タイの中のリブアボード・ダイビング

タイでのダイビングでは、スキューバダイバーは比較的簡単・快適に、アンダマン海の緑豊かな水中生活を体験することができます。

タイのダイビングクルーズは、生き生きしたサンゴ礁、魚の群れ、バラクーダ、ジンベイザメ、オニイトマキエイなどダイバーを誘惑するのに十分なものがありますが、タイの食べ物、人、風景はさらに旅をスペシャルなものにします。タイは、ダイバーや東南アジアを愛する人に世界的な人気があります。そのような人々が毎年リターンし、手頃な価格のダイビングクルーズへ出かけるのは不思議ではありません。タイは世界でも有数のダイビングスポットが満載です。

最も人気のある地域は、タイ湾にあるタオ島(Koh Tao)とサムイ島(Koh Samui)、アンダマン海(Andaman Sea)にあるピーピー諸島(Koh Phi Phi,)、ランタ島(Koh Lanta)とプーケット(Phuket)です。タイのダイビングサイトには、サンゴ礁、深いドロップオフ、難破船、ウォール、洞窟、トンネル、小尖塔、オーシャンアドベンチャーなどがあります。タイの’コーラル・トライアングル(Coral Triangle)’の端に位置していることから、海洋生物は非常に多様で、サンゴはとても生き生きしています。


シミラン諸島では、ドラマティックな水中地形と、豊富な海洋生物を見ることができます。シミラン諸島のタイ本土へのアクセスのよさはタイをダイビングに最適な国にします。タイ本土でPADIオープンウォーターカードを獲得したら、シミラン諸島(Similans)や南にあるピーピー島(Koh Phi Phi)、ライプ島(Koh Lipe)、ムコランタ国立海洋公園(Koh Lanta National Marine Park)などへの日帰り旅行や、ショートダイブサファリのオプションをチェックしてみましょう。

タイにおけるライブアボードの行き先

シミラン諸島(Similan Islands)でのダイブクルーズは、タイのダイビング体験の頂点です。洞窟やアーチを持つ巨大な花崗岩では、シャーク・ダイビング、魚の群れ、巨大なウミウチワ(huge sea fans)、世界クラスのレベルの生物種の生息を見ることができます。エレファントヘッドロック(Elephant Head Rock)、ウェストオブシックス(West of Six)、クリスマスポイント(Christmas Point)は、20以上のダイビングスポットのほんの一部です。 シミランでのスキューバダイビングの難易度は様々ですが、特定の地域の潮流は経験豊富なダイバーにより適しています。緑豊かで白い砂のビーチが9つの島を繋ぎ、水上からの眺めが形成されています。

リシュリューロック(Richelieu Rock) でのダイブクルーズは、あなたをタイの’遠洋生物の首都’に連れて行きます。海から突き出したこの石灰岩の頂点の周りには、水面近くにプランクトンが豊富におり、リシュリューの有名な紫色のソフトコーラルやウミウチワの間に隠れたマクロ生物はもちろん、ジンベイザメ、マンタ、バラクーダなどを見ることができます。強い潮流のため、経験豊富なダイバーにお勧めです。 シミラン島国立公園の中にあるタチャイ島(Koh Tachai)とボン島(Koh Bon)は、多くの場合リシュリューへ向かう途中で訪れることができ、多くの遠洋岩や、メガネモチノウオ(Napoleon Wrasse)、さらにはマクロ生物を見ることができるナイトダイビングを提供しています。

アンダマン諸島(Andaman Islands) でのライブアボードツアーはタイのダイビング(SimilansとRichelieu)の主要部分が含まれていますが、それには止まリマセン。これらの旅行のもう一つのハイライトは、ダイバーでもノンダイバーでも楽しめる緑豊かなスリン諸島(Surin Islands)です。ここには、タイで最高のハードコーラルの多様性があるもちろんのこと、小さな入江のビーチ、野生生物、シュノーケリングスポットなどがあります。もう一つの素晴らしいアンダマン海のダイビングエリアは、1990年代後半にダイバーへ開放された、ビルマ(Burma)のメルギー諸島(Mergui Archipelago)です。その生き生きとした生態系は、巨大な遠洋生物から小さなマクロ生物まであらゆる生物をカバーしています。経験豊富なダイバーは、 遠隔地を訪れる1週間のノースアンダマンの旅程が最適です。そこでは、潮流とオープンウォーターを楽しむことができます。

ノースアンダマンのライブアボードは、10月から5月にかけて最高の透明度と水面状態を実現します。水温は平均して27℃から30℃です。通常、ノースアンダマンのライブアボートの旅程は、旅程の長さに応じてシミラン諸島、リシュリューロック、スリン諸島、時には南ビルマへの訪問が含まれています。

南アンダマン海でのライブアボードのダイビングは、プーケットの正面玄関から多くのサービスを提供しています。 ヒンデーン(Hin Daeng)ヒンムアン(Hin Muang)の海中のピナクルはアネモネ、海綿、ウミウチワのカーペットで覆われており、そこへはジンベイザメやオニイトマキエイが定期的に訪れます。経験豊富なダイバーは、このピナクルの周りを旋回する潮流に最も適しています。南アンダマンのライブアボードもまた、ハ島(Koh Ha)とロク島(Koh Rok)を訪れます。これら無人の白い砂の島は、タイ国内で最も保護されているサンゴ礁の1つを提供しています。南アンダマン海では、プーケットとピーピー島でのダイビング認定コースが提供されるため、エントリーレベルのダイバーは適所を見つけることができるでしょう。

南アンダマン海のライブボードの旅程は2〜6泊の範囲で、エントリーレベルのダイバーは、より熟練の愛好家と一緒にライブアボードを体験する機会が与えられます。予算は1泊あたり約150〜400ユーロでありボートはM/VまたはS/Vのダイビングのヨットです。旅行は通常4月から10月にかけて開かれ、プーケットのシャロン湾(Chalong pier)や、ハジャイ(Hat Yai)の町の近くのパクバラ港(Pak Bara pier)から出発します。

タイ国内でのさらなるダイビング情報

タツノオトシゴからサメまでのすべてを揃えているピーピー諸島のサンゴ礁と石灰岩の斜面での潜水。

北アンダマン海へ行く途中のカオラックでのレックダイブ。

タチャイ島ではリシェリュー-ダイブを行っており、マンタ、ジンベイザメ、マグロ、そして水中の地形を楽しむことができます。

ボン島(Koh Bon)は最高のマンタサイトですが、リーフシャークやマクロも混在しています。

ヒンデーン(Hin Daeng)とヒンムアン(Hin Muang)にある、垂直の崖の上や周辺の海洋生物の豊富さはあなたは迷子にさせるかもしれません。

船内に住み部屋のドアの外に出ればダイビングができるので、1日のダイビング回数を最大化できます。

出発港とそこへの行き方

ノースアンダマンの船旅は、通常カオラックまたはプーケットから出発します。プーケットへのアクセスは、バンコクから1時間のフライト、またはクアラルンプール、香港、シンガポール、その他の東南アジアの都市からの直行便もあります。また、プーケットへはタイ国内の電車、バス、車でもアクセス可能です。ハジャイ(Hat Yai)へは国内線または国際線(クアラルンプール発)をご利用いただけます。タイ国内、さらにはマレーシアからも列車とバスが運行しています。カオラック(Khao Lak)へは、バンコクからプーケットに向かう夜行バスでも行くことができますが、バスがカオラックで降りることができるルートであるかを確認してください。

カオラック(Khao Lak)へは、プーケットから南に向かって車やバスで約70キロ、簡単にアクセスできます。移動時間は約1時間です。また、カオラックには空港がありません。エントリーレベルのダイバーにとってカオラックは、シミラン諸島に近いことから、PADIオープンウォーターコースとアンダマン海のタイ一流のダイビングスポットへの日帰り旅行を組み合わせることができるため、最適な場所と言えるでしょう。

プーケットで時間を過ごすダイバーは、ナイトライフ、食べ物、 陸上のツアーオプションを利用できることはもちろんのこと、シャークポイント、キングクルーザーの難破船や綺麗なサンゴ礁へも訪れることができます。もしあなたがプーケットまたは近隣(ピーピー諸島、ランタ島)でダイビング認定旅行を計画している場合は、PADIオープンウォーターコースに最適な場所でもあります。

旅行に最適な時期

タイは一年中ダイビングに最適です。しかし、タイ湾での最大のダイビングシーズンは5月から9月までで、アンダマン海では10月から4月までです。タイの水温は28℃〜30℃です。タイの水域での透明度は平均して30mの範囲です。潜水深度はダイビングスポットによって異なりますが、通常の場合36mを超えないようにしてください。潮流は通常穏やかで、全体的に気温は高く高湿度です。


タイ ダイビングレビュー

  • 9.1 特上の
  • 236 実際の旅行者による 件のレビュー