オーストラリアでのスキューバダイビング

オーストラリアのスキューバダイビングは、バラエティーに富んでいます。 25,000km以上の海岸線を持つオーストラリアは、世界最大のサンゴ礁系とダイビングスポット、グレートバリアリーフの本拠地です。

オーストラリアでのダイビングは、多くのスキューバダイバーにとって必要不可欠であり、オーストラリアを次の休暇の目的地とみなしたとき、ここの海中の世界は失望させないことを知っています。25,000km以上の海岸線を持つこの大陸は、世界でも最高のダイビングスポットを提供しています。

 

オーストラリアのダイビングは、多くの人のクイーンズランド州のグレートバリアリーフ(Great Barrier Reef) でダイビングする夢を刺激します。グレートバリアリーフは、世界最大かつ最も健康的なサンゴ礁系です。クイーンズランド州のグレートバリアリーフ(GBR)でのダイビングは、多くの人々のバケツリストに載っています。そこには、数多くの海洋生物やハードコーラルやソフトコーラルを支える数え切れないほど美しい礁があります。それから、歴史と海洋生物を比類のないレベルで組み合わせた、世界最高のダイビングスポットの一つとして広く認識されている、ヨンガラの難破船があります。このような広大な広がりのあるグレートバリアリーフでは、オーストラリアのスキューバダイビング中で最高の体験をすることができます。

グレートバリアリーフでのダイビングは間違いなくあなたの旅のハイライトとなりますが、オーストラリアでのダイビングはこのエリアに限りません。ホワイトシャークケージダイビングを求めて、多くのダイバーが西オーストラリア州の反対側の海岸に向かい、ローリーショールズ(Rowley Shoals)やオーストラリア南部(Southern Australia)などのダイビングスポットを訪れます。

オーストラリアの海洋生物

オーストラリアのダイビングでは、海岸近くにはない広大な生物多様性に触れることができ、ハードコーラルとソフトコーラルを背景に、定期的にポテト・コッド(Potato Cod)、グレイ・シルバー・チップ・ホエラー・シャーク(Grey and Silver Tip Whaler Sharks)、ハンマーヘッド・シャーク(Hammerheads)、オニイトマキエイ(Manta Rays)、ザトウクジラ(Humpback Whales)、メガネモチノウオ(Maori Wrasse)の家族を見ることができます。このリストは、ドワーフミンククジラ(dwarf minke whales)から、ウミガメ、オニイトマキエイ、サメ、テンジクザメ(carpet sharks)、ウミヘビ、イカ(cuttlefish)、バンプヘッドパロットフィッシュ(bumphead parrotfish)、ヒョウウツボ(eopard moray eels)、ポテト・コッド、マクロ生物まで、他にも色々なものを見ることができます。ミンククジラ(minke whales)を見ることさえできるかもしれません!

オーストラリアでのベストなダイビングスポット

オーストラリアの東海岸にあるグレートバリアリーフのような有名なダイビングエリアだけではなく、 西オーストラリアの自然の多く残るダイビングスポットや、南オーストラリアのユニークなダイビングスポットなど、この大きな大陸の周りには膨大な数のダイビングの機会があります。

<pグレートバリアリーフ(Great Barrier Reef)は、クイーンズランド州沿岸の2300kmに及ぶ世界最大のサンゴ礁系であり有機体です。カクレクマノミ(Clownfish)や、タカサゴ(Fusiliers)、チョウチョウウオ(Butterfly Fish)、エンゼルフィッシュ( Angelfish,)、マス(Trout)、トビウオ(Batfish)を含む1,500種以上のサンゴ魚が居住し、驚くほどカラフルなハードコーラルとソフトコーラルを背景に泳ぎます。それは、ザトウクジラ(humpback whales)や、ミンククジラ(minke whales)、シナウスイロイルカ(Indo-Pacific humpback dolphins)などを含むイルカやクジラ、ネズミイルカ(porpoises)の楽園です。世界遺産に登録されている”7つの自然の驚異”の1つで、2900以上のサンゴ礁と900の島々で構成されています。それらは下記のような素晴らしいダイビングスポットを含みます; オスプレイリーフ(Osprey Reef), リボンリーフ(Ribbon Reef), ミルン・リーフ(Milln Reef), フリン・リーフ(Flynn Reef), コッド・ホール(Cod Hole), リザード島 (Lizard Island), ブーゲンビル・リーフ(Bougainville Reef), ノース・ホーン(North Horn) そしてヨンガラの難破船(SS Yongala wreckSS).

西オーストラリア 急速にトップの潜水地になり、おそらく東海岸のそれと同じくらい壮観であり、群衆を避けたいダイバーには興味があります。ニンガルー・リーフ(Ningaloo Reef)種の硬質サンゴ、50種の軟質サンゴ、500種以上の魚が棲むオーストラリア最長のフリンジングサンフランシスコです。 4月から6月の間のホエールサメの目撃は非常に可能性があり、西オーストラリアでのダイビングの主要なアトラクションの1つです。 Clerke ReefやMermaid ReefなどのダイブサイトRowley Shoals ライブボード経由でのみアクセスできます。パースからは、ロットネスト島の美しいダイビングスポットを簡単に探索したり、HMASスワンなどの壮大な難破船を訪れることができます。

南オーストラリアは、ネプチューン諸島(Neptune Islands)周辺のホオジロザメとのユニークなケージダイビングができることからダイバーを魅了しています(5月〜10月が主なシーズンです)。ダイビングで人気のある南部の海洋生物である、アザラシ、アシカ、リーフィー・シー・ドラゴン(Leafy Sea Dragons)なども見ることができます。タツノオトシゴと同じ系のリーフィー・シー・ドラゴンは、南オーストラリア州のマリンエンブレムであり、南オーストラリア州、一部の西オーストラリア州とビクトリア州にのみ存在する保護種です。南オーストラリア州の、生物が多様で温暖な水域は、アデレード(Adelaide)周辺の多くの桟橋や驚異的な難破船の下でのダイビングを可能にします。

オーストラリアのダイビングにベストな時期

オーストラリアでのダイビングは、一年中素晴らしく、水温は冬(7月/ 8月)の24℃から夏(12月/ 2月)の30℃までとなります。サイクロンの季節は11月から4月で、主に北部の州に影響します。ミンククジラとザトウクジラは6月から8月の間に見ることができますが、夏の月間はサンゴ礁が活性するために、最高の透明度と暖かい水の環境でダイブすることができます。

オーストラリア西部のローリーショールズ(Rowley Shoals)へのダイビング旅行に最適な時期は、9月から12月の間です。

ホオジロザメとダイビングするには、5月から2月の間に南オーストラリアへ向かいます。

必要な経験レベル<

いくつかのダイビングサイトは、高度なダイバー向けです。ダイブマスターやインストラクターの指示に従い、レベルと能力にあったダイブを行うことをお勧めします。オーストラリアでのダイビングを最大限にするために、いくつかの分野で高度なレベルのダイバーであること、ピーク・パフォーマンス・ボイヤンシーとナイトトロックス・スペシャリティを所有していることをお勧めします。チェックダイブは最初の日に行われます。厳しい安全基準が遵守され、ダイブトリップは天候やダイバーの経験に依存します。

オーストラリアへの行き方

オーストラリアには多くの国際空港があるため、選んだダイブトリップに応じて、アデレード、ケアンズ、パースのいずれかに飛ぶことができます。グレートバリアリーフへ向かうオーストラリアのダイブクルーズは、クイーンズランド州のケアンズ港から出発し、ケアンズ港へ戻ります。万が一、ケアンズへ直接飛行することができない場合は、多くの航空会社が利用できる地域空港への国内線があります。西海岸では、ブルーム(Broome)が主要な出発港です。ブルームは、パース国際空港からの国内線で、または国際線を経由してアクセスできます。オーストラリアでのスキューバダイビング旅行より事前に、確認しながらのご予約をお願いいたします。

Origin: US