コスタリカの中のアドベンチャー・クルーズ

コスタリカの熱帯雨林と海岸線はマヌエル・アントニオ国立公園の中で最も生物多様性の高い地域のひとつです。自然愛好家の楽園と言えるでしょう。

コスタリカのクルーズでは、美しい海岸線にある人里離れた自然のままのスポットを探索することできます。コスタリカの海岸には、多くの素晴らしい国立公園や野生動物の住処があります。これらの公園には、巨大な熱帯雨林があり、サルやトカゲ、オウムなどの野生動物が生息しています。ここの熱帯雨林の大部分は乾燥しており、ハイキングや写真撮影に最適です。多くの人々が、穏やかで透き通ったサンゴが豊かな海を求めて、コスタリカのクルーズを選択します。

コスタリカは、素晴らしい海洋生物とサンゴ礁とウォータースポーツができる場所であり、多くの魚やカメと一緒にシュノーケリングやスキューバダイビングを楽しむことができます。パドルボーディングやカヤックもとても人気があり、アクセスしにくい場所へ行くことができます。もし、リラックスすることがあなたの旅行のスタイルであるなら、長い静かなビーチでのんびりしたり、日没を楽しみながらデッキでドリンクを飲むこともできます。


コスタリカのクルーズのおすすめのエリア

コスタリカで最も生物多様性が高い公園である マヌエル・アントニオ国立公園(Manuel Antonio National Park)は1つに全てが集まっているような場所です。熱帯雨林が公園全体に広がっており、7km四方以下の広さにもかかわらず、100種類以上の動物や、さまざまな種類の鳥が生息しています。森の中にいるナマケモノ、イグアナ、オマキザルを探してみましょう。鳥が好きな場合は、明るい色のツッカーノ、インコ、タカを探しに木々をよく観察してみましょう。

コスタリカに住む生物種の約半数は、オサ半島の コルコバード国立公園(Corcovado National Park) に生息しています。木々の上には、オウムやトゥッカーノの間に、ナマケモノやサルがいます。地上には、面白い見た目のバクや、アリクイに注意してみましょう、また、もしラッキーであればオセロットやマーゲイも見られるかもしれません。vオサ半島(Osa Peninsula) のクルーズに乗ることの利点の1つは、海洋生物にも出会えるチャンスがあることと同様に、ボートを降りてイルカと一緒に泳げることにあります。マナティーはマングローブの沼地でも見ることができ、マングローブの湿地は小型ボード探索できます。水面下に潜んでいるワニに注意を凝らしてください。

ゴルフォ・ドルチェ(Golfo Dulce)は、トレイルから少し離れたところにあります。トレイルコースのすぐそばにはボートがあり、小型船クルーズに最適です。比較的隔離された環境のおかげで、ここの熱帯雨林には先住民の人々も多く住んでいます。ゴルフォ・ドルチェは、コスタリカで最も生物多様性の高い海域で、ウォータースポーツができるトップスポットでもあります。サーフィンはとても人気で、特に世界で2番目のレフトハンドブレイクを誇るパヴォネス(Pavones)は特に人気があります。

コスタリカのニコヤ半島(Nicoya Peninsula)は野生生物が多くいますが、クル国立野生生物保護区(Curu National Wildlife Refuge) は、本当に特別な場所です。この地域は、ここに住むサル、アライグマ、ヘビの環境を保つ目的で保護されています。また、とてもフレンドリーな白い尾のシカがビーチを散策しているのを見ることができます。またここはシュノーケリングで有名な場所でもあり、夜のシュノーケルにて、ビーチで輝く生物発光を楽しむことができます。最高の場所の一部はボートでしかアクセスできないので、クルーズに乗れば少人数で訪問が可能です。

アドベンチャーとウォータースポーツのためにコスタリカを訪れる人はトルトゥーガ島(Tortuga) は見逃せません。この島はカヤックやシュノーケリングで知られており、多くの人がカヤックをしながらシュノーケリングをしています。ダイバーはまた、アカエイ、リーフシャーク、ハシナガイルカなどの海洋生物を楽しむことができます。陸上には、素晴らしい景色とリラックスした島の雰囲気があり、素敵なバーとレストランもあります。冒険的な方々のためには、素晴らしい景色を見ながら木々の上を通過するジップラインがあり、あなたのクルーズにスリルの要素を少しだけ追加できます。

コスタリカのクルーズに最適な時期

コスタリカにはドライ・シーズンとウェット・シーズンの2つの主要な時期があります。 1月から4月のコスタリカは乾燥しており探検には最適です。島のほとんどの場所はアクセス可能で、海の状態は素晴らしいです。この時期は多くの訪問者がコスタリカに訪れるため、可能な限り早く計画を立てて予約することが賢明です。静かな時に訪問したい場合は 、5月と6月がおすすめです。夕方は少し湿気がありますが、静かな時期を望む場合は行くべきタイミングです。 7月と8月はさらに少しだけ湿気が出てきますが、巣を作るウミガメを見たい場合は、この時期に数千匹が通るのを見ることができるでしょう。

コスタリカへの行き方

コスタリカ国内へ向かいたい人のために、コスタリカにはサンホセ(San Jose)とダニエル・オドゥベール(Daniel Oduber)の2つの国際空港があります。2つのうちサンホセは大きい方で、米国とヨーロッパからの便が到着し、クルーズが出発するカルデラ港(Caldera)とプンタアリーナ(Punta Arenas)まで、車で1時間半から2時間です。ダニエル・オドゥベールは、車で3時間ほどのところで少し離れており、到着するフライトはあまりありません。ここのフライトのほとんどは米国からの便です。

コスタリカのクルーズはどこから出発地

コスタリカの多くのクルーズは、国際空港から簡単にアクセスできるサンノゼの近くのカルデラ港(Caldera)とアレナス港(Arenas)から出発しています。エラドゥーラ(Herradura)から出発する少数のカタマラン、特にそれらはトルトゥーガ島(Tortuga)に行きます。いくつかのクルーズではコスタリカからパナマまたはその逆に方向へも運行します。パナマから始まるパナマとコスタリカのクルーズは、パナマシティ近くのフラメンコマリーナ(Flamenco Marina)から出発します。一方、コスタリカからのクルーズは、サンホセ(San Jose)で始まります。空港から港まで、タクシーで行くことは可能ですが、シャトルバスを事前予約する方がお手頃に行くことができます。

コスタリカのクルーズのヒント

コスタリカのクルーズでは、文化的経験から熱帯雨林の上のジップラインまで、あらゆる興味に合わせて様々なアクティビティを体験することができます。しかし、活動によってはある特定の時期が適している場合があります。例えば、シュノーケリングは、太陽が輝いていて水が一貫して穏やかな1月から4月の間が最高です。しかしカメを見るためには、7月と8月が最適な時期であると考える価値があります。サーフィンを計画している場合は、4月から10月は最も波がうねり良い時期です。

持ってくるべき荷物は滞在する季節によって異なりますが、熱帯雨林を探索する場合は、一年のうちいつ訪れるのにも暖かい衣類や防水着が必要になります。コスタリカの日差しは非常に強くなることがありますので、屋外で多くの時間を過ごせるように、帽子の着用やサンクリームの使用をおすすめします。海の中では多くの生物を見ることできるので、ご自身のシュノーケリング用具をお持ちすることをおすすめします。ほとんどのクルーズはシュノーケルセットを提供しますが、自分のものを使用する方がより快適でしょう。

ほとんどの国の方が事前にビザを準備する必要がないため、コスタリカへの入国はかなり簡単です。 6ヶ月間有効なパスポートと、500ドル以上のお客様の銀行残高の証明か、現金が必要です。税関を通過する前に宿泊施設を予約する必要があるため、ご到着前に宿泊施設を手配するようにしてください。現地通貨はコスタリカ・コロンですが、米ドルは広く受け入れられています。コスタリカ国外での両替は高価なので、現金を持参し国内で交換するのが最善です。

ぜひコスタリカのさまざまなクルーズの旅程を見て、私たちの予約チームに連絡してください。次の旅行について話し合いましょう。


コスタリカ レビュー

  • 8.4 とても良い
  • 2 実際の旅行者による 件のレビュー

Origin: US