バハマ諸島でのスキューバダイビング

700以上の自然がそのまま残る島々で構成されたバハマ諸島でのスキューバダイビングは、ダイブクルーズ上で最も楽しいものです。このパラダイスは、様々な種類のサメにとっての聖域となっています。

自然がそのまま残る700もの島と、カリブ海(Caribbean Sea)と西洋大西洋が出逢う約2,500もの岩礁があるバハマ諸島でのダイビングには、世界の他の場所では体験できないものがあります。ここでは、沈没したスペインのガリオン船と誇らしげな海洋歴史、ブルー・ホールズ、海中の洞窟、生き生きとしたサンゴ礁を見ることができ、豊かな海洋生物とサメやイルカなどの大きな動物がいっぱいです。バハマのスキューバダイビングでは、この島の有名な温かみのある清潔な水と、豊かな海中の生態系に触れることができます。島々とダイビングスポットはかなり遠くに点在していることから、スキューバダイビングのダイブクルーズはバハマの海中の世界を探検するための最良の方法です。1日だけのボートツアーでトップのダイビングスポットの多くをアクセスするには遠すぎるのです。

バハマ諸島の海洋生物

バハマでのスキューバダイビングでは、各ダイビングスポットで、270kgのイタヤラ(Goliath Grouper)や、12m長のジンベイザメ、2m弱の翼のあるマダラトビエイ(spotted-eagle rays)、様々な種類の好奇心旺盛なサメなどの大きな動物に遭遇することができます。活気あふれるサンゴ礁とウォールはバハマのダイビングスポットの始まりにすぎず、さまざまな魚類や無脊椎動物、巻き貝、イルカ、エイ、ウミガメ、ミノカサゴ(lionfish)も見ることができます。バハマ諸島は、ハンマーヘッドシャーク、オオメジロザメ、イタチザメ、レモンザメ、リーフシャークで有名で、2011年にはサメの保護区になりました。”イセエビ(Spiny Lobsters)の3月”は毎年数回開かれ、ダイバーの喜びに溢れています。また、バハマの全国魚であるナッソー・ハタ(Nassau Grouper)を見ないことには、バハマへのスキューバダイビング旅行を終えることはできないでしょう。

バハマ諸島のベスト・ダイビングスポット

エグズーマ諸島(EXUMA CAYS): ここでのスキューバダイビングでは、浅い珊瑚礁とカラフルなウォールの美しい組み合わせを楽しむことができます。エグズーマ諸島は、ナッソー(Nassau)の南東56kmにある365の島々からなる群島です。独特の地理的特徴があると考えられているバハマでのダイビングでは、海底が30m落ちると同時に、透き通った浅い海が瞬時に暗いターコイズ色に変わる、ストッキング島ののエンゼル・ブルー・ホールを体験することができます。他のエグズーマのダイビングスポットでは、綺麗なカラフルの魚の大規模な群れが賑やかなサンゴ礁の広大な床に沿って、素早く漂流するのを見ることができます。アンバージャック・リーフ(Amberjack Reef)をダイブする時に、隠れているサメを見つけましょう。オースティン・スミス(Austin Smith)の難破船、120mのミステリー・ケーブ(Mystery Cave)のブルー・ホール、またはここで撮影されたジェームズ・ボンドの映画に倣って名付けられたサンダーボール・グロット(Thunderball Grotto)を見逃さないようにしましょう。

タイガー・ビーチ(TIGER BEACH): この浅い砂の平地は、サメとの遭遇のためにバハマで最も信頼できる スポットです。グランドバハマ島(Grand Bahama Island)のウェスト・エンド(West End)の海岸から1時間ほどの、この人がめったに訪れないエリアでは、リラックスしたペースでパッシブシャーク観察が可能です。浅海では、カリブ海のリーフサメ、レモンシャーク、ハンマーヘッド、ブルサメ、オセアニアのホテトップ、ダイビングサイトの名前が挙げられているタイガーサメの素晴らしい写真が楽しめます。ダイバーは、しばしばイルカも見ることができます。砂をかき回したり、眺めを妨害したり、サメを興奮させることが無いように、海底の砂のアンカーを助けるための余分な重量がしばしば推奨されます。サメは人間に直接的な脅威ではありませんが、高いレベルの尊敬を必要とします。経験の浅いダイバーの方は、回遊する多くのサメに対して準備ができているかもしれませんし、できていないかもしれません。

オースティン・スミスの難破船(AUSTIN SMITH WRECK): すべての難破船のダイビングには物語があります。オースティン・スミスは1980年の攻撃で死亡した海兵に由来し、1995年に退役した27mのバハマ国防軍パトロールです。現在は、サンサルバドル(San Salvador)の海岸から離れたところにある、サンゴ礁のあるダイビングスポットになりました。残念なことに船はサンサルバドール(San Salvador,)へのけん引中に沈んでしまい、現在はエグズーマ諸島(Exuma Cays)の海岸沿いから離れたところにある、平らなサンゴ近くの水深18mに眠っています。豊富な海洋生物と、鮮やかなサンゴと繊細なウミウチワ、海綿の驚異的な再成長に富んでいるため、透明度は通常30m以上です。オースティン・スミスの不慮の事故のために、海洋生物はこの地域で繁栄し続けると予想されます。オースティン・スミスでのダイビングはダイブボートでのみ可能で、係留ブイは、ボート・アンカーによる美しいダイビングスポットへの損傷を防ぎます。

バハマ諸島のダイビングにベストな時期

バハマ諸島のライトブルーの水は、リラックスしたスキューバダイビング体験を作り出します。年間27℃と340日は晴天日であるため、美しいバハマを探索するのに悪い時期はありません。6月から10月まではハリケーンシーズンと見なされますが、通常は 穏やかな海が見られます。11月から5月までの乾季の月は若干波が荒いかもしれませんが、最高のダイビングシーズンとみなされています。寒さに弱い人は6月から8月の間に訪れるのが一般的で、この時期は水温が暖かいことから、ウェット・スーツの必要はありません。2月と3月はオオメジロザメとイタチザメがよく見られる時期であり、4月と5月はヨゴレで最もよく見られます。

バハマ諸島のダイビングに必要な経験レベル

バハマでのスキューバダイビングは、あらゆるダイビング経験の方に楽しんでいただけます。最低限のダイビング経験の要求はありません。ドリフト・ダイビングの経験は役に立ちますが、必須ではありません。多くのダイビングスポットは、あらゆる経験のダイバーに合わせてカスタマイズが可能です。また、クルーズのダイビングマスターは、ダイバーを同等のダイビングレベルになるようにグループに分け、全てのゲストの方のダイビングタイムを最大限に活用できるようにします。ナイトロックスは、 ダイブクルーズ船上や島の認定ダイビングショップからも入手できます。

バハマ諸島への行き方

首都ナッソーにあるリンデン・ピンドリング国際空港(The Lynden Pindling International Airport)は最大の空港です。グランド・バハマにあるフリーポート・グランド・バハマ国際空港(Freeport Grand Bahama International Airpor)と、ジョージタウンにあるエグズーマ国際空港(Exuma International Airport)には、両方とも複数の国際便があります。バハマ諸島には50以上の小さな国内空港が島に散在しています。航空便は、エア・カナダ、コパ・エアライン、ブリティッシュ・エアウェイズ、カリビアン航空、ならびにアメリカン航空やジェットブルーなど、多くのアメリカの航空会社でご利用いただけます。米国を経由する飛行機は、通常、ジョージア州アトランタ、フロリダ州フォートローダーデール、またはフロリダ州マイアミから出発します。

Origin: US