ケイマン諸島の中のリブアボード・ダイビング

350以上のダイビングサイト、澄見切った水、30mの透明度、素晴らしい海洋生物など、ケイマン諸島にはスキューバダイビングの冒険が豊富にあります。

350以上のダイブサイトがあるケイマン諸島のダイビングクルーズは、これ以上素晴らしい場所はないと言っていいでしょう。これらのカリブ海の島々は、一年の間、毎日違った場所でダイビングができます。歴史的な難破船やカラフルなサンゴ礁、フォトジェニックな海洋生物の壁に覆われたこの3つの島は、世界トップのダイビングの目的地のひとつとして広く知られています。

カリブ海の暖かく透き通った水 ケイマン諸島 は陸上と海中の両面の素晴らしい自然の美しさで知られています。グランドケイマン島、ケイマンブラック島、リトルケイマン島の3つの島で構成され、これら違ったタイプの3つの島々を、ライブアボードのダイブクルーズで探索することができます。要求の厳しいダイバーの方であっても喜んでいただけるでしょう。


列島の並外れたダイビングは、その独特な地理に基づいています。3つの島はケイマンリッジ(Cayman Ridge)として知られている海底山脈の露頭となっています。切り立った垂直降下が、その島のウォール・ダイビングが有名な理由です。周辺には河川が無いため水はカリブ海で最も澄んでおり、透明度は少なくとも30m、しばしば45mを超えます。ライブアボードで訪れる島のダイビングサイトの多くは、公園保護の下にあり、驚異的な豊さの活発な海洋生物がいます。魚はダイバーを恐れず、忘れられないほどの近さで出会うことができるでしょう。

カイマン諸島のダイブクルーズトリップ

ケイマン諸島のライブアボードでダイビングすることで、贅沢さ・快適さ・安全性のもと、3つの島が提供する最高レベルの体験を得ることができます。ライブアボードの旅程では、カリブ海で最高のダイビングサイトを探検しながら、8日間、広々とした33mの高級ヨットであなたの家のようにくつろぐことができます。

ダイビングツアーは無限のダイビングを提供しますが、’ノーデコリミット(no-deco limits)’以内に滞在すると、旅行中に平均25回のダイビングを記録できます。昼間のダイビングに加え、夜のダイビングも含まれています。最低のダイビング要件はありませんが、ダイバーは、繊細な海洋生物に影響を与えずにスイムスルーやウォールをナビゲートするための、十分は中世浮力(buoyancy)を有している必要があります。ケイマン諸島は、スキューバを始めた初心者でもダイビングのベテランでも楽しめるあらゆるレベルの経験者のための場所です。

ケイマン諸島のライブアボードは、グランドケイマン(Grand Cayman)にある首都ジョージタウン(George Town)から出発します。天気が許せば、ロシアの駆逐艦(キース・ティベッツ, Keith Tibbets)、スティングレイ シティ(Stingray City)、ノース・ウォール(North Wall)、ブラッディ・ベイ・ウォール( Bloody Bay Wall)などの島々やダイビング・サイトを訪れることができます。

ケイマン諸島では、一年中、素晴らしいライブアボードのダイビングを行うことができます。すべてのダイビングのニーズはダイビングヨットで満たされ、アメニティには、パーソナルギアロッカーや、エア/ナイトロックスの充填ステーション、リンスタンク、低圧エアーホース付きのカメラテーブル、新鮮な暖かい水の2つのシャワーが備え付けられた大きな水泳プラットフォームが含まれます。ウェイトベルトとタンクが含まれており、追加のギアは有料ですが利用することができます。

いつ行くべきか

ケイマン諸島では1年中ダイビングを楽しむことができますが、5月と6月はダイビングの条件が良く最高の時期となります。この期間の平均水温は約27〜30℃です。

ダイブサイト&ケイマン諸島のエリア

キティウェイク(USS KITTIWAKE)グランドケイマン - 1994年に廃止された元潜水救助船USS キティウェイク(USS Kittiwake)の難破船は水中に沈んでいますが、水がクリアなため海面から見ることができます。その人工岩礁には海洋生物が住んでおり、ジンベイザメを時々見ることができます。

トリニティケーブス(TRINITY CAVES)グランドケイマン - サンゴに覆われた3本のスイム・スルーでは、メインのサンゴ礁の中を進み、周囲の光に囲まれます。ここの海洋生物はとても豊富であり、群で泳ぐトウゴロイワシ(silversides)や、カラフルなアオブダイ(parrotfish)、優雅なトビエイ(eagle rays)などを見ることができます。

ブラッディ・ベイ・ウォール(BLOODY BAY WALL)リトルケイマン - この保護された海洋公園は、海の世界が提供する、最も美しいウォールダイビングの1つです。壁は海洋生物に覆われ、花瓶型やチューブ型の海綿生物は、カラフルでダイナミックな景観を形成します。タツノオトシゴや、サメ、イタヤラ、ウナギ、カメなどは、ここで見ることのできる海洋生物の一部です。

ビッグトンネル(BIG TUNNELS)グランドケイマン島(Grand Cayman) - 島の西側にあり、地元のダイバーやライブアボードのお客様に好評な場所です。主な見どころは、海深いカラフルなサンゴと海綿生物で飾られた大きなトンネルのようなアーチです。より深いところではターポン(tarpon)を頻繁に見ることができます。

スティングレイ・シティ(STINGRAY CITY)グランドケイマン - 美しい浅い砂浜がありフレンドリーな南大西洋のスティングレイは、ダイバーにとって忘れられない場所となるでしょう。

ノース・ウォール(NORTH WALL)グランドケイマン - 世界で最も優れたウォールダイビングを体験できるノース・ウォールは、切り立った垂直降下と美しいサンゴ礁の構造で有名です。サンゴ礁に住む魚(reef fish)、ミドリガメ (turtle)、コモリサメ(nurse sharks)、トビエイ(eagle rays)のさまざまな隊列を見ることができます。より深い方へ視線を向けて見ると、時には大きな海洋生物や、ハンマーヘッド・シャーク(hammerhead shark)などを見ることができるかもしれません。

旅行者へのヒント

ケイマン諸島でのライブアボードダイビングでは最小ログのダイビング要件はありませんが、ダイバーは繊細な海洋生物に影響を与えないように、十分な中性浮力(buoyancy)を有していなければなりません。保険が旅行とスキューバダイビングの両方に対して十分であるかどうかを確認してください。

ケイマン諸島の公式通貨はケイマン諸島・ドル(KYD)ですが、米ドルは島のほぼどこでも広く受け入れられています。島の公用語は英語で様々なアクセントで話されています。また、英語はライブアボードのスタップ、カスタマーケアチームが使用する言語でもあります。

ケイマン諸島の電気電圧は110-120ボルト(米国・カナダと同じ)で、ソケットの種類は北米非接地型・接地型です。時に米国・カナダのソケットと同一ではなくアダプタが必要な場合がありますので、ご留意ください。

ケイマン諸島への行き方 & 空港情報

ジョージタウン(George Town)はケイマン諸島の主要な空港都市であり、また、ライブボードの出発点でもあります。オーウェン ロバーツ国際空港(the Owen Roberts International Airport )では、いくつかの航空会社が運航する国際線が毎日運行しています。空港からの移動方法としてタクシーが利用できます。

注意事項

パスポートの有効期間は、入国予定日より少なくとも6ヶ月は有効であることを確認してください。到着時には、ケイマン諸島への入国のために旅券を移民局(Immigration)に提示する必要があります。入国の条件がお住いの国によって異なる可能性があるため、旅行前に確認してください。詳細は、ケイマン島移民局のウェブサイトhttp://www.immigration.gov.kyを参照してください。

旅程に必要な予防接種を受けるためには、少なくとも8週間は余裕を見ることをお勧めします。また、ダイビングの休暇が実施される可能性があるので、常に健康診断を行うことをお勧めします。


ケイマン諸島 ダイビングレビュー

  • 9.4 特上の
  • 10 実際の旅行者による 件のレビュー