インドネシアでのスキューバダイビング

インドネシアでのダイビングは世界の中でも評判が高いダイビングスポットがたくさんあります。多様な海洋生物と美しいサンゴ礁の楽園を楽しみましょう。

インドネシアは世界の中でも人気の高いダイビングスポットがたくさんあります。出会える生き物の種類の数は世界一多いといって良いでしょう。体験できるダイビングはバラエティに富み、ウォールダイビング、マックダイビング、難破船ダイビング、火山岩の間やサンゴ礁の楽園の中を楽しむことができます。インドネシアのダイビングは業界の中でもまだ比較的知られてはいず、人々がまだ知らないスポットがあるはずです。インドネシアのダイビングは品質が高く、特別なダイビングができることでしょう。

インドネシアは南東アジアに位置し、インド洋と太平洋の間にあります。世界の中で一番大きい群島となり、東西に5000km、南北に1760km距離があります。インドネシアのスキューバダイビングは1300以上の島々で体験することができます。

インドネシアの海洋生物

生息する海洋生物はアジアの種類とオーストラリアの種類がいますが、2つが混じり合っているわけではありません。Wallace線というバリロンボクの間にある境界線を境に生き物の種類が分かれています。

インドネシアはコーラルトライアングル(マレーシア、パプアニューギニア、フィリピン、ソロモン群島、東ティモールで成り立つ数百以上のサンゴ礁が生息する生物地理区)の中にあり、3000以上の魚、600以上のサンゴ礁を見ることができます。インドネシアのラジャ・アンパット諸島単体だけでも、300以上の魚が1回のダイビングで観察されました。

インドネシアのスキューバダイビングでは5から7種類のウミガメに出会うことができます。その他にも、様々な大きい遠洋生物を見ることができます。ジンベイザメ、シュモクザメ、マンボウ、マンタ、メジロザメなどです。

インドネシアでのマックダイビングの評判は急上昇をしていて、世界屈指だと言われるようになっています。Lembeh海峡、Ambon港など生き物で賑わうダイビングスポットが数々あります。海中撮影に興味があるダイバーにとって最適のダイビングとなるでしょう。ハーレクインシュリンプ、カエルアンコウ、裸鰓類の仲間、ニシキテグリなど一風変わったかわいい生き物たちがあなたを待っています。

インドネシアのベストダイビングスポット

コモドは比較的小さめの島ですが、海洋生物で豊かな島です。1000以上の魚がコモド国立公園に生息しています。世界で7つしかないピンクの砂があるビーチがここにはあります。栄養価の高いこの海域では、マンタ、ピグミータツノオトシゴ、イルカ、ブルーリングタコなど様々な生き物を見ることができるでしょう。

ラジャ・アンパット諸島のダイビングスポットは世界の中で最も多様な海洋環境を保持しています。ニューギニアの北西に位置していて、1500以上の種類の魚、537種類のサンゴ礁、700以上の軟体動物が生息しています。マンタを見る可能性はとても高いです。この島では無毒のクラゲと一緒にシュノーケリングもできます。

ロンボクにはWallace線があり、アジアとオーストラリアの種類の生き物を両方見ることができます。バリのTulamben湾に近いので、USATリバティ船でダイビングもできます。船は今ではサンゴ礁のジャングルとなっていて、ソフトコーラルに覆われています。メジロザメもたくさん見れますよ。

チャンデラワシ湾は恵まれた環境の中で、ジンベイザメに出会える確率が非常に高い地域です。インドネシアの他のダイビングスポットは荒いですが、ここでのコンディションは抜群です。マングローブの環境が様々な種類の生き物の楽園を作り出しています。ラッキーであれば、ジュゴンやシロナガスクジラも見ることができます!

ハルマヘラ島はモルッカ諸島の中で一番大きな島で、浅瀬には鮮やかなサンゴ礁の楽園が広がり、火山でできた岩などを見ることができます。ここではドリフトダイビング、ウォールダイビング、マックダイビングが楽しめます。インドネシアの中でもあまり知られないエリアで、これからどんどん素晴らしいスポットが発見されることでしょう。ハルマヘラ島はシュモクザメ、686以上の種類の魚、450以上のサンゴ礁と出会うことができます。

インドネシアのダイビングシーズン

赤道に位置することから、インドネシアでは豊水季と乾燥季の2つのシーズンがあります。インドネシアにスキューバダイビングに行くのは乾燥季が良く、海は穏やかでしょう。インドネシアはとても広いので、地域によって季節が変わるタイミングが異なりますが、通常6月から10月が乾燥季で、11月から5月が豊水季です。ただ、1年中ダイビングを楽しむは可能で、海洋国立公園のルールを守りましょう。チャンデラワシ湾は豊水季に関わらず海が穏やかなことから、7月から9月が人気の高いシーズンとなっています。

インドネシアでダイビングをするにあたっての必要経験レベル

インドネシアにはすべてのダイバーがダイビングを楽しむことが可能です。ロンボクの近くにあるGili島は穏やかで、ダイビングを学ぶのに良いエリアとなっています。

たくさんのダイビングスポットでは、中級から上級のテクニックと経験が必要となります。急流な場所が多いからです。コモド国立公園では流れが速く、Nusa Penidaでも流れが読みにくい環境となっています。

インドネシアにたどり着く方法

インドネシアのメイン国際空港はジャカルタ、マナド、バリ、そしてロンボクになります。どれかの空港にたどり着き、ダイビングスポットにより国内線に乗り継ぐ必要があるでしょう。

Origin: US