タイでのスキューバダイビング

もしかしたら、人生にとって最も充実した体験の一つになるタイのスキューバダイビングは、世界中でも最高の位置にあります。それはまた、最も安全なダイビングの1つであり、リシュリュー・ロックを含むダイビングスポットを保持しています。

タイでのダイビングは、あなたが経験できるダイビング体験の中で、最も満足できるものの一つになるでしょう。のどかなこの国には、写実的に完全なビーチ、自然が多く残った島々、澄み切った海、豊富なサンゴと海洋生物があります。海水は一年中暖かく、一年のほとんどは透明度は30 mを超え、タイでのダイビングは世界で最も安全な場所の1つとして考えられています。

一般的には、関心のあるスポットはほとんどがアンダマン海(Andaman Sea) にあり、例えばシミラン諸島やスリン諸島などには、タイのスキューバダイビングでよく見られるものすべてがあります。これらの島々には、リチェリューロック(Richelieu Rock)やヒン・ムアン(Hin Muang)など、タイで最高のダイビングスポットがあります。

タイでの海中の生物暮らし

ジンベイザメとオニイトマキエイは、多くのダイバーのリストの上位にあり、ここでは一年中見ることができます。タイの素晴らしい海には、さらにシルバーチップ・リーフ・シャークとグレー・リーフ・シャーク、美しい色のツムブリ、イタチザメ、ハーレクイン・エビ、タイガー・テール・シーホース(tiger tail seahorses)、オオカマス(chevron barracuda)とロウニンアジ(giant trevallies)なども多く見ることができます。。豊富な海洋生物に加えて、タイにはスリン国立公園(Koh Surin Marine National Park)中にある、60mのブーンサン(Boonsung)などの興味深い難破船を見ることもできます。

タイのベストダイビングスポット

シミラン諸島(Similan Islands) は、アンダマン海のプーケットから北西に90km離れたパンガー県(Phang Nga Province)にあります。この諸島は9つの島で構成されており、アジアで最も優れたダイビングスポットのひとつとして考えられています。繊細なサンゴ礁は浅瀬で繁栄しますが、一方深いところでは、巨石や岩の素晴らしい構造が見られます。ここには、サンゴの殻付きの棚板と、海洋生物とともに上から下に包まれたスイム・スルーがあります。ボーダー・シティ(Boulder City)やディープ・シックス(Deep Six)では、ジンベイザメやオニイトマキエイだけではなく、ジャバラビットフィッシュ(Java Rabbitfish)や絶滅のおそれのあるアオウミガメも見ることができます。

スリン諸島(Surin Islands)もまた、アンダマン海ににある島々です。これらの島々は、いくつかのダイブクルーズであってもアクセスしにくく、混み合った場所を避けたいダイバーのために利用されています。スリン諸島は1981年に海洋国立公園となり、サンゴ礁は素晴らしい状態にあります。多くの数のカメ、すなわちミドリガメとタイマイはこれらの島々の美しい海岸を使って卵を産み、豊富なサンゴ礁が数種のサメを引き寄せています。

リチェリューロック(Richelieu Rock)は、スリン諸島とタイ本土の間の外洋に位置しています。ここの種の多様性は非常に高く、干潮時には、ピナクルであるリチェリューロック(Richelieu Rock)が水面から姿を表します。最大深さは約35 mで、透明度は通常優れています。ここの潮流は、ジンベイザメ、 ユウレイヨウジウオ(ghost pipefish)、タテジマキンチャクダイ(emperor angelfish)、オニカサゴ(scorpionfish)、オオカマス(chevron barracuda)の群れ、さらにはシャベルノーズレイ(shovelnose rays)など、豊富な種を惹きつけます。隠れた場所には、ピグミーシーホース(pygmy seahorses)、さまざまな種類のカニやエビ、さらにはウミウシのような小さい種を含む、潮流から守られたスイム・スルーがあります。カメラマンの方は、マクロレンズか広角レンズか、どちらを使うかの選択に苦労します!

ヒン・ムアン(Hin Muang) は、アンダマン海で壮大なウォールダイビングができるところであり、ジンベイザメとオニイトマキエイが見れる場所です。ヒン・ムアン(Hin Muang)は、’紫色の岩’を意味し、壁に並んだびっくりするほど活気にあふれる紫色のサンゴから由来します。これはオグロメジロザメやイタチザメのような、他の大きな種にとっても良いスポットです。ウォールが浅いところではアネモネが多く見られ、より深いところでは複雑な構造のウミウチワが見られます。

タイでダイビングするのに最適な時期

10月から6月の間は、スキューバダイビングのためにタイを訪問するのに1番のシーズンと考えられますが、天気が許せば、ほとんどの年を通してダイビングツアーを楽しむことができます。タイの西海岸の最も暖かい時期は2月から5月の間です。またこの時期は、ジンベイザメやオニイトマキエイが見られる可能性が最も高い時期です。これらの月には水が最も暖かくなるためプランクトンが繁殖し、マンタやジンベイザメを魅了します。この時、水温は31°Cに達し、6月から8月にかけては28℃までわずかに低下します。多くの人は快適な3mmのウェットスーツを使用しますが、最終的には個人の好みのウェアが最も重要です。

タイでのダイビングに必要な経験

タイは世界で最も安全なダイビングの場所のひとつと考えられており、多くの初心者がダイビングを学ぶ場所です。一部のサイト、例えば、特定の難破船、深いエリア、強い流れが存在する場所などでは、より多くの経験が必要です。タイで利用可能なスポットの多くは初心者のダイバーにとって適していますが、もちろん本格的な美しさと興奮も提供しています。

タイへの行き方

ダイブクルーズは、タイの最高のダイビングスポットを探索するのに最適な方法です。ほとんどのタイのダイビングクルーズは、プーケットまたはカオラックから出発します。どちらの港も比較的簡単に行くことができます。プーケット国際空港では多くの直行国際線が利用可能ですが、一部の長距離便には接続が必要です。ほとんどの接続便はバンコクを経由しますが、シンガポール、シドニー、香港、アラブ首長国連邦またはモスクワを経由する可能性もあります。

一度プーケットに着陸すると、カオラックにてダイブクルーズに乗船し北へさらに100kmのドライブが続きます。多くのダイブクルーズは空港から直接シャトルサービスを提供することができます。また、予算に応じて車を借りたり、バスに乗ることもできます。旅行は通常は2時間未満で、美しい沿岸道路を通過します。

Origin: US