ガラパゴス諸島の中のアドベンチャー・クルーズ

ダーウィンの進化論で有名な素晴らしいガラパゴス諸島を小型船クルーズで廻りましょう。

ガラパゴス諸島に行くことは自然を愛する人にとっては夢でしょう。ガラパゴス諸島は原始的で手つかずの自然が残されている地球上でも数少ない場所となります。ガラパゴス諸島を観光するにはクルーズボートで廻るのが最適です。小型豪華クルーズヨットやダイブボートで廻ることで、バラエティに富んだツアーができることでしょう。小型船で廻ることで、普通の観光や大きなクルージングでは足を踏み入れられない場所まで存分に楽しむことができます。

ガラパゴス諸島の自然を守るために、ガラパゴス国立公園は保護活動を実施しています。クルーズボートが同じ島に14日間は戻れないようにし、エリアに入る観光客の数を減らしています。これにより、アドベンチャークルーズは同じ場所でなく、様々な地域に立ち寄り、旅程もバラエティに富んだものになっています。観光客の賑わいを避け、ガイドをつけて自然を存分に楽しめるようにツアーを企画しています。ガラパゴスの小型船は12から100名の乗客を乗せます。一人一人のお客様が満足できるように気を配っています。


ガラパゴス諸島はイギリスの研究者チャールズ・ダーウィンの進化論によって有名となった場所です。13の火山島があり、95%のエリアがガラパゴス国立公園となりUNESCOの世界遺産に指定されています。

ガラパゴス諸島ではとてもユニークでエキサイティングな体験ができることでしょう。美しい自然はまるでジュラシック期のように原始的で、野生動物はこのエリア特有の種類が26種類もいます。世界中どこを探しても、このような環境は見つからないでしょう。

ガラパゴス諸島のベストスポット

ガラパゴス諸島にはたくさんの見どころがあります。以下にはその中でも選りすぐりのエリアについて記しました。

Baltra島 - ガラパゴス諸島で初めてできた空港がある場所です。アドベンチャークルーズの出発地、到着地となっています。

チャールズダーウィン研究所 - Santa Cruz島空港のPuerto Ayoraの近くにあるチャールズダーウィン研究所はアドベンチャークルーズの出発と到着地点となります。この研究所はインフォメーションセンター、図書館、博物館、カメの産卵所があります。

Tortuga湾 - Santa Cruz島に位置し、ブラックウミガメが産卵をすることで有名な場所です。美しい白い砂のビーチがあり、シュノーケリングを楽しむことができるスポットです。

El Chatoカメ保護区 - Santa Cruzに位置し、ChatoとCasetaの2つのエリアに分かれています。乾燥季には観光客がゾウガメが産卵している風景を見ることが許されています。

Floreana島 - ガラパゴス諸島の南に位置していて、”郵便局湾”と呼ばれる場所があります。昔、捕鯨船員が公式ではないながらも郵便箱を作り、いれた手紙が家に届くように願った場所でした。この島はフラミンゴとウミガメが見どころです。

Isabela島 - ガラパゴス諸島の中で一番大きい島です。この島は5つの新しい火山が合わさりあってできた島となります。北側には溶岩のフィールドと生い茂った森が広がり、南側には赤いマングローブが広がります。観光客に人気の高いエリアとなります。

ガラパゴス諸島アドベンチャークルーズのベストシーズン

ガラパゴス諸島は赤道に近いことから、あまり雨が降らず年間を通して観光が楽しめるでしょう。2つのシーズンに分かれていて温かく湿った季節が12月の後半から6月で、涼しく乾燥した季節は7月から12月前半となります。季節毎に様々な見どころがあります。1月から5月はミドリウミガメ、マリンイグアナ、ランドイグアナが産卵を始める季節です。6月はカリフォルニアアシカ、8月にはオットセイが産卵の時期となります。8月はプランクトンが発生し、海水の栄養素が高い時期です。海でシュノーケリングをしていると、アシカが顔を出して泳ぎすぎることでしょう。イルカやクジラは9月から11月にFernandina島近くで見ることができます。12月の暖かい季節になると、より野生動物の見れる種類や頻度が増すでしょう。鵜やペンギン、フラミンゴも1年を通して見ることができます。

ガラパゴス諸島アドベンチャークルーズは大変人気の高いツアーとなっていますので、早めの計画と予約することをお勧めします。

ガラパゴス諸島へたどり着く方法s

ガラパゴスにはエクアドルから乗り継ぎするのが一番便利でしょう。GuayawuilとQuito空港から国際線が出ています。LAN航空、Tame航空、Avianca航空を利用できます。Quitoから乗り継ぎしてくる場合は、数日の余裕を持ちましょう。火山の影響により、遅れが出る可能性があるからです。

ガラパゴス諸島アドベンチャークルーズはどこから出航?

ダイブクルーズのツアーは通常San CristobalかBaltra島から出航します。エクアドルの国際空港(QuitoかGuayaquil)から国内線でSan CristobalかBaltra島に乗り継ぐことができます。少数のクルーズボートはエクアドル本土から出発しますが、ほとんどはガラパゴス諸島からの出発が多いでしょう。

ガラパゴス諸島アドベンチャークルーズに参加するにあたって

ガラパゴス諸島アドベンチャークルーズに参加するにあたっていくつか注意事項があります。いつ予約するか、何日間の旅程を選ぶか、いつ行くかなど決めることが準備ではたくさんありますね。

計画/予約は早めに - ガラパゴス諸島アドベンチャークルーズは小型船のツアーで、大変人気が高くなっています。すぐに予約が埋まってしまう場合があるので、早めに計画を立てて予約をすることをお勧めします。6か月前には予約をするようにしましょう。直前の予約もキャンセルが出るおかげで不可能ではなく、休めの値段で参加することもできます。ただ、空きがでる保証はないので注意しましょう。

早めの到着を心がけて - 火山の影響で飛行機の遅れが出ることもしばしばあります。クルーズボートが出航する1日前には港近くに到着する余裕を持つことをお勧めします。

自分に合ったプランを選ぼう - 小型船クルーズボートにはいろいろな種類や旅程がありますが、すべて参加者が満足できるように入念に企画をしています。どの旅程を選んでも、忘れられない思い出になることは間違いないでしょう。アドベンチャークルーズは4日間と短いものもありますが、ほとんどが8日間の長さのものです。より長い旅程のプランはガラパゴス諸島の美しい自然や野生動物を余すことなく観光ができるので、お勧めをしています。

パッキング - いくつか必需品がありますので、お忘れないように。ハイキング/ウォーキングシューズを持ってくることで快適に海岸を歩いたり、トレイルをハイキングできます。ウォータープルーフタイプのサンダルも持ってくると良いでしょう。ビーチを歩くのに適しています。服装は軽装で構いません。雨合羽、サングラス、帽子、薄いジャケットを持ってくると便利でしょう。クルーズでのディナーなどはあまりドレスアップをせずにスマートカジュアルでOKです。

シュノーケリング装備 - ガラパゴスのクルーズヨットでシュノーケリング装備を借りることはできますが、自分のものを持ってくることで快適に過ごすことができるでしょう。ウェットスーツを借りたい場合には追加料金を支払う必要があります。水温が冷たい場合や肌を守りたい場合には役立つでしょう。

ガラパゴスへ旅行をするにあたって - 6か月間以上有効期限があるパスポートを持っていきましょう。エクアドルに入るのにビザが必要かは国籍によって変わってきます。現地の通貨はアメリカドルです。100ドル札は受け取ってくれない場合があるので、細かめの札を持っていきましょう。クレジットカードも広く使われています。チップなどに必要なのでキャッシュも忘れずに。

ガラパゴス諸島アドベンチャークルーズに興味がある方はぜひ我々の予約係にご連絡ください!


ガラパゴス諸島 レビュー

  • 9.1 特上の
  • 5 実際の旅行者による 件のレビュー