パナマの中のリブアボード・ダイビング

ダイバーの方々は、パナマの水域で、サメ、クジラ、イルカ、マカジキから、カリブ海の鮮やかなサンゴ礁の中で輝くカラフルな熱帯魚まで、すべてを見つけることができます。

パナマのダイビングクルーズは、多くのダイバーにとって最優先の目的地ではないかもしれませんが、地球上で最も複雑な生態系の1つを持つパナマは、

素晴らしい生物多様性を有しています。ダイブアボードは、サメでいっぱいの太平洋へあなたを連れて行きます。


パナマでのベストダイビングスポット

マルペロ島(MALPELO ISLAND): - この島はとても小さく、島の淵を海が包囲しているため、マルペロ海域では遠洋生物が集中しています。また遠隔地にあることから、このエリアを訪れるにはダイブクルーズが最適です。 マルペロ島は、ハンマーヘッドシャークがしばしば見られることで知られているだけでなく、他の種類の巨大なサメやオニイトマキエイも海中で見ることができます。

コイバ国立公園(Coiba Island Marine Park) は、ユネスコの世界遺産であり、そこには38の島々と豊富な海洋生物があります。コイバでは大きな生物を見ることができ、オグロメジロザメ(white-tip reef sharks)、ツマグロ(black tip reef sharks)、時にはハンマーヘッドシャーク、オオメジロザメ(bull sharks)、イタチザメ(tiger sharks)を含む多くの種類のサメを、ほぼすべてのダイビングで見ることができます。ジンベイザメは、12月から4月までに一般的に見ることができます。ザトウクジラは7月から10月までに見られ、シャチ(orcas)とゴンドウクジラ(pilot whales)もこの地域を頻繁に訪れます。

ハンニバル・バンク(Hannibal Bank) は、何千mもの深度から46mまで網羅する完全に遠隔の環境です。ハンニバル・バンクはEastern Pacific Corridorの中に位置し、海流によって掃引されています。バンクの最も浅い地点で、ドリフトダイブをすることができます。大型の捕食生物は、より深い海中で見ることができ、ハンマーヘッドシャーク、ツマグロ、時にはイタチザメが姿を表します。

パナマへの行き方

毎日多くの国際線がパナマシティのトクメン国際空港(Tocumen International)に到着します。パナマ国内には多くの国内空港があります。ダイビングサファリの出発点はプエルトペデグラル(Puerto Pedegral)です。 プエルトペデグラルから5km以内にはエンリケマレク国際空港(International airport Enrique Malek)があり、 Davidの街に位置しています。


パナマ ダイビングレビュー

  • 9.6 特別
  • 1 実際の旅行者による 件のレビュー

Origin: US