モルジブの中のリブアボード・ダイビング

モルディブのダイビングクルーズでは、世界中で最も自然のままでカラフルなサンゴと、贅沢なダイブヨットを体験することができます。

モルディブでのダイブクルーズ上のダイビングは、数多くの熱帯地域でできるスキューバ体験の中で一番と言えるでしょう。ひと気のない白い砂の島々が海から覗き込み、インドのモンスーンの流れによって栄養を得た野生生物が住む水中の楽園の中へ、途切れることなく伸びています。モルディブの澄んだ水にはマンタ、ジンベイザメ、リーフシャークが生息しています。また、難破船や、サンゴ礁、

チャネル、ピナクルの中に隠れた、華麗なヒラムシやユウレイヨウジウオももちろん見ることができます。モルディブのライブアボードは、世界的に有名なダイビングスポットを網羅した旅程を提供しています。ダイビングスポットは、北マレ環礁(North Male Atoll), アリ環礁(Ari Atoll), バア環礁(Baa Atoll), ハニファル湾(Hanifaru Bay),ラズドゥー(Rasdhoo) や、他のボートを見るのが難しいほど遠くにある環礁など、多くのものがあります。


モルディブのダイビングクルーズ

アリ環礁(Ari Atoll)を訪れるダイブクルーズでは、膨大な数の巨大な海洋生物を見ることができる、海中にある火山の形をしたピナクルへ行きます。アリ環礁の近くのダイビングでは、オニイトマキエイや遠洋魚類を見ることができ、さらに北東のラスドゥ環礁のハンマーヘッドシャークとも顔を合わせることができます。アリ環礁の40kmの長さと105の小さな島々の中には、サンゴ礁の生き生きとしたマヤティラ(Maaya Thila)や、マンタのクリーニング・ステーションの一つであるドンカロティラ(Donkalo Thila)などがあり、これらのダイビングスポットはダイビングヨットでのみアクセス可能です。ジンベイザメとオニイトマキエイを見ることができる、最も信頼できるダイビングスポットがこのエリアにはあります。経験豊富なダイバーは、それらの大きな遠洋生物をアリ環礁に連れてくる、強流を最もよく操ることができます。アリ環礁へのダイビングクルーズは、ほとんどはMV高級ヨットになります。

アリ環礁でダイビングするのに最適な時期は、12月から5月の海の穏やかな季節です。水温は通常26〜29℃の間であり、透明度は15〜20mです。アリ環礁のライブアボードの予算範囲は一日あたり200〜400ユーロです。アリ環礁のライブアボードはマレ(Male)から出発します。マレへは、シンガポールやドバイ、コロンボから短距離フライトで、さらには世界中から長距離フライトでアクセス可能です。アリ環礁の周辺でダイブできる場所には、北と南のマレ環礁、ラスドゥー環礁、バア環礁があります。アリ環礁の旅程には、しばしば上記の組み合わせが含まれます。

モルディブの北部環礁エリアにあるバア環礁(Baa Atoll) では、有名な美しい海中風景と豊富な海洋生物を見ることができます。 マアヴァルカンドゥ(Maavaru Kandu)では、青色、黄色、緑色のソフトコーラルの光るパステルガーデンで飾られた、巨大な岩の張り出し部の下へダイブすることができます。 ドンファヌ・ティラ(Dhonfanu Thila)とディガリ・ハア(Dhigali Haa)は、美しいムチサンゴ、茂った黒サンゴ、ウミウチワ、そしてフエダイとオニイトマキエイの群で有名な水中のピナクルです。ハニファル湾(Hanifaru Bay)は、8月から11月までのプランクトンが豊富な月の間には、世界的に有名なマンタとバンドウクジラのを楽しむこともできます。バア環礁のいくつかのダイビングスポットは、流れが穏やかであり、初心者に適しています。バア環礁のダイブクルーズは、主にMVヨットと高級ヨットです。

5月から11月の間は南西モンスーンで海が少し波打ち立つことがありますが、バア環礁のダイビングサイトは、一年中訪れることができます。水温は27-30℃で安定しています。バア環礁に向かう多くのライブアボードはマレから出発します。しかし、一部は北部のハニマドゥ(Hanimadhoo)から出発して、そのエリアで全旅程を過ごします。 ハニマドゥへはマレからの国内の水上飛行機を利用することができます。 バア環礁を含むライブアボードのいくつかの旅程には、北部マレとアリ環礁も含まれています。他の旅程では、北部のバアの混雑していないスポット:ラヴィヤニ環礁(Lhaviyani)、ノーヌ環礁(Noonu)、ラー環礁(Raa)などでより多くの時間を費やすことがあります。

長いダイビングサファリにはラヴィヤニ環礁(Lhaviyani)、フェリドゥー環礁(Felidhoo)、ヴァーヴ環礁(Vaavu)、ミーム環礁(Meemu)があります。1〜3月にはいくつかのモルディブダイブクルーズが赤道付近のディープサウスにあるフヴァドゥ環礁(Huvadhoo Atoll)に注目します。ダイブトリップの種類にかかわらず、カラフルな魚に囲まれた健康なサンゴと、豊富な遠洋魚類を見ることができます。

旅行者の方へのヒント

モルディブは一年中ダイビングができる気候です。しかし4月から10月まで雨が降り続けるモンスーンシーズンを避けたい人もいます。典型的な水温はは26〜30℃の範囲で、透明度は20mから目に見える範囲です。海の中には、浅いサンゴ礁や深いウォールなどがあり、すべてのダイバーが完璧なダイビングをすることができます。大胆なダイバーのために多くの地域では流れはゆっくりとしており、スリルを味わいたい経験者向けには、環礁を通って噴き出る非常に強い流れがあります。モルディブでは、あなたに適した24〜33℃の穏やかな気候で楽しむことができます。

モルディブでは、ダイバー保険を購入する必要があります。追加のアルコール飲料やトーチなどの特別なギアへは、追加料金がかかる場合があります。1人1泊6USDのグリーン税は、モルディブ国内のすべての観光客に適用されます。いくつかの島や海洋公園では、ライブアボードのパッケージに含まれていない手数料がかかります(ハニファル湾の公園入場料 20USD/人など)。ナイトロックスは、すべてのモルディブのライブボードで提供されますが、いくつかは無料サービスとして、一部は有料で提供されます。ルートに応じて、1人1泊あたりの燃油サーチャージを加算されることがあります。

多くのモルディブダイビングライブアボードでは最低限のダイビング記録(ログ)が必要ですので、ご希望の旅程を確認してください。チェックダイブはしばしば初日にマレの近くで行われます。

モルディブの公用語はモルディブ語またはディベヒ語(Dhivehi)です。

到着時にモルディブのすべての観光客に無料で30日のビザが発行されます。しかし、有効なパスポート、有効な出国チケット、ホテルでの予約確認または滞在期間中の費用をカバーするための十分な資金(一泊30USD)を所有していなければなりません。

電気電圧は220-240ボルトで作動します。標準的なソケットはイギリス型の3ピンですが、多くのリゾートには、英国以外の観光客のためのユニバーサルソケットが搭載されています。

モルジブは、面積が300平方kmで人口はアジアで最も小さい国ですが、一方海中の大きさは90,000平方kmです。およそ2000の島のうち300以下の島で人が住んでいます。残りはサメやサンゴへの白い砂漠のパラダイスであり、ダイバーはそこへ訪れることができます。

出発港とそこへの行き方

マレはモルディブの主要なダイビングヨットの出発地であり、この国の首都でもあります。マレは、北マーレ環礁(カフ環礁とも呼ばれる)の南端に位置しています。主要なマレの出発ポートは、マレ空港に隣接するHulhuleです。セントラル・アトール(Central Atolls)でダイビングするクルーズボートは、ここから出発します。北マーレ環礁は、モルディブで最も知られており、長い間探索されているダイビングエリアです。ここは、世界クラスのマンタとリーフシャークの目的地で、ピナクル、難破船、サンゴ礁、クリーニング・ステーションと行った長く愛されているダイビングスポットです。エントリーレベルのダイバーで流れが強くても、マレの周辺の見所をおさえることができます。マレから出発する標準的なライブアボードは、北マーレ環礁、アリ環礁、ラスドゥ環礁、時にはバア環礁を訪れます。その他のライブボードは、ミーム環礁(Malaku)、ヴァーヴ環礁(Felidhu)、およびタア環礁(Kolhumadulu)環礁などの、マレ環礁の南方に向かいます

マレへの旅行者はドバイ、シンガポール、コロンボから直行便を利用できます。ヨーロッパ、アメリカ、中国、インド、オーストラリアからの長距離国際線は、すべて手軽に利用でき、多くの場合、上記の空港に接続しています。モルディブへのフライトは、ブリティッシュ・エアウェイズ、キャセイパシフィック航空、ルフトハンザ航空、エミレーツ航空、エティハド航空、シンガポール航空など、複数の航空会社で利用可能です。英国からは、少なくとも13時間の旅行となります。ドイツまたはオーストラリアからは、少なくとも12時間かかります。米国から飛行するお客様は、まずロサンゼルスからシンガポールへ向かうことができます(飛行時間20時間)。


モルジブ ダイビングレビュー

  • 9.2 特上の
  • 424 実際の旅行者による 件のレビュー