Kruzof Explorerクルーズボート, アラスカ

  • から $ 859/ 日
今予約する

Kruzof Explorerで、アラスカでのパーフェクトな小型船アドベンチャークルーズへと出掛けましょう。最大12名様までが対象のため、より親密なサービスとクルーズ体験をお楽しみいただけます。メインデッキには、6つの快適な客室があり、各客室にはクイーンベッドとツインベッド(寝台のないソールズベリーキャビンを除く)、十分な収納スペース、専用バスルーム、見晴らし窓があります。ソーシャルエリアには、屋内サロン、ダイニング、アラスカビールや太平洋岸北西部のワイン、地元のスピリッツを取り揃えた充実したバーエリアもあり、新鮮なアラスカ料理もツアーのハイライトとなっています。デッキは、アラスカの素晴らしい景色を眺めるのには最適の場所となっております。

他には負けない耐航性と性能を備えたKruzof Explorerには、スポーツフィッシング船、高速干支、カヤック、スタンドアップパドルボードが搭載されており、完璧といってもいいアラスカの遠征船です。クルーズは5月から9月まで運航しており、7〜12泊からお選びいただけます。 リモートアラスカアドベンチャークルーズでは、最高の野生生物を見る機会と美しい荒野エリアの散策をお楽しみいただけます。 7泊8日の'Ultimate Glacier Bay, Wilderness and Wildlifeクルーズには、ユネスコの世界遺産のグレイシャーベイ国立公園にて3日間滞在し、カヤックや氷河トレッキングを体験していただきます。

どのクルーズを選んでいただくにしても、一生に一度の旅になること間違いなしです。 Kruzof Explorerのアラスカ小型船クルーズのご予約をご希望の方はお電話でのご連絡をお願いいたします

NON-FLEXIBLE BOOKING TERMS - Learn more about what this means

出発日を選ぶ アドベンチャークルーズ | スキューバダイビング禁止

日付
旅程
値段
選択

含む: 付加価値税, 国立公園料金, ホテルでの乗り換え, 空港での乗り換え, アルコール飲料, ウェルカムカクテル, ソフトドリンク, ティー&コーヒー, ディナー用ワイン, 飲料水, スナック, 全ての食事が含まれたプラン, Stand Up Paddleboard, カヤック, ナショナリストガイド, フィッシング, ランド・エクスカーション, キャビンタオル, 無料のアメニティ.

オプションのエクストラ: クルーへのチップ.

今予約して、後で支払う: オンライン上で予約は簡単に取れます。空き状況や値段がすぐわかり、VISA、Mastercard、PayPal、銀行入金などで支払いが可能です。

*追加料金は1人につき表示されます。

  • Visa payments
  • MasterCard payments
  • American Express payments
  • Paypal payments

銀行入金で支払うかオンラインの 最安価格保証


船の特徴

  • インドア談話室
  • 温水シャワー
  • エンスイートバスルーム
  • 禁煙の部屋
  • オンボードのカヤック
  • 献身的な地元と国際的なクルー
  • ナチュラリスト・ガイド
  • リラックス用デッキ
  • オブザベーションデッキ
  • バー

食事と飲み物

  • 西洋の食べ物
  • ローカルの食べ物
  • ベジタリアンオプション
  • ビールあり
  • ディナーで無料ワインつき
  • ビーガンオプション
  • ワインのセレクション
  • フリーソフトドリンク
  • セットメニューのお食事
  • ウェルカム・カクテル

もしクルージング上での食事に関してリクエストがありましたら、予約のステップ2で申し込むことができます。このリクエストは宗教上やアレルギーに関してのリクエストに限らせていただきます。


クルーズ内での言語

クルーはEnglishが話せます


製図と船のレイアウト

#deckplanフロアプラン

船のスペック

  • 年修復 2019
  • 長さ 128 ft
  • クルージングスピード 9 knots
  • 最多ゲスト数 12
  • 客室数 6
  • バスルーム数 6
  • テンダー 1
  • 飲水メーカー Yes

ボートのナビゲーションと安全

  • GPS
  • VHF/DSC/SSBラジオ
  • 緊急避難ボート
  • ライフジャケット
  • 火災報知器と消火器
  • 人工衛星/携帯電話
  • エンジンルームケーブルテレビ
  • 応急処置訓練済みクルー
  • 緊急照明弾
Origin: US