ミャンマーの中のリブアボード・ダイビング

いまだ荒らされることのない多様な海洋生物の生態系がミャンマーダイブクルーズでは見ることができるでしょう。素晴らしいダイビングは忘れられない体験になるでしょう。

ミャンマーでのダイビングはまだ観光客には多く知られていません。ただ、このエリアでダイビングすることは年々人気が高まりつつあります。南東アジアに位置し、タイ、インド、バングラデッシュ、中国、ラオスと国境を挟み、ミャンマーは51万人の人口と1930kmの海岸線が広がります。ベンガル湾やアンダマン海を望み、近年では注目されつつあるダイビングスポットとなっています。ミャンマーの首都はネピドーで、一番大きい街はヤンゴン(ラングーン)です。


ビルマのMergui群島は南の遠隔地にあり、美しい白い砂でビーチが埋め尽くされています。このエリアは遠洋に位置することから、観光客が大変少ないです。ダイブクルーズボートかヨットで行くのが最適の場所となっています。あまり足を踏み入られることのない100以上の島々にダイブクルーズで行き、ゆっくりとした穏やかな時間を過ごしましょう。隣の国のタイは観光客で溢れているのに比べ、対照的に見えるでしょう。Mergui群島を訪れた後は、ビルマ南にあるシミラン群島にも行きます。ダイブクルーズではMergui群島ではビルマバンクス(川岸)やその他、人気の高いエリアであるブラックロックやシャークケーブを訪れます。ミャンマーでのダイビングはウォールダイビングや洞窟、トンネル、ドロップオフが多いでしょう。

ミャンマーダイブクルーズはより遠洋へ遠征することから、タイダイブクルーズより値段がはるでしょう。スキューバダイバーたちもより経験があるダイバーたちが参加できるツアーとなっています。

ミャンマーダイビングスポットと訪れるエリア

50以上ものダイビングスポットに訪れることができるから、お金には代えられない体験ができるでしょう。潮流は強めで海面のコンディションは荒れることもあることから、中級から上級のダイバーたちにお勧めのクルーズとなっています。ただ、遠洋に出ることでより多くの生き物たちに出会えることでしょう。海中撮影にも大変適したダイビングツアーとなっています。もし腕を上げたいのであれば良い練習がつめることでしょう。ダイビングの深さは5から40メートルとなっていて、視程は5から50メートルです。水温は25から28度と温かいでしょう。

ビルマバンクスは上面が平らな礁の丘が連なる場所で、ハードコーラルと粗い砂に覆われています。プレートサンゴ礁が見れ素晴らしい光景が広がっています。これらのダイビングスポットは隣国タイとは全く異なった経験ができるでしょう。

ブラックロックはMerui群島の中でもダイバーたちのお気に入りスポットとなっています。80メートルに広がる小島であり、土手に囲まれています。ドロップオフ壁が西側と南側にあり、様々な種類のサメを見ることができます。

ベストシーズン

ミャンマーは熱帯地域で、10月から5月がダイビングのメインシーズンとなります。Mergui群島での最適のコンディションは12月から4月となっています。海面は穏やかで視界がクリアな時期です。水温は10月には26度あり、2月には30度あります。2月から5月はジンベイザメやマンタに出会える絶好のチャンス期間となっています。

旅行をするにあたって

ミャンマーは周りの国々より保守的な場所です。多くの人が伝統的な衣装を身に着けています。男性はロンジー、女性はタメインというサロンのようなロングスカート状の腰布が主流となっています。膝や肩を露出している人は少ないので、現地にあたった服装を持っていきましょう。

お金の受け渡しは右手で行い、左手は右腕に軽く添えます。

スマイルを忘れずに。ビルマ語を何語か覚えるのも良いでしょう。

ダイビングと旅行、そして旅行キャンセルが発生したときのために、旅行保険の取得をお勧めします。

ミャンマーでは現地人も観光客も、アメリカドルではなく現地の通貨チャット(Kyat)を使うことが推薦されています。アメリカドルは2012年まで使うことが好まれていました。2015年11月には銀行と公認の通貨交換所でしかアメリカドルを受け入れなくなっています。ATMを見つけられない時のために、アメリカドルを持っていく方が良いでしょう。紙幣を持っていく時は、通貨交換ができるように2006年以前に印刷されたもので、よごれのないものを選びましょう。

ミャンマーと日本の時差は2時間半です。

電気製品は230ボルトで50サイクルです。何種類かのプラグタイプが使われているので、必ずコンバーターを持っていきましょう。停電は雨期によく起こります。ビルマのダイブクルーズはフラットか丸い2つのピンがついたタイプになります。

出発港へのたどり着き方

ミャンマーダイブクルーズの出発地点はラノン(Ranong)となります。

バンコクエアウェイズはバンコクからラノン(タイ側のミャンマー国境)まで直行便があります。ラノン空港から港までタクシーに乗る必要があります。

ヤンゴン国際空港が国内線のハブとなっています。ローカルの航空はAir Baganやミャンマーナショナル航空です。国内線は旅行エージェントに取ってもらうのが簡単で安い方法になります。国際レンタルカー会社はありませんので、ヤンゴン、Mandalay、Baganの旅行エージェントやホテルでアレンジしてもらいましょう。

注意事項

ミャンマーは以前のように格安の旅行地ではなくなりました。予算を確認してプランを立てましょう。値段は上がっていますが、値段の割に西洋国家よりよいバリューの旅行ができるでしょう。

ビルマでのダイブクルーズはタイから入るため、観光ビザの取得は必要ありません。Mergui群島に入るためのビザ(30日間有効)は10-14日取得するのにかかります。

ミャンマー大使館の情報も確認しましょう。


ミャンマー ダイビングレビュー

  • 8.9 最高
  • 25 実際の旅行者による 件のレビュー