています。ツアーのオペレーターに応じて、空港への往復の移動がパッケージに含まれる場合があります。ヨットはタートル・コーブ・マリーナ(Turtle Cove Marina )またはカイコス・マリーナ(Caicos Marina)とShipyard.liveaboardのいずれかから出航します。

注意事項

すべてのツアー料金から除外されるのは、港湾税、旅行保険、ダイビング保険です。港湾税は85USDから142USDです。この料金は、ツアーオペレーターと滞在期間に応じて計算されます。また、ダイビング保険に加入することを強くお勧めします。


タークス&カイコス諸島 ダイビングレビュー

  • 9.3 特上の
  • 17 実際の旅行者による 件のレビュー