コモドの中のアドベンチャー・クルーズ

インドネシア内でもコモド島のクルーズは、乾燥した気候や風景から神話に近い野生動物に至るまで、ユニークな体験を提供します。バリ島とロンボク島の青々とした島々とは異なり、コモド島は乾燥した丘陵地帯で、サバンナのような茂みに覆われ、その海岸は荒々しく急激な流れと激流に囲まれており、これらはこの島の最も有名な居住者であるコモドドラゴンのための確かな魅力になっています。コモドはやや人目を寄せ付けないような外見であるにもかかわらず、たくましい漁師の小さな村に居住しています。この有名なトカゲに加えて、コモドクルーズでは鳥類、大型哺乳類、海洋生物とも出会うことができます。

コモド島でやるべきこと

コモド島はその有名なトカゲで最もよく知られていますが、インドネシアの島々の中でもユニークな風景を見たり、世界で最も美しいサンゴを探検したり、地元の村人と出会うえる機会があります。

コモド国立公園 は、1700平方kmをカバーしており、コモド島、リンチャ島(Rinca)、パダール(Padar)の島々、さらに数十の小さな島々があります。この地域は1980年に国立公園となり、1991年にはユネスコの世界遺産に登録されました。ガイドと一緒にビジターは、公園内の乾燥した険しい風景を見ながら、世界で最大のトカゲである有名なコモド・ドラゴンを見ることができます。また、この公園には、ティモール鹿(Timor deer)、ブタ、野生のバッファローなどの大型哺乳動物や、キバタン(sulfur-crested cockatoo)、ジャングルのニワトリ、シロハラウミワシ(white-breasted sea eagle)などの150種類以上の鳥類が生息しています。一方、サンゴ礁には、カクレクマノミやパロットフィッシュから、時々はウミガメやオニイトマキエイまで、海洋生物が豊富に住んでいます。

コモドドラゴンは、コモドへのセーリング旅行のハイライトであることは間違いありません。世界で最大のトカゲであるコモドドラゴンは、3mと90kg以上に成長することができ、1回の食事で体重の半分の重さを食べることができます。ドラゴンは主にヤギ、ブタ、シカなどの大きな哺乳動物を食べます。このドラゴンは典型的には太陽の下でのんびりしているところが見られますが、人間を追い抜くことができると知られています。 コモド島とリンチャ島(Rinca)の両方を含むコモド島のクルーズでは、トカゲを見ることができる機会が2回あるでしょう。コモド島には現在1700匹、リンチャ島にが2000匹のドラゴンがいて、パダールにはほとんどいません。

ペンタイ・メラ(Pentai Merah) または”レッドビーチ”は、赤い珊瑚の粉によるその砂のピンク色の色彩から名付けられています。コモド島の浜辺に位置するペンタイ・メラは、島のドラゴンと出会った後にリラックスするのに最適なスポットです!ビーチは、スイミング、カヤック、パドルボーディングなど、多くの島のアクティビティの玄関口です。島はまた、世界で最もホットなシュノーケリングスポットの一つとして知られている、”コーラルトライアングル”の真ん中に位置しています。波の下に潜れば、タツノオトシゴ、ウミヘビ、オニイトマキエイなど、サンゴと海の生物の魔法の世界へ出会うことができます。

コモド島と リンチャ島(Rinca) には村々が現存しており、インドネシアの豪華クルーズでは、世界中で唯一ドラゴンと一緒に住む人たちと交流する機会を得ることができます! コモド島の漁村カンプンコモドにある家の多くは、好奇心いっぱいのドラゴンの手の届かないところに建てられています。村では手作りの工芸品を購入し、地元の人々の生活を身近に見て楽しむことができます。

コモド島への訪問のヒント

水中用のカメラがあれば、コモドのサンゴ礁に沿った海中の宇宙を撮影しましょう。コモド島のクルーズにはかなりの量のトレッキングが含まれているので、ウォーキングシューズを着用してください。島は非常に乾燥しており日陰がほとんどないため、多くの日焼け止めと水を持っていきましょう。

すべてのコモド島のクルーズには含まれていませんが、パダール島(Padar Island)では多くの低い山の頂点までのトレッキングをすることができます。カメラを持参し東ヌサ・テンガラ(East Nusa Tenggara)地域周辺の島々のパノラマの景色を撮影しましょう。

コモド国立公園は禁煙エリアであることに注意してください。

コモド島をクルーズするのに最適な時期

コモド島は一年を通して訪れることができます。オーストラリアからの暖かい乾燥した風が吹くことから、この島はインドネシアの最も乾燥した地域です。それでも雨季があることから、前もって計画を立てることが不可欠です。

4月から11月にかけてのコモド島は天候が非常に乾燥し、気温が43℃に達する乾季です。

コモド島の雨季は12月から3月にかけてで他の島々よりも短く、1日の降雨量は少ない方です。1月と2月のコモド島は最も雨が降る月です。

コモドドラゴンの交配シーズンは7月から8月で、卵は4月から5月に孵化します。

コモド島クルーズの出発地点

ほとんどのコモド島へのインドネシアのアドベンチャークルーズは、フローレス(Flores)のラブアン・バホ(Labuan Bajo)、またはバリ島のアメッド(Amed)またはパダンバイ(Padang Bai )のいずれかから出発します。

あなたの小型船クルーズがバリから出発するのであれば、デンパサール国際空港とも呼ばれるバリ島のングラライ国際空港へ飛行し、インドネシアのクルーズの人気スポットで空港からブルーバードタクシーで20分の、サヌール(Sanur)のリゾートタウンへ行くことが多いでしょう。サヌールからは、シャトルバスでサヌールの北東約2時間にあるアメッド(Amed)またはパダンバイ(Padang Bai)へ行くことができます。

あなたのコモド島のクルーズがラブアン・バホ(Labuan Bajo)から出発する場合、ングラライ国際空港に飛んだ後に、バリからフローレス(Flores)へ飛んでください。

ングラライ国際空港(Ngurah Rai International Airport)は、インドネシアと東南アジア全域のフライトの主要な拠点です。ほとんどの主要航空会社がサービスを提供しています。

インドネシアのコモド島への次のアドベンチャークルーズを予約ために、ぜひ私たちの予約チームにご連絡ください。