メルギー群島の中のアドベンチャー・クルーズ

メルギー諸島のクルーズでは、孤立した熱帯の海や、白い砂浜、自給自足の狩猟採集民の文化、エキゾチックな動物が多く住む緑豊かなジャングルがある時代へ行くことができます。ミャンマー(ビルマ)のメルギー諸島へのクルーズは、アンダマン海(インド洋の北東の角)にある800の島の楽園を冒険する一番の方法です。

メルゲイ諸島のクルーズでやるべきこと

Lampi National Parkランピ国立公園 - ランピ島なしではメルギー諸島のクルーズは語れません。ランピ島と近隣の島々は国立公園であり、熱帯常緑樹の森林や、マングローブ、砂丘、ビーチ、海洋水域のなかに住む数千種の希少生物が保護されています。 ランピ島のクルーズのハイライトの一つとして、古いマングローブの林をカヤックで通り抜けることができます。沖合いのタール・ヤール島では、透き通った水に飛び込むことができ、鳥のホーンビル(Hornbill)や人里離れたモーケン村(Moken village)だけではなく、コ・ファウト(Ko Phawt)ではさらに多くのマングローブがあります。

Boulder Islandボルダー島 - メルギー諸島のボートクルーズの旅程には、この島で最大2日間を過ごすものもあります。ボルダー島では、5つの魅力的なビーチが目を引き、沖合の長いのサンゴ礁はシュノーケリングに最適です。島の内部には複数のハイキングコースがあり、そのうちの1つに、島と周辺の海を見下ろすことのできる壮大なパノラマのイーグルロック(Eagle Rock)があります。この場所は、カヤックやパドルボードにも最適です。

ニャウン・ウー島(Nyaung Wee Island) (ブダ島(Buda Island)) - ランピ地区の南にある小さなニャウン・ウー島では、狩猟採集社会に住むことはどのようなことか想像ができる、モケン村を訪れます。モケンの人々は、しばしば水上の家に住み、海中が見えやすくなる目の保護膜を発達させるために、海で泳ぐことに慣れようとする人もいます。ニャウン・ウーでは、地元の子供たちと遊んだり、奥地の景色を楽しむことができます。

グレート・スウィントン島(Great Swinton Island) - メルギー諸島の遠征クルーズでは、グレート・スウィントン島で停まり、地元の滝からの淡水を補充し、メルギー諸島で最も長く美しいビーチのひとつを訪れます。またビーチだけではなく、移住から村人を守るために建てられた仏教の修道院や、地元の子供たちに対して運を試すことを歓迎する村の玉突き台などがあります。

Jar Lann Kyun (Lord Loughborough)島 - Lord Loughborough島を訪れるメルギー諸島周辺のクルーズでは、青々としたジャングルを背景にしたモケンの村を見ることができます。ここの地方の居住地は漁師たちが船に乗っていて忙しいことが多く、興味深いでしょう。ここには、クルーズがアンカーかもしれない劇的なフィヨルドがあり、近くのマングローブでは、サイチョウ(Hornbills)を見ることができます。

メルギー諸島のクルーズでのアクティビティは、リラックスとアクティブの完璧な組み合わせを提供します。体を動かしたい場合は、ジャングルやビーチのトレイルをハイキングし、パドルボードやカヤック、シュノーケルをし、さらに地元の村へ訪れることもできます。リラックスしたい場合は、ビーチで横たわったり、一日ハンモックでのんびり過ごしたり、デッキチェアで眠ったりすることができます。また、夜にはこれまでに見たことのないような素晴らしい星空を眺めることができます。

メルギーの哺乳類 - メルギー諸島のジャングルにはカリスマ性のある野生動物が溢れています。テナガザルのようなサルは、訪問者のお気に入りのひとつです。さらに豪華な、淡い灰色の毛皮とエレガントな白い縁の目を持つシロマブタザル(Dusky Langur)もいます。デュゴンはミャンマーの水域にまだ住んでおり、生息地が破壊されている他の国では見れることは稀です。非常に絶滅の危機に瀕しているセンザンコウは、メルギーではまだ繁栄しています。地元のカワウソやシカもいます。

メルギーのバードライフ - 小型船クルーズでミャンマーのメルギー諸島の周辺を巡るときに見ることができる熱帯の鳥たちは、あなたが想像する通りのカラフルで奇妙な形をしています。ムジシワコブサイチョウ(Plain-Pouched Hornbill)の群れや、海に浮かぶ複数のワシの種類、赤い羽飾りのカンムリシャコ(Crested Partridge)、カラフルなカワセミや、現地ではハミングバードの名前をもつタイヨウチョウを楽しむことができます。

メルギー諸島のクルーズに最適な時期

メルギー諸島のクルーズを楽しむのに最適な時期は、11月から4月です。セーリングなどのモーター動力以外の経験をしたい場合は、風が安定することから12月から2月にかけてが最適です。 シュノーケリングには3月と4月が最適です。

メルギー諸島のクルーズの出発地

メルギー諸島のアドベンチャークルーズは、コータウン(Kawthaung)から出発します。オペレーターが、コータウン空港か港から、船への送迎を手配している可能性があります。一部のクルーズのオペレーターは、コータウンから川を渡ってすぐのタイの都市ラノーン(Ranong)であなたをお迎えします。ラノーンからは、コータウンへはボートに乗ってわずかです。

ミャンマーの首都ヤンゴン(乗換一回)またはダウ(直行)からコータウン(Kawthaung)に飛ぶことができます。ラノーンを経由してミャンマーに入る場合は、バンコクからラノーンまで飛ぶことも、プーケットからバスに乗ることもできます。東南アジアのこの地域への国際線を使用する場合、ラノーンとバンコクが最良の選択肢であり、世界の多くの航空会社が運行しています。

ミャンマーのメルギー諸島への次のアドベンチャークルーズの予約のために、ぜひ私たちの予約チームにご連絡ください。