ミャンマーの中のアドベンチャー・クルーズ

ほとんどがまだ未開で保護されているミャンマーのメルギー諸島には、クルーズで楽しめる魅惑的な海や熱帯の島々があります。

ミャンマー(ビルマ)のクルーズでは、タニンダーリ(Tanintharyi)地域の南部に位置する素晴らしいメルギー諸島を訪れます。

ここはメイ諸島(Myeik Archipelago)としても知られており、およそ800の島々があり、その多くは無人であり、アンダマン海とインド洋の輝く海に点在しています。


ミャンマーのクルーズで訪れるべきエリア

ミャンマー(ビルマ)周辺を巡る小型船でのクルーズは、この栄光あるエリアを満喫するのに理想的な方法です。野生動物との出会い、文化的交流、リラクゼーション、多様なアクティビティを組み合わせると、ミャンマー(ビルマ)でのセーリングでできる人気のものには次のようなものがあります。

メルギー諸島(Mergui Archipelago) 白いビーチが大好きな人、水中探検や冒険を愛する旅行者、野生生物の観察が好きな方、熱心な写真家への魅力が溢れたメルギー諸島の周辺のクルーズでは、往年の冒険者にならって、外部からの影響が比較的少ない場所を探検することができます。

グレート・スウィントン島(Great Swinton Island) - ミャンマー(ビルマ)のボートクルーズで一般に訪れる島はグレートスウィントン島です。 Kyun PilaとKyun Phi Latとしても知られ、この諸島の中で最も長い海岸のひとつを誇ります。ここには小さな漁村があり、地元の住民はあなたをフレンドリーな笑顔で迎えてくれるでしょう。

ミャンマーのクルーズの出発地

ミャンマー(ビルマ)には観光客が使用する主要な国際空港が2つあり、1つは旧首都のヤンゴン(RDL)ともう1つはマンダレー(MDL)です。ミャンマー(ビルマ)のクルーズは、通常、コータウン(Kawthaung)または隣接するタイのラノーン (Ranon)(旧称Victoria Point)から出発します。コータウンには国内線の空港があり、ミャンマー(ビルマ)に国外から飛行する方に最適です。タイに飛んでラノーン とコータウンの国境を越えることも可能です。クルーズがラノーンから出発する場合は、タイに飛ぶ必要があります。タイには良好な公共バスのネットワークがあります。また、ラノーン空港(UNN)への国内線での移動が可能です。


ミャンマー レビュー

  • 8.4 とても良い
  • 1 実際の旅行者による 件のレビュー